学資保険を徹底比較!ソニー生命「学資保険」VS フコク生命「みらいのつばさ」はどちらがおすすめか?

掲載: 

当サイトの学資保険人気ランキングで人気の高いソニー生命とフコク生命の商品を、さまざまな視点から比較・検討します。 

学資保険では安定した高評価を続けるソニー生命と、兄弟割引で人気の高いフコク生命、両保険の特徴を比べていきましょう。

sonyvsfukoku

返戻率が高いのはどっち?

ソニー生命とフコク生命とでは、短期の払込プランも受取方も違うため、厳密な比較は難しいのですが、それぞれで一番返戻率の高いプラン(ソニー生命・III型 VS フコク生命ジャンプ型)を比較してみました。

【比較条件】
契約者:男性30歳 / 子ども:0歳

ソニー生命 フコク生命
商品・プラン 学資保険(無配当)III型 みらいのつばさ ジャンプ型
返戻率 105.5% 105.5
総受取金額 200万円 200万円
払込期間/満期 10年間/22歳満期 11年間/22歳満期
受取方 18歳~22歳の一年毎40万円ずつ受取 17歳の11月と22歳に100万円ずつ受取

ソニー生命の105.5%に対しフコク生命は105.5%と、まったくの互角。昨今の低金利で元本割れする商品もあるなか、どちらの返戻率も頑張ってくれているほうと言えるでしょう。

これ以上の返戻率を希望するのであれば、ソニー生命には米ドル建ての学資プランがあり、保険料払込期間5年、18年満期で返戻率は128.6%となります。ただし、米ドル建てなので為替リスクがあり、日本円ではこの返戻率で受け取れるとは限りません。教育資金は必要となる時期が決まっていますから、元本割れリスクのあるものは簡単にはおすすめできません。

もちろん、予想より実際の返戻率が高い可能性もあるので、米ドル建てに魅力を感じているのであれば、信頼できるプロの保険アドバイザーなどに相談してみるといいでしょう。

受取プランが豊富なのはどっち?

ソニー生命には3つ、フコク生命には2つの受取プランがあります。大学や専門学校への進学に備える資金を積み立てるなら、授業料を納入する時期に合わせて受け取れるソニー生命のII型、III型が良いでしょう。

もし、子どもの成長に合わせて幼・小・中・高の入園、入学時にも少しずつ祝い金を受け取りたいということなら、フコク生命のステップ型がおすすめです。ただし、先に受け取ってしまう分、大学進学に使える祝い金、満期金は少なくなってしまうので、保険金額を多めにするなどして備えましょう。

ソニー生命 フコク生命
受取方 ・12歳、15歳で祝金。満期で満期金(I型)
・満期で満期金を受取(II型)
・18歳~22歳の一年毎(III型
・3歳、6歳、12歳、15歳、18歳、20歳で祝い金。22歳で満期金(S ステップ型)
・18歳で祝い金。22歳で満期金(J ジャンプ型)

受取プランに両者の特徴が表れていますね。大学進学資金の積立に集中するならソニー生命が良さそうです。

短期払ができる、または早いのはどっち?

ソニー生命は10年、フコク生命は11年または14年の短期払ができます。できるだけ短くして返戻率を上げたいならソニー生命の10年が有利ですが、月々の保険料が高くなってしまうので、ほどほどの年数で返戻率も少し上げたいということならフコク生命11年または14年が良いでしょう。

ただし、短期払にした場合には、全額を払い込んだ後に契約者である親に万一のことがあっても、「保険料払込免除」という学資保険の保障機能が働きません(既に払い込んでしまっているため)。この点を理解した上で払込期間の検討をすることをおすすめします。

医療保障が充実しているのはどっち?

ソニー生命もフコク生命も医療保障はありません。ありませんが、これはデメリットとは言えないというのが当サイトの主張です。多くの自治体には子どもの医療費助成制度があり、子どもが一定の年齢になるまでは医療費はほとんどどかからないこともあるからです。

お住まいの地域にどのような助成制度があるのか、調べてみて不満がある場合は、医療保障ありの学資保険を検討してもいいでしょう。ただしその場合、返戻率には期待できません。

その他の特徴を比較

ソニー生命には米ドル建養老保険「学資プラン」もあり

前述しましたが、ソニー生命には外貨建てで学資金を積み立てるプランもあり、従来の円払のプランよりも高い返戻率が期待できます。保険料の支払いや保険金・解約返戻金の受取は米ドルのほか、円建てでも可能です。養老保険ですので、死亡保障と貯蓄性を兼ねているのも特徴。

為替変動による元本割れのリスクがある点、最低加入が2万米ドルとハードルがやや高い点などが、ネックといえばネックですので、加入を検討する場合は専任のライフプランナーに相談するといいでしょう。

フコク生命で好評の兄弟割引。その返戻率は…?

