• 格安SIM
  • 【ステップ1】格安SIMを知ろう
  • 【MVNOとは】格安SIMが低価格を実現できる、キャリアとの違いは?

【MVNOとは】格安SIMが低価格を実現できる、キャリアとの違いは?

掲載: 

通信料金が安くなるのは魅力的ですが、格安SIMの乗り換えをためらっている人はたくさんいます。

  • 格安SIMを販売するMVNOってどんな会社? サービスや品質は大丈夫?
  • 格安SIMってどうして安いの? 落とし穴はない?

まずは、このような格安SIMに対する不安を解消しましょう。

MVNOとは? キャリアと何が違う?

格安SIMは、MVNOと呼ばれる格安SIMを扱う会社で購入します。「格安SIM」で検索すると、IIJmio、楽天モバイル、mineoなど、たくさん会社名が出てきますが、これらがMVNOです。
日本語だと「仮想移動体通信事業者」という、舌を噛みそうな長い名前になります。

ちなみに、ドコモ、au、ソフトバンクといった携帯キャリアは、MVOと呼ばれます。「N」があるかないかの違いは、自社で通信回線を所有しているかどうか?という点です。

・MVO(キャリア) → 通信回線を持っている
・MVNO(格安SIM事業者)→ 通信回線を持っていない

回線設備がなくても、通信サービスを提供できるのはなぜ?

回線を持たないMVNOは、キャリアから回線を借りて、そこに独自のサービスを付け、利用者に通信サービスを提供しています。
自宅に固定回線を引くときに、回線業者と直接契約を結ぶのではなく、プロバイダーが窓口となりますが、それと少し似ています。

キャリア キャリアの回線 + キャリアがネット接続
MVNO キャリアの回線 + MVNOがネット接続

MVNOが誕生した背景には総務省の後押しが

これまでスマホの契約は、回線契約と通信サービスを同時に行うのが当たり前でした。そのためスマホ市場は自社で回線を持っている、ドコモ、au、ソフトバンク3社の独占状態となっていました。ライバルがいないと価格競争が起きにくく、通信料金が高止まりして、消費者に経済的不利益を与えてしまいます。

そこで総務省は、スマホ市場への新規参入を促すために、通信設備を持たない事業者が通信回線を借りてサービスが提供できるように法律を改正し、多くのMVNOが誕生することになりました。

格安SIMは裏技的な、スマホ代の節約方法のように思われている節がありますが、それは間違いです。国民の家計負担を軽減するために総務省が掲げた国家政策です。

格安SIMもキャリアの回線を使用

キャリアで契約しても、格安SIMを契約しても、使うのはキャリアの回線です。
MVNOが借りている回線の規模などによって、各社の通信品質に違いはありますが、通信エリアや通信速度の理論値(最も条件が整った時に出せる最高スピード)は、キャリアもどのMVNOも基本的には同じです。
▶格安SIMの通信エリアと通信速度
音声通話に関しては、キャリアと同じ電話回線を使うので、品質の差はほとんどないと言えます。

格安SIMは何も、正体不明の回線を使うわけではありません。接続会社は変わっても、私たちに馴染みのあるキャリアの回線を使うので、スマホの使い方や通信品質がガラッと変わるようなことはありません。

MVNOが低価格を実現できる理由

「格安SIM」「格安スマホ」のように、安さを強調するネーミングのものは、肩透かしを食らうパターンが多いですが、格安SIMは見せかけだけの安さや、安かろう悪かろうではありません。
低価格で通信サービスを提供できる理由は、MVNOのビジネスモデルにあります。

設備投資や維持費がかからない

キャリアは自社で運営する通信回線を使って通信サービスを提供するのに対して、MVNOはキャリアから通信回線を借り受けてサービスを提供しています。自社で通信回線を所有するとなると、基地局の整備やメンテナンスなどで年間数千億円の莫大な維持費がかかりますが、MVNOはそういった設備投資が不要です。

また、大手キャリアのように全国にショップ展開せず、ネット申込みが中心なので、店舗の維持費や人件費がかかりません。最低限の販売コストで営業していることが、低価格を実現できる理由と言えます。

シンプルなプラン設定で低価格を実現

日本の通信料金は、世界でも高いと言われています。新規参入したMVNOは、大手キャリアにない強みを持つために、低価格で通信サービスを行う販売に力を入れました。

MVNOは通信回線をキャリアから安く大量に仕入れ、それを小分けに販売して利益を得ています。利益を確保しつつ、魅力的な料金体系で提供するために、使える機能や容量を絞って、付帯サービスをシンプルにしています。例えば、1GB以下の少ないデータ量で販売したり、通話やメールサービスを標準化しないことで低価格での提供を可能にしています。

端末にかかるコストを削減できる

キャリアと違ってスマホの購入が契約条件ではないので、MVNOは端末の在庫管理にかかるコストを削減できます。利用者にとっても、手持ちのスマホを利用したり、中古のスマホを購入したりして、端末代をかけずに格安SIMを始めることができます。

ほとんどの人が乗り換えに満足している

料金が安いと通信品質やサービス面で心配な人も多いと思いますが、格安SIMが低価格を実現できるのは理由があってのことで、安かろう悪かろうではありません。
MVNO各社、回線設備の増強を行っていて、通信品質は年々良くなっており、利用できるサービスや機能も充実して、格安SIMユーザーのほとんどがキャリアのときと変わらない通信環境でスマホを使えています。

使い慣れたキャリアをやめるのは不安かもしれませんが、実際に乗り換えてみると料金の安さだけでなく、様々なメリットを感じる機会は多いはずです。

関連記事

格安SIM利用者のための速度計測ツール

あなたのスマホ
速い? 遅い?

現在、お使いの格安SIMの通信速度がリアルに分かります!

ANSIM君
心して格安SIMが利用できるようにお手伝いする頼れるナビゲーター。

スマホの準備はOK?

コンテンツ一覧

【ステップ1】格安SIMを知ろう
【ステップ2】格安SIMを選ぼう
【ステップ3】プランとMVNOを決めよう
手続・設定方法、アフターケア
mineoコーナー
MVNO各社のレビュー
  • 格安SIM NEWS
総合トップに戻る
  • 保険ソクラテス
あなたのスマホ 速い?遅い?格安SIM利用者のための速度計測ツール