1. HOME
  2. 保険のことを相談したい
  3. 保険相談の歩き方

もし強引に勧誘されたら?

保険相談サービスの運営会社や登録FPは、相談した人が保険に入ってくれると手数料を受け取る仕組みです。この仕組みがあるために、保険相談サービスは無料で利用できるのですが、そうすると手数料欲しさに相談サービスが無理に勧めてくるのでは?という不安も出てきます。実際のところどうなのでしょうか。

強引な勧誘は禁止されていますから、安心してください

たしかに、相談サービスの運営側としては、相談に来た人が、提案した保険に入ってくれるほうが嬉しいと考えていることは事実でしょう。ですが、「強引な勧誘」や「本当は必要ない保険を勧める」といった行為をすると、結局は悪い評判につながるため、各社とも、そういった行いは慎んでいます。

勧誘については気にする利用者の方も多いせいか、相談サービスの運営元で、強引な勧誘が禁止されていることも多いです。いくつかの保険相談サービスでは、「イエローカード制」などといって、担当者に勧誘を受けたと思ったら、運営会社に申告すると、担当者の交替が行われます。FPが登録するタイプの保険相談サービスでは、複数回、申告を受けたFPは登録抹消になることもあります。

こうした制度が明示されていなくても、なにか嫌な思いをしたときは、相談サービスの運営元に訴えれば、対処が行われるのが普通です。

勧誘が苦手な人は、相談に行く前に、「自分の頭でじっくり考えたいので、勧誘はしないでほしい」「今回は相談だけにしたい」といった旨をあらかじめ伝えておくといいでしょう。

「自分に合った保険を選んで将来に備えたい」「保険料を節約して家計を改善したい」という方に、夏休みのドリル感覚で紙面を埋めていくうちに、必要な保険をチェックできるワークブック「あなたに必要な保険みつかるBOOK」(全40ページ・オールカラー)を無料配布しています。

  • 夏休みのドリル感覚で楽しくできる!
  • ファイナンシャルプランナーの知識とノウハウ
  • 理解を助けるため「毎日届く!フォローメール」

無料で配付中