• 格安SIM
  • 格安SIMの基本的な仕組み
  • みんなが幸せになれる格安SIM(しむ)・格安スマホって何? 3つだけ知っていれば、スマホ貧乏から卒業できる!

みんなが幸せになれる格安SIM(しむ)・格安スマホって何? 3つだけ知っていれば、スマホ貧乏から卒業できる!

掲載: 

格安SIMってよく分からないし、高くても携帯キャリアのままで我慢しよう・・・

これから先もずっとスマホを持ち続けるのなら、そんなことを思っていてはダメです!

このまま一生、高いスマホ代を払っていくのですか?
間違ったスマホの使い方で、スマホに縛られた生活を送りたいですか?

格安SIM・格安スマホの乗り換えは、それほど難しいことではありません。

格安SIM・格安スマホで知っておきたいのはたった3つだけ
  • SIM(シム)とは何か?
  • MVNO(格安SIMの会社)とは何か?
  • 使えるスマホはどれか?

これを読めば何時間もネット検索しなくったって、格安SIM・格安スマホが何かすぐに理解できます。

SIM(シム)とは何か?

契約中のスマホには必ず、SIMカードという指先に乗るほどの小さなカードが入っています。

simin

SIMカードには、電話番号などの個人を識別するID情報や、通信回線を利用するために必要な情報が記録されており、SIMカードが入っていないスマホでは、通信会社のサービスを受けることはできません。

ドコモ、au、ソフトバンクといったキャリア(携帯電話会社)で購入したスマホは、すでにSIMカードが挿入された状態で手渡されるので、「SIMカードなんて見たことない」という人もいると思いますが、電話をかけたり、パケット通信ができるのは、携帯キャリアが発行したSIMカードがスマホに入っているからです。

格安SIMを使うというのは、簡単に言えば、大手キャリアのSIMカードを格安SIMに差し替えて、キャリア以外の通信サービスを利用する、ということです。

MVNOとは何か?

格安SIMは、MVNOと呼ばれる格安SIMを扱う会社で購入することができます。「格安SIM」で検索すると、IIJmio、楽天モバイル、mineoなど、たくさん会社名が出てきますが、これらがMVNOです。日本語だと「仮想移動体通信事業者」という、舌を噛みそうな長い名前になります。

ちなみに、ドコモ、au、ソフトバンクといった携帯キャリアは、MVOと呼ばれます。「N」があるかないかの違いは、自社で通信回線を所有しているかどうか?という点です。

  • MVO(キャリア) → 通信回線を持っている
  • MVNO(格安SIM業者)→ 通信回線を持っていない

MVNOは回線を持たないのに、通信サービスを提供できるのはなぜ?

回線を持たないMVNOは、キャリアから回線を借りて、そこに独自のサービスを付け、通信サービスを提供しています。実は、格安SIMが低価格で提供できる理由はここにあります。

私たちが何か物を買うとき、メーカーや正規店で直接購入するよりも、安く大量に仕入れて小売りする代理店や販売店の方が、定価よりも安く買えることが多いですよね。
同じように、MVNOはキャリアから大量に仕入れた回線を小分けにし、通信プランを販売しています。キャリアのように、回線のメンテナンスや増築といった維持費がかからないこともあり、安い料金が実現できるのです。

キャリア キャリアの回線 + キャリアがネット接続
MVNO キャリアの回線 + MVNOがネット接続

これまでスマホの契約は、回線契約と通信サービスを同時に行うのが慣例だったため、スマホ市場は自社で回線を持っている、ドコモ、au、ソフトバンクの独占状態でした。ライバルがいないと価格競争が起きにくく、通信料金が高止まりして、消費者に経済的不利益を与えてしまいます。

そこで総務省は、スマホ市場への新規参入を促すために、通信設備を持たない事業者が通信回線を借りてサービスが提供できるように法律を改正し、多くのMVNOが誕生することになりました。

格安SIMは裏技的な、スマホ代の節約方法のように思われている節がありますが、それは間違いです。家計負担を軽減して、国民みんなが幸せになるために総務省が掲げた国家政策です。

【ここが重要!】格安SIMでも使うのはキャリアの回線

キャリアで契約しても、格安SIMを契約しても、使うのはキャリアの回線です。MVNOが借りている回線の規模によって、各社の通信品質に多少の違いはあるものの、通信エリアや通信速度の理論値(最も条件が整った時に出せる最高スピード)は、キャリアと基本的には同じです。キャリアと同じ電話回線を使うので、通話品質にも差はありません。

通信品質が不安で、乗り換えの決断ができない人もいると思いますが、何も正体不明の回線を使うわけではありません。接続会社は変わっても、私たちに馴染みのあるキャリアの回線を使うので、スマホ環境が変わることを過度に心配することはないのです。

MVNOはどのキャリアの回線を借りているか?

MVNOで使われている通信回線は、NTTドコモ回線とau回線のみで、ソフトバンク回線を使うMVNOは今のところありません。

au回線を使うMVNOは、mineo(マイネオ)やUQ mobileなどの数社で、その他の9割以上のMVNOがドコモ回線を利用しています。

MVNOがどのキャリアの回線を使っているかは、キャリアのスマホで格安SIMを使う場合に関係してくる条件です。次の「使えるスマホはどれか?」のところで、わかりやすく説明します。

使えるスマホはどれか?