他社に見られない特徴として、フコク生命には兄弟割引があります。兄弟が同時に申し込まなくても有効で、月払の場合は満期保険金額10万円について10円割り引かれます。つまり、200万円の満期金なら毎月200円が割り引かれることになります。

兄弟割引で返戻率がどのくらい上がるのか試算したところ、返戻率が高いのはどっち?の紹介した《ジャンプ型・満期金額200万円・11年払で契約者30歳の場合》、105.5%が兄弟割引適用で106.2%になりました。

フコク生命の満期金受取時期は22歳しかない

フコク生命では、18歳の祝い金を子どもが17歳の11月に受け取ることができるので、大学の入学手続きに使いやすいプラン設定となっています。ただ、2つのタイプとも受け取る給付金の1/2に当たる満期金が22歳受取なので、子どもの誕生日によっては学費納入時期に間に合わないことも考えられます。

個別のプラン変更は可能なので、前倒しで受け取るよう変更もできますが、返戻率は下がってしまうので注意が必要です。

比較のまとめ

以上をもちまして、保険ソクラテスの見解では、次のように比較できます。

  • 返戻率:基本プランでは互角
  • 受取プラン:ソニー生命がやや有利
  • 短期払:短期間ではソニー生命、プラン数ではフコク生命
  • 医療保障:どちらも医療保障はなし
  • その他:ソニー生命には米ドル建てプラン、フコク生命には兄弟割引がある

全体としてソニー生命が有利という印象ですが、フコク生命の学資保険も個性が光ります。どちらを選ぶかは、当然ではありますが、各家庭の考え方にマッチした方でいいでしょう。

主婦200人が実際に選んだ学資保険ランキングでもさまざまな声が出ていますので、興味のある方はぜひそちらもご覧ください。

2020年主婦200人が選んだ学資保険は?

子持ち主婦200人が実際に選んだ学資保険人気ランキング2020
半年以内に学資保険に加入した主婦の方200人にアンケートを実施し、今最も人気の学資保険はどの商品なのか調べてみました。保険選びの決め手になった理由も添えてご紹介しますので、一つの目安として参考にしていただければ幸いです。[...]

関連記事

  • 「月払」「年払」でもなく「全期前納」or「一時払」?学資保険の保険料はどう払うのがお得なのか。「月払」「年払」でもなく「全期前納」or「一時払」?学資保険の保険料はどう払うのがお得なのか。 保険料の支払いは、毎月支払う「月払」のほか、半年分や一年分をまとめて支払う「半年払」、「年払」という形もあり、まとめて払うと少し保険料が安くなるというメリットがあります。その最たるものが、必要な保険料を全額まとめて先払いする「一時払」です。 「一時払」と同じく一括 […]
  • 今や学資保険の代わり?教育資金の積立にも使えそうな外貨建て終身保険今や学資保険の代わり?教育資金の積立にも使えそうな外貨建て終身保険 教育資金の積立用として人気の学資保険ですが、金融情勢のあおりを受け、保険会社はそれまでのような高い返戻率を期待するのが難しくなってきました。結果、学資保険ではなく、米ドルや豪ドルなどの外貨建て保険を利用する人が増えているようです。 将来必ず必要になる教育資金の積立を、不確 […]
  • 学資保険だけで教育費を賄うことは可能か?学資保険だけで教育費を賄うことは可能か? 教育費は「人生の三大出費」の一つと言われていますが、では、子供の教育費は一体いくらかかるのでしょうか? そして、それをどのように準備したらいいのでしょうか?世の中には、教育費に係る統計がたくさんあります。でも、その数字にはかなり幅があり、さまざまです。それは、統計をとる前提条件 […]
  • 「こども保険」と「学資保険」は何が違う?「こども保険」と「学資保険」は何が違う? 教育資金の貯蓄目的で入る学資保険ですが、「こども(子供)保険」の名称で売られている保険会社もあり、何が違うの?と思った人もいるのではないでしょうか。 結論から言うとほとんど同じなのですが、厳密には異なるもので、両者の違い詳しく解説します。 学資保険はこども保険の […]
  • SOMPOひまわり生命の「こども保険」を徹底分析 成長祝金をこまめに、万遍なく受け取りたい人に向いている学資保険。その代わり返戻率は思わしくありません。死亡保険やお見舞金・養育年金が付帯できるタイプを選ぶと返戻率が著しく下がります。保護者の万一に備えたい人には打って付けでしょう。 […]
コンテンツ一覧
必要性・貯蓄性を考える
保障機能を考える
学資保険は必要?選び方
税金を考える
いまどきの教育費用の実態
保険会社別商品レビュー
保険パンフレットの読み方ガイド
「マンガでわかる 9割の人が気がつかない保険のヒミツ」
総合トップに戻る
  • 保険ソクラテス
スポンサーリンク