• 認定死亡

    認定死亡とは、死亡した事実の確認はできていないものの、死亡だと認定して戸籍簿に「死亡」と記載する戸籍法上の制度のことをいいます。認定死亡した人が生命保険に加入している場合、遺族は保険会社から死亡保険金を受け取ることができます。
    もっと詳しく知る

総合トップに戻る
  • 保険ソクラテス