• 学資保険の教科書
  • いまどきの教育費用の実態
  • 子育て世帯はほぼ学資保険に入ってる?教育資金の準備方法についての調査と考察

子育て世帯はほぼ学資保険に入ってる?教育資金の準備方法についての調査と考察

掲載: 

子育て世代は教育資金の準備をどのような方法でしているのでしょうか? またその準備方法のなかで、学資保険はどのぐらい利用されているのでしょうか?

アンケート調査の結果

当サイトが行なったアンケート調査では、「将来の教育費をどのようなもので貯めているか?」の質問に対し、「学資保険」(55.4%)と答えた人が最も多く、次に多かったのは「定期預金」(33.3%)でした。以下、「積立定期」(10.7%)と「終身保険」(9.1%)が続きますが、「特に貯めていない」が19.1%でした。

gakuhijyunbi
対象:小学6年生以下の子供がいる20~40代の主婦5871人が対象

一方、ソニー生命が発表した「子どもの教育資金に関する調査 2018」によると、高校生以下の子供の親(748名)に、大学等への進学のための教育資金を、どのような方法で準備しているか聞いたところ、「銀行預金」(58.2%)と「学資保険」(46.3%)の2つが多く、銀行預金は6割弱、学資保険は4割半の人に利用されていました。

以下、「財形貯蓄」(9.4%)と「(学資保険以外の)生命保険」(8.2%)が続きました。前年と比較すると、「銀行預金」が6.7%の増加、「学資保険」が、10.8%の減少となりました。

keinentyousa
出典:子どもの教育資金に関する調査 2018 ※(調査は2017年11月24日~11月27日の4日間、大学生以下の子供がいる20~59歳の男女に対して実施)

ここから、教育資金の準備は、「銀行預金」と「学資保険」2つが多く利用されていることがわかります。

「学資保険」と「銀行預金」どちらがいい?

教育資金の準備は、「学資保険」と「銀行預金」のどちらがいいのでしょうか? 2つともまったく異なる手段ですので、実は比べるのはナンセンスなのですが、あえて、それぞれの主な特徴を比較してみます。

貯蓄性

ご存知の通り、マイナス金利政策の影響もあり、「学資保険」と「銀行預金」のどちらも利回りは低いと言えます。大手定期預金の金利は0.01%ですし、学資保険も各社学資保険の保険料を値上げしたので、以前ほど返戻率は高くありません。

「学資保険」は払込期間を短くして、返戻率を高くすることができますが、保険料も高くなるので注意が必要です。

途中解約

「学資保険」は決められた期間、決められた保険料を払い続けることで、返戻率が約束されますので、途中で解約してしまうと元本割れしてしまいます。その点、「銀行預金」は途中で解約しても元本割れしませんので、予定外の費用が必要な場合も対応できます。

払込免除

「学資保険」のメリットは、親の死亡で以後の保険料が払込免除になることです。これは、保険にしかない機能です。

結局、教育資金の賢い準備方法は?

教育資金をまだ貯めていない人は、教育資金のだいたいの目安を知って、なるべく早く準備をしましょう。

そして準備方法としては、「学資保険」か「銀行預金」のどちらか一方ではなく、他の金融商品も含め、いろいろ合わせて利用することでそれぞれのメリットを生かせると思います。

小学校から私立に通わせてお金がかかるケースを除けば、準備期間は生まれてすぐに始めれば10年超という期間があります。積立NISAなどを利用して、長く積み立てることで価格変動リスクを軽減できるので、投資信託などのリスク商品を少し混ぜて利用しても良いでしょう。

大切なことは、いくら教育資金が必要なのか、どう準備するのかをライフプランに照らし合わせて計画的に貯めていくことです。

2019年主婦200人が選んだ学資保険は?

子持ち主婦200人が実際に選んだ学資保険人気ランキング2019
半年以内に学資保険に加入した主婦の方200人にアンケートを実施し、今最も人気の学資保険はどの商品なのか調べてみました。保険選びの決め手になった理由も添えてご紹介しますので、一つの目安として参考にしていただければ幸いです。[...]

関連記事

  • 共働き子育てしやすい街・2017年総合ランキング「松戸市」の実力は共働き子育てしやすい街・2017年総合ランキング「松戸市」の実力は 近年、子育て世代にやさしい街として注目の千葉県松戸市。日経DUAL「共働き子育てしやすい街ランキング2017」において全国編第1位(東京を除く)、ベビー&バースフレンドリーアワード財団からは「第1回ベビー&バースフレンドリータウン賞」を受賞しています。東京駅まで乗り換えなしで2 […]
  • これだけ覚える「子ども・子育て支援新制度」のポイントこれだけ覚える「子ども・子育て支援新制度」のポイント 平成27年4月からスタートした「子ども・子育て支援新制度」は、すべての子どもが必要な保育(教育)が受けられる、すべての子育て家庭が安心して子育てができることを目的に作られた制度です。消費税増税分の一部を財源に、市町村が主体となって、少子化・待機児童・子育て家庭の孤立といった問題 […]
  • 大阪市の子ども・子育て支援制度比較大阪市の子ども・子育て支援制度比較 平成24年8月に『子ども・子育て関連3法』が成立して以来、各自治体が行う子育て支援が多様化しています。2018年4月からは、認可保育施設に入れない待機児童の解消を進める『改正子ども・子育て支援法』も施工され、地域・企業を含む社会全体での取り組みとして注目を集めています。 […]
  • 児童手当は何にどう使う?うやむやに使ってしまわない賢い用途を考える児童手当は何にどう使う?うやむやに使ってしまわない賢い用途を考える 児童手当とは、子育て世代の安定した生活や子供の成長をサポートするために、中学校を卒業するまで(15歳に到達してから最初の年度末(3月31日)まで)支給される手当です。受給できる金額は、子供一人につき5,000円から1万5,000円で、子供の年齢や人数によって変わります。具体的な […]
  • 学資保険だけで教育費を賄うことは可能か?学資保険だけで教育費を賄うことは可能か? 教育費は「人生の三大出費」の一つと言われていますが、では、子供の教育費は一体いくらかかるのでしょうか? そして、それをどのように準備したらいいのでしょうか?世の中には、教育費に係る統計がたくさんあります。でも、その数字にはかなり幅があり、さまざまです。それは、統計をとる前提条件 […]
コンテンツ一覧
必要性・貯蓄性を考える
保障機能を考える
学資保険は必要?選び方
税金を考える
いまどきの教育費用の実態
保険会社別商品レビュー
保険パンフレットの読み方ガイド
あなたに必要な保険みつかるBOOK
「マンガでわかる 9割の人が気がつかない保険のヒミツ」
総合トップに戻る
  • 保険ソクラテス
スポンサーリンク