1. HOME
  2. 保険って必要?
  3. ライフステージ別:保険の必要性
  4. 不安に思うことと必要な保険

健康の不安を感じたときの保険加入・見直し

医療保険に入るより予防や健康づくりが大切
保険はそれでも生じるリスクに備えるという考えで

自分がいつ病気やケガに襲われるか、誰にも予測できません。それだけに、万一の病気やケガに不安を覚えるのは当然のこと。そこで医療保険を……となる人も多いようですが、ちょっと待ってください。保険は何のためにあるのか、よく考えてみましょう。

畠中雅子さんアドバイスをいただきました
CFP(R)・1級ファイナンシャルプランニング技能士
畠中雅子さん
プロフィール
大学時代にフリーライター活動を始め、マネーライターを経て、1992年にファイナンシャルプランナーに。新聞・雑誌・WEBなどに多数の連載を持つほか、セミナー講師、講演、相談業務などをおこなう。長女出産後に大学院に進学。修士課程では「生命保険会社の会計システム」、博士課程では「金融制度改革」の研究を行う。
著書は、「貯金1000万円以下でも老後は暮らせる!」(すばる舎)、「結婚したら知っておきたいお金のこと」(海竜社)、「高齢化するひきこもりのサバイバルライフプラン」(近代セールス社)、「お金の不安がかるくなる30のヒント」(オレンジページ社・共著)など60冊を超える。新聞・雑誌など、メディアへの登場回数は7000回以上。

chapter 01ケガや病気に不安を感じるという人は全体の9割

生命保険文化センターの調査によると、なんらかの形で「ケガや健康に対する不安がある」という人は9割います。

※生命保険文化センター 平成28年度 生活保障に関する調査より

不安の具体的な内容を見てみると、ベスト3となったのは順に「家族に肉体的・精神的負担をかける」「長期の入院で医療費がかさむ」「後遺症や障害が残る」となっています。

健康は大切なものですから、それが損なわれることへの不安は誰しも持つものでしょう。そこで、医療保険やがん保険のことを考える人も多いと思いますが、「健康に不安を感じる」→「まず保険」となるのは、少し早計かもしれません。

保険はあくまでも、生じたリスクを経済的に保障するためのもの。いざというときに役には立ちますが、そもそも健康が損なわれなければ、それに越したことはありません。健康に不安を感じている人は、まずは健康診断を受ける、健康づくりをするなどの予防に勤しんでください。

そのうえで、それでも発生してしまう事態に対しては、保険で備えるのです。

chapter 02医療保険は必須ではないが、もし入るなら早めの加入がおすすめ

医療保険・がん保険は、医療費を保障してくれるものですが、その必要性は人によってまちまちです。

高額療養費制度をはじめとする公的な保障も整っていますし、ある程度の貯蓄があれば過剰に医療費の心配はいりません。また、もし病気やケガで働けなくても、その間、収入や生活をサポートしてくれる家族がいれば問題ないでしょう。

ですので、どんな人にも医療保険が必ず必要ということはありません。

一方、「自営業のため公的保険に不安がある」「貯蓄額が少ない」「独り暮らしのため働けなくなったら非常に困る」といった状況があるなら、医療保険・がん保険で備えておくべきリスクを抱えていると言えます。

そして、医療保険やがん保険への加入を考えているのなら、できるだけ加入は早めのほうがいいかもしれません。理由は2つあります。

1 若いほど保険料が安い

一般に、保険料は年齢が若いほど安くなります。そのため、若いうちに加入するほど、月々の負担は軽いわけです。

保険料の支払いは、保険期間が続く限り支払い続ける終身払いと、一定期間で払込を終えてしまう有期払いがあります。年齢を基準に有期払いの設定になっている保険(60歳払済など)は、若いうちに加入するほど保険料の総額は安くなるのが、保険料を算出する際の原則になっています。また若いうちに保険に入ったほうが、月々の負担も少なくてすみますので、早めの加入がおすすめできます。

以下は、ある保険会社の医療保険について調べたものです。入院日額1万円の保障で、保険期間は終身、払込は60歳までとし、加入した年齢別に支払う保険料を見てみましょう。

加入年齢 月額保険料 60歳までの払込総額
20歳 3,185円 152万8,800円
30歳 4,797円 172万6,920円
40歳 8,035円 192万8,400円
50歳 1万7,326円 207万9,120円

まず、同じ保障内容でも、月々の保険料がまったく違います。総額で見ても、20歳で加入したときと50歳で加入したときとで50万円以上の差があるのです。

2 がん保険には待機期間がある

がん保険には待機期間(または免責期間、不填補期間とも)という仕組みがあり、加入してから(正確には申込書の提出・健康告知書の提出・1回目の保険料の払込が完了してから)、3ヵ月の間は、もし、がんになっても保障されません

そのため、なんらかの自覚症状を感じて、がんの不安にとらわれ、慌ててがん保険に入っても、3ヵ月以内にがんになってしまえば、せっかくのがん保険が無意味になってしまいます。

がんのリスクがあるという人は、できるだけ早めに加入しておくのがいいでしょう。

-health-

健康の不安を機に保険の見直し・新規加入をした人の声

保険見直し・加入体験談をもっと見る

「自分に合った保険を選んで将来に備えたい」「保険料を節約して家計を改善したい」という方に、夏休みのドリル感覚で紙面を埋めていくうちに、必要な保険をチェックできるワークブック「あなたに必要な保険みつかるBOOK」(全40ページ・オールカラー)を無料配布しています。

  • 夏休みのドリル感覚で楽しくできる!
  • ファイナンシャルプランナーの知識とノウハウ
  • 理解を助けるため「毎日届く!フォローメール」

詳細はこちら