• 格安SIM
  • 【ステップ3】プランとMVNOを決めよう
  • 格安SIMの音声通話付きプランは必要? 子供用のスマホには?

格安SIMの音声通話付きプランは必要? 子供用のスマホには?

掲載: 

kidonsei20

音声通話付きプランにすると、毎月700~800円コストアップしてしまいます。キャリアのようなかけ放題とは違い、かけた分だけ通話料金が発生するのも痛いところです。

インターネット回線を使ったIP電話やLINEで電話がかけられる今、音声通話機能を付ける意味はあるのでしょうか?

私の場合、長年使ってきた電話番号を手放したくなかったので音声通話付きにしていますが、はっきり言って番号が引き継げる以外、必要性を感じることはほとんどありません。

それでも音声通話は必要?それとも不要? どんな人に便利な機能なのか、確認しておきましょう。

音声通話付きプランでなくても電話は使える!

スマホで電話をかける方法は、大きく分けて2パターンあります。

1つは電話回線を使った、音声通話付きプランの電話。もう1つはインターネット回線を使った電話で、LINE、Skype、Viberなどのインターネット電話や、「050」から始まるIP電話などです。

電話回線は音声データのやり取りが専門で、電話がつながっているペアが回線の一部を占有して通話しますが、インターネット回線は音声データに限らず様々なデータが混在する中で通話をします。

言ってしまえば、音声通話は「個室」、LINE電話は「団体部屋」みたいな感じで、音声通話機能の方が遅延や雑音が少なく、音声品質が優れていることは間違いありません。
ですが、インターネット電話やIP電話は、無料もしくは低コストで使えるうえ、品質やサービスが向上していることから、利用者は年々増えています。

スマホで電話を使う方法として、

音声通話付きプランを申し込むと、電話回線とインターネット回線どちらを使った電話もかけることができます。

データ通信プランを申し込むと、インターネット回線を使った電話のみがかけられます。

音声通話付きプランのメリット

1. 「090・080・070」の電話番号が使える

MNP(モバイル・ナンバー・ポータビリティ)を利用して、これまでキャリアで使っていた電話番号をそのまま使うことができます。
※データ通信プランだと、電話番号を引き継げません。

2. 通話品質はキャリアスマホの時と同じ

キャリアと同じ電話回線を使うため、キャリアと変わらない通話品質で電話が使えます。固定電話や携帯電話への発信・着信ができる点もこれまでと同じです。

※インターネット回線を使う電話だと、混雑時は通話状態が悪くなることがあります。アプリを入れていないスマホ、固定電話、携帯電話との通話はIP電話なら可能ですが、インターネット電話ではできない場合があります。

3. 110番、119番の緊急通報が可能

110番、119番、118番(海上での事件・事故)の緊急通報や0120から始まるフリーダイヤルにも電話がかけられます。緊急通報を利用する機会というのはそうめったにありませんが、いざと言うときに使えると安心です。

※インターネット回線を使う電話だと、緊急通報やフリーダイヤルは使えません。

音声通話付きプランのデメリット

1. コストが高くなる

少しでも節約したい人にとって、月額料金が700~800円UPするのは痛いところ。また、通話料金はかけた分だけ実費がかかり、20円/30秒と割高です。

ほとんどのMVNOで通話料金が半額でかけられる割引サービスを実施していますが、キャリアのかけ放題に慣れた私たちにとって、毎月の通話料金が一定でないことはプレッシャーです。

ちなみに、有料の通話定額サービスやかけ放題サービスを付けることができますが、キャリアのような完全なかけ放題ではありません。

通話料金が半額の割引サービスって?

IIJ mioの「みおふぉんダイアル」、楽天モバイルの「楽天でんわ」、FREETEL SIMの「FREETELでんわ」などが、「通話料金が半額!」と宣伝していますが、これらはプレフィックス型の通話料金割引サービスというものです。
MVNOの独自回線を利用することで、通常のNTTドコモ回線を使った通話よりも安く電話が使えるシステムです。電話回線を使うため、通話品質はキャリアとほぼ同じです。アプリを入れるだけで、サービス料金は不要です。デメリットはフリーダイヤルや緊急通報が使えないことです。

2. 契約期間の縛りがある

声通話付きプランには契約期間の縛りを設けているMVNOが多く、解約の際に違約金が発生したり、MNPの手数料が高かったりします。その点、データ通信プランは、違約金なしでいつでも解約できるので身軽です。

