1. HOME
  2. 保険って必要?
  3. タイプ別:保険の必要性
  4. 男女別・年代別に必要な保険

30代の人に必要な保険とは?

結婚・子ども・住宅購入……30代はライフステージの
変化が起こりがちな「保険加入・見直しの適齢期」

30代は、公私ともに責任が増し、いろいろな意味で「きちんとする」ことを求められるようになりがちな年代です。結婚を考える人も多いでしょうし、起業に挑戦する人もいるかもしれません。そんな30代……、保険についてはどう考えればいいでしょうか。

畠中雅子さんアドバイスをいただきました
CFP(R)・1級ファイナンシャルプランニング技能士
畠中雅子さん
プロフィール
大学時代にフリーライター活動を始め、マネーライターを経て、1992年にファイナンシャルプランナーに。新聞・雑誌・WEBなどに多数の連載を持つほか、セミナー講師、講演、相談業務などをおこなう。長女出産後に大学院に進学。修士課程では「生命保険会社の会計システム」、博士課程では「金融制度改革」の研究を行う。
著書は、「貯金1000万円以下でも老後は暮らせる!」(すばる舎)、「結婚したら知っておきたいお金のこと」(海竜社)、「高齢化するひきこもりのサバイバルライフプラン」(近代セールス社)、「お金の不安がかるくなる30のヒント」(オレンジページ社・共著)など60冊を超える。新聞・雑誌など、メディアへの登場回数は7000回以上。

chapter 0130代世帯の保険加入率は8~9割。保険料は月額2万円台が主流

30代の人の保険について見てみましょう。生命保険文化センターの統計によると、世帯主が30代の世帯の保険加入率は約87~93%。年々減少傾向にありますが、8~9割はなんらかの生命保険に加入しているということのようです。

※生命保険文化センター「生命保険に関する全国実態調査」(平成27年)より

保険料をどの程度支払っているかというと、世帯で年間約27万円~33万円が一般的となっています。月額で2万円台ということですね。こちらも年々減少傾向です。

※生命保険文化センター「生命保険に関する全国実態調査」(平成27年)より

しかしながら、以上はあくまでも統計です。自分にとって、どんな保険に入り、保険料をいくら支払うかは、個別に考える必要があります。

chapter 0230代に必要な保険とは? 必要性は多々あるが、個人の状況による

では、30代にはどんな保険が必要なのか、30代の特徴から考えてみましょう。20代との大きな違いとして、30代には結婚し、子どもを持つ人の割合が高まるということがまず挙げられます。また、経済的にはやや余裕が出てきたり、家族が増えることから、住宅や自動車の購入・買い替えをする人も多いでしょう。

つまり、保険の新規加入や見直しを要するようなライフステージの変化は、30代に起こりやすいということであり、一方で、30代なら保険料もさほど高くなく、健康に問題があって保険に入れないケースも少ないため、「保険加入の適齢期」と言うこともできます。

30代だから必ずこの保険、ということはなく、保険の必要性が薄い人も当然います。傾向として30代頃に必要性が増しそうな保険と、それが必要な人をまとめると以下のようになります。

検討したい保険 必要性の高い人
死亡保険 配偶者が専業主婦(主夫)・子どもがいる人
医療保険 貯蓄額が乏しくて医療費が不安な人
就業不能保険 配偶者が専業主婦(主夫)か、一人暮らしの人
学資保険 子どもがいる人

-30s-

30代で保険の見直し・新規加入をした人の声

保険見直し・加入体験談をもっと見る

「自分に合った保険を選んで将来に備えたい」「保険料を節約して家計を改善したい」という方に、夏休みのドリル感覚で紙面を埋めていくうちに、必要な保険をチェックできるワークブック「あなたに必要な保険みつかるBOOK」(全40ページ・オールカラー)を無料配布しています。

  • 夏休みのドリル感覚で楽しくできる!
  • ファイナンシャルプランナーの知識とノウハウ
  • 理解を助けるため「毎日届く!フォローメール」

無料で配付中