• 就業不能保険の教科書
  • 個別商品のレビュー
  • ライフネット生命の「就業不能保険 『働く人への保険2』」を徹底分析

ライフネット生命の「就業不能保険 『働く人への保険2』」を徹底分析

掲載: 

2010年に発売された「働く人への保険」の後継商品。就業不能保険の開発に力を入れているライフネット生命だけに、どんな点がバージョンアップされたのか注目したいところ。

以下、働く人の保険2の特徴をまとめました。

契約基本情報と主な保障内容

契約可能年齢 満20歳~60歳
保険期間 55歳・60歳・65歳・70歳(契約年齢により異なる)
保険料払込期間 55歳・60歳・65歳・70歳
払込回数 月払
払込方法 口座振替・カード払

主契約・特約

保障内容
主契約 就業不能給付金 10万円~50万円で5万円単位で設定
(年収により上限あり・主婦[夫]は10万円が限度)
高度障害給付金 就業不能給付金月額×10
免責期間 60日、180日
支払限度 就業不能状態が継続するまで

ここに注目!

免責期間に「60日」が新設

以前は180日しか選べなかった免責期間に、60日が追加されました。公的保障の傷病手当金を利用できない自営業者におすすめとのことです。就業不能状態になってから保障を受けられる期間が2ヵ月と半年とでは全然違いますから、選択肢が増えたのは評価できるでしょう。

もちろん、保険料は180日に設定する方が安くなります。

例)30歳男性、月額15万円、65歳までの場合
・60日タイプ・・3,929円
・180日タイプ・・2,744円

保険期間が70歳まで選べるように拡充

以前は65歳までしか保障してくれませんでしたが、「働く人への保険2」では、55歳から70歳まで、5歳単位で選択できるようになりました。これにより、「子供が大学を卒業するまで」「住宅ローンを払いきるまで」「現役世代を終えるまで」など、個人のニーズに合わせて保険期間の調整が可能です。

ここに注目!

傷病の種類は問わないが精神障害は保障対象外

妊娠・出産にかかわる傷病での就業不能状態も保障するなど、傷病の種類を問わないのが特徴ですが、やはりというべきか、精神障害系の病は保障対象外のままです。長期の就業不能状態を招く原因で最も怖いのは精神疾患であることは明らかなので、今後の改善に期待したいところです。

もっとも、現時点では精神障害を保障してくれる保険の方がレアであり、ストレス性疾病には限るものの、精神疾患も保障対象内とするチューリッヒ生命の「くらしプラス」は珍しい商品だといえます。

保険料・他

就業不能給付金は10万円~50万円の間で、5万円単位で設定できます。年収によって上限があり、たとえば年収400万円超~500万円以下の人は、10万円~25万円の範囲でしか契約できない決まりになっています。主婦(夫)の場合は10万円まで。

保険料を見積もってみましょう。毎月受取額を15万円とし、男女30歳~50歳、保険期間65歳払済、免責期間60日で見積もってみました。

標準タイプ(A型) ハーフタイプ(B型)
保険料 【男性】
30歳:3,929円
40歳:4,941円
50歳:6,144円
【女性】
30歳:3,857円
40歳:4,116円
50歳:4,481円
【男性】
30歳:2,984円
40歳:3,614円
50歳:4,296円
【女性】
30歳:2,960円
40歳:3,050円
50歳:3,195円

受け取り方は、1回目の給付金から設定した月額を受け取る「標準タイプ(A型)」と、就業不能状態になってから1年6ヵ月(540日)間は設定した月額の50%だけを受け取る「ハーフタイプ(B型)」の2つが用意されています。会社員であれば傷病手当金を利用できるため、”一定期間の給付金を半額にして保険料を減らす”という選択を可能にしたものです。なるほど、確かにハーフタイプにするとお手頃な価格になりますね。ライフネット生命の魅力である安さがひときわ目立ちます。

全体を通してひとこと

これで精神疾患の保障があれば……と思いますが、それは他社も含め難しいかもしれません。保障内容は手厚く、保険料は安くなったので、バージョンアップとしては「改良」ということができます。

公式サイトはこちら

スポンサーリンク

関連記事

  • アフラックの「病気やケガで働けなくなったときの 給与サポート保険」を徹底分析アフラックの「病気やケガで働けなくなったときの 給与サポート保険」を徹底分析 がん保険・医療保険ではカバーできないリスクに備える商品として、アフラックが力を入れる就業不能保険。CMや雑誌で見かけることも多く、「給与サポート保険」という覚えやすいネーミングも手伝って、その知名度はどんどん上がっています。 契約基本情報と主な保障内容 契約 […]
  • チューリッヒ生命の「くらすプラス」を徹底分析チューリッヒ生命の「くらすプラス」を徹底分析 「くらすプラス」は、”働けなくなったときの生活保障保険”と銘打たれた、チューリッヒ生命の就業不能保険です。通常の疾病だけでなく、精神疾患による就業不能状態も保障対象とする、他社でも珍しい商品です。 契約基本情報と主な保障内容 契約可能年齢 満20歳~60歳 […]
  • 住友生命の「未来デザイン1UP (ワンアップ)」を徹底分析住友生命の「未来デザイン1UP (ワンアップ)」を徹底分析 未来デザイン1UPは、「Wステージ」の後継商品の定期付終身保険です。終身保険ですが、ケガや病気で働けなくなったときに備える「生活障害収入保障特約」を全面に打ち出していることから、ここでは就業不能保険の選択肢として紹介します。契約基本情報と主な保障内容契約可能年齢満15歳~65歳 […]
  • 就業不能保険は本当に必要? こういう人に向いている就業不能保険は本当に必要? こういう人に向いている 公的保険などもありますから、就業不能保険(所得補償保険)は絶対にないと困るというものでもありません。どんな人にとって必要性が高く、また必要ない場合とはどんなケースでしょうか。ここでは就業不能保険の必要性について検証したいと思います。公的保険や医療保険でなんとかなるのでは?病気や […]
  • 就業不能保険の替わりに長期保障の医療保険に加入するのはどう?就業不能保険の替わりに長期保障の医療保険に加入するのはどう? 就業不能保険(=所得補償保険)が、突然の病気やケガのリスクに備えるものだとすると、医療保険と似通っている気がします。医療保険と就業不能保険は、保障の範囲は同じではありませんが、最近の医療保険は、給付日数の長いものや、入院後の通院治療にも対応するものなど、新しい形の商品が増えてい […]