音声通話プランにした方がいい人

今の電話番号を引き継ぎたい人

キャリアの電話番号を引き継ぐ場合、音声通話付きプランは必須です。残念ながら、選択の余地はありません。
私もそうですが、音声通話付きプランを選ぶ人の多くがこの理由ではないでしょうか。

緊急時に電話がつながらないと困る人

子供を保育園に預けて仕事をしているママさんや、高齢の両親と離れて暮らす人は、いつ何時でも連絡が入るようにしておきたいものです。
大事な電話がかかってくる可能性がある人は、着信のために音声通話付きにしておき、発信はなるべく通話料金がかからないインターネット電話を利用し、通話が途切れては困る大事な電話をかけるときや緊急時に備えて、いつでも電話回線が使えるようにしておくというのが、賢い使い方だと思います。

通話料金が発生するのは、こちらから発信したときだけです。着信の場合はかかりません。

音声通話プランにしない方がいい人

電話番号にこだわらない人

電話番号が変わることに抵抗がない人は、音声通話付きにしなくてもいいと私は思います。

電話は家族との連絡ぐらいでほとんど使わない人は、LINEなどの無料通話アプリ(インターネット電話)で十分だし、そこそこ電話を使う人には、050から始まるIP電話をおすすめします。

【IP電話とは?】
IP電話もLINEと同じくインターネット回線を利用しますが、「IP電話網」と呼ばれる音声専用のインターネット回線を利用します。プロバイダーが管理している回線なので、電話回線ほどではありませんが通話品質が安定していて、固定電話や携帯電話からの着信が可能です。

通話料金はアプリ利用者同士なら無料、それ以外の通話は、固定電話は8円/3分、携帯電話は17円/1分ほどで、音声通話20円/30秒に比べるとかなり割安です。

子供用のスマホ

これは私の考えですが、子供にスマホを持たせるなら、音声通話付きプランはやめましょう!
連絡用にスマホを持たせても、電話を使う機会なんて1ヶ月のうちに数回程度。しかも、大半は家族間の連絡なので、無料通話アプリで十分やっていけます。

それと、スマホの画面に音声通話のアイコンがあるとついつい使ってしまいます。無料通話アプリを使って電話をかけるように言っていますが、子供なので通話料金のことなんて考えず、間違って使ってしまう可能性もあります。

LINEがきっかけで友達とのトラブルやいじめが起こった話を聞くと、できればまだLINEは使わせたくないと思います。そこで、うちでは家族間の電話はViberを使っています。電話やメッセージのやり取りなど、使い方はLINEとほぼ同じですが、通話の品質はViberの方が優れていると思います。

そもそも、電話ってそれほど重要?

私は音声通話付きプランですが、電話回線で誰かに電話をかけることはほとんどありません。
発信するときは、

  • 家族やアプリを使っている友達は、無料通話アプリ(LINEかViber)を使う。
  • 固定電話やアプリを使っていない人には、スマホで電話をかけない。どうしても必要な場合のみ、みおふぉんダイヤル(10円/30秒)でかける。

このルールを徹底しているので、今まで1ヶ月の通話料金が300円を超えたことはないのです!!

ですが、そんな自慢をしたところで、じゃあ一体、何のための音声通話機能なの?という話。

「電話番号を維持したい」ただそれだけの理由ですが、SNSの普及で電話を使うこと自体が減った今、電話番号にしがみつく必要ってあるのでしょうか?

何年か前は、雨で運動会が中止だとか、警報が解除されるまで自宅待機だとか、そういった学校からの連絡は連絡網を使って電話で回していましたが、今は一斉メールです。PTAの連絡なんてLINEで来ます。固定電話や携帯電話の番号を持っていなくても、連絡を受けることはできます。

コミュニケーションツールとしての電話の重要性を考えると、わざわざお金をかけて電話番号を維持したり、音声通話機能を付けたりする時代ではなくなったのかもしれません。20年以上連れ添った電話番号と、私もそろそろお別れしようかな・・・。

関連記事

格安SIM利用者のための速度計測ツール

あなたのスマホ
速い? 遅い?

現在、お使いの格安SIMの通信速度がリアルに分かります!

ANSIM君
心して格安SIMが利用できるようにお手伝いする頼れるナビゲーター。

スマホの準備はOK?

コンテンツ一覧

【ステップ1】格安SIMを知ろう
【ステップ2】格安SIMを選ぼう
【ステップ3】プランとMVNOを決めよう
手続・設定方法、アフターケア
mineoコーナー
MVNO各社のレビュー
  • 格安SIM NEWS
総合トップに戻る
  • 保険ソクラテス
あなたのスマホ 速い?遅い?格安SIM利用者のための速度計測ツール