キャリアだと、スマホの購入と回線契約(SIMの購入)を同時に行うのが当たり前ですが、格安SIMはスマホを買わずに、SIMカードだけを購入することができ、どのスマホを使うかは利用者が自由に決められます。

  • 今のキャリアのスマホのまま格安SIMを使いたい
  • 眠っている解約済みのキャリアスマホを再利用したい
  • 中古スマホを安く買ってきて、格安SIMを使いたい
  • MVNO、家電量販店、ネット通販など、キャリア以外でスマホを新規購入して、格安SIMを使いたい

基本的にどれも可能です。Android(アンドロイド)でも、iPhoneでも使えます。

ただし、キャリアで購入したスマホで格安SIMを使う場合は、先ほど少し触れましたが、

「MVNOが使う回線のキャリア = スマホのキャリア」

これが同じでなければ、そのままでは使うことができません。

キャリアスマホには、契約したキャリアの通信回線しか使えないように、SIMロックという制限がかかっているからです。

キャリアスマホのSIMロック事情

本来なら、キャリアスマホに入っているSIMカードを取り出し、別の通信会社のSIMカードに差し替えてもデータ通信できるはずですが、ドコモのスマホにauやソフトバンクのSIMカードを入れても、インターネットにつながりません。

ドコモで購入したスマホは、ドコモのSIMカードにしか対応できないように制御されているのです。au、ソフトバンクで買ったスマホも同様に、他キャリアのSIMカードでは使えない仕様になっています。

SIMロックは言ってしまえば、契約ユーザーが簡単に他キャリアに乗り換えてしまわないための防衛策です。SIMロックを実施している国は他にもありますが、日本のようにSIMロックと2年縛りで利用者が解約できないようにして、顧客を囲い込むのは世界的に見ても独特なやり方で、キャリアの悪しき慣習と言えます。

キャリアスマホを使う条件

他キャリアのSIMカードが使えないのなら、格安SIMも無理なのでは?と思うかもしれませんが、SIMロックというのは、スマホを購入したキャリアの回線にしか対応できないというものです。


なので、ドコモのスマホであればドコモ以外に、ドコモ回線を使うMVNOの通信サービスを受けることが可能です。auのスマホならau以外に、au回線を使うMVNOの通信サービスを受けることができます。


ソフトバンク回線を利用しているMVNOは今のところないので、ソフトバンクスマホでそのまま格安SIMを使うことはできませんが、SIMロックを解除すればどの回線にも対応可能となり、格安SIMが使えるようになります。ソフトバンクのショップに行くか、会員ページ(My SoftBank)でSIMロック解除の手続きができますが、対象機種でなければSIMロック解除はできません。


キャリアスマホで格安SIMを使う場合は、申込むMVNOがどのキャリアの回線を使っているかを、確認しておく必要があります。

ドコモスマホ ドコモ回線を使うMVNOを利用する
auスマホ au回線を使うMVNOを利用する(※1)
ソフトバンクスマホ SIMロック解除をして(※2)、ドコモ回線を使うMVNOを利用する(※3)

(※1)格安SIMで使われるau回線は4GLTEのみなので、4GLTE非対応の古い機種だと使えません。
(※2)SIMロック解除対象機種のみ可能。店舗での手続きは3,000円の手数料がかかり、ネット手続きだと無料。
(※3)ソフトバンクとauでは音声通話の通信方式が異なるため、au 回線を使うMVNOだと電話が使えません。

SIMフリースマホ・格安スマホを購入する

キャリアスマホを使い続けるのが難しい人や、乗り換えを機に機種変更をしたい人は、SIMフリースマホといって最初から回線の制限がないスマホを新規購入することになります。SIMフリースマホは、家電量販店やネット通販以外に、MVNOで格安SIMと一緒にも購入することもできます。


MVNOで格安SIMとセット購入できるSIMフリースマホを、格安スマホと呼ぶのが一般的です。セット購入なら初期設定はMVNOでやってもらえ、利用回線に適した機種が購入できるので、初心者でも安心して購入できます。キャリアスマホのように値段が高くなく、割引キャンペーンでお得に買えるのもメリットです。

格安SIMの食べず嫌いをしているとスマホ貧乏から抜け出せない!

いったんスマホを持ったらガラケー生活には戻れないのと同じで、いったん格安SIMに乗り換えたら、料金が高く、制限が多いキャリアには戻れないときっと思います。格安SIMを使い始めたら、このような心境の変化があなたにも起こるはずです。

  • 申込み直後
    手続きも設定も難なく終わり、自分にできるか心配して損した。
  • 利用開始から1ヶ月経過
    キャリアにこだわっていたのが嘘のように、格安SIMがすっかり定着。
  • 請求書が届く
    あまりの金額の違いに唖然。今までの高いスマホ代がバカみたい。友達に自慢したい! 教えてあげたい!
  • その後
    キャリアをやめると料金だけでなく、いかに自分がデータ量や通話をムダに使っていたかに気付き、スマホの使い方を改めるようになる。格安SIMが真価を発揮するのはここから。スマホに束縛されない生活を送れるようになる。

格安SIMは詳しい知識がなくても、大まかな仕組みさえ押さえておけば難しいことはありません。

ここで、格安SIMに興味を持ったか、使い慣れたキャリアが楽でいいと思ったかが、運命の分かれ道。今後のスマホライフは大きく違ってくるはずです。

関連記事

格安SIM利用者のための速度計測ツール

あなたのスマホ
速い? 遅い?

現在、お使いの格安SIMの通信速度がリアルに分かります!

ANSIM君
心して格安SIMが利用できるようにお手伝いする頼れるナビゲーター。

スマホの準備はOK?

コンテンツ一覧

格安SIMの基本的な仕組み
格安SIMの選び方
手続・設定方法、アフターケア
MVNO各社のレビュー
  • 格安SIM NEWS
総合トップに戻る
  • 保険ソクラテス
あなたのスマホ 速い?遅い?格安SIM利用者のための速度計測ツール