• 学資保険の教科書
  • 学資保険は必要?選び方
  • 子供が既に大きい…学資保険は今からでも遅くない?

子供が既に大きい…学資保険は今からでも遅くない?

掲載: 

「子供が誕生したらすぐ加入」というイメージのある学資保険ですが、バタバタしている間にタイミングを逃してしまう場合もあるでしょう。特に二人目、三人目となると、子育てに忙殺されてうっかりすることもあるようです。

そうして気づいたら小学校高学年……10歳!? 学資保険は今からでも遅くないのでしょうか?

結論から言うと、加入できる商品は限られてくるし、大きく増えることは期待できないとなります。

まずは加入目的を明確にすること

そもそも、申し込み時点での子供の年齢に制限があり、10歳では加入できない保険会社が多いです。たとえば日本生命の「ニッセイ学資保険」は6歳まで、ソニー生命の「学資保険」では7歳までなど、多くの保険会社が小学校入学時までとなっています。

ところが、子供が大きくなった家庭でも学資保険を検討するご家庭が少なくないのは、当サイトにお寄せいただく質問量からも感じています。

その理由は、「親にもしものことがあっても確実に教育資金を準備するため」でしょう。加入目的がそこにあるなら、意義のあることだと思います。

一方、「お金を増やしたいから」という目的なら、これから学資保険に加入できても厳しいと思ってください。

10歳で加入できても貯蓄性があるかどうかは別の話

子供の年齢が10歳でも加入できる学資保険も、もちろんあります。ありますが、元本割れの覚悟が必要です。

たとえば、かんぽ生命「はじめのかんぽ」なら12歳まで、三井住友海上あいおい生命「&LIFEこども保険」なら11歳まで加入できますし、太陽生命「わくわくポッケ」では、プランによっては12歳まで加入できます。

詳細は当サイトの個別レビューを参考にしていただきたいのですが、保障型と呼ばれる、医療保障がセットになった学資保険の場合、貯蓄性が乏しいことは頭に入れておいてください。

逆に、満期保険金や祝い金の受取合計額が払込保険料を上回る、いわゆる返戻率の高い商品もあります。JA共済の「こども共済」のプランの一つ「学資応援隊」がそうです。契約者40歳、男性、22歳満期、保険料払込期間18歳までで、保険料が年払であれば、返戻率は101.8%になりました。契約者が50歳男性でも100.8%と、かろうじて100%越え。

他社が契約年齢で対象外だったり、元本割れするなか、返戻率100%越えは検討に値すると思います。

貯蓄が苦手な体質なら遅れての加入もアリ

学資保険には入りそびれたけど、教育費を別の手段で貯めているなら、今さら慌てて加入する必要はありません。

しかし、子供が大きくなった今、学資保険への加入を悩んでいる人は、家計管理が苦手で教育費の準備が追い付いていないことはないでしょうか? 仮にそうだとすると、強制的に貯蓄できる学資保険は効果的かもしれません。

ただし! 中途解約しては元も子もありませんから、保険料は無理のない金額で設定してください。

子供が10歳時点で学資保険に加入するメリットとデメリット

ある程度大きくなった子供のために学資保険に加入するにあたり、メリットとデメリットを整理します。

メリットはなんと言っても、親(契約者)にもしものことがあっても教育費が確実に確保できることですね。冒頭で述べたとおり、学資保険ならではの強みです。ほかには、保険料として強制的にお金を取り分けられることです。

デメリットは、中途解約では解約返戻金が払込保険料を下回ることが一つ。また、10歳時で選べる学資保険の数が少ないため、満期まで保険をかけても払込保険料より受取総額が少なくなる可能性が高いことです。

家計の見直しも考えよう

教育費は必要な時期がはっきり決まっているので、計画的に準備しやすいお金です。子供が10歳の時点でまったく準備できていないとしたら、今から本気の準備が必要です。新規の保険加入より、まずは基本に立ち返り、家計の見直しから始める必要があります。

なんとか「収入を増や」し「支出を減らす」工夫をし、教育資金を貯めていけるように家計の体質改善することをおすすめします。

2020年主婦200人が選んだ学資保険は?

子持ち主婦200人が実際に選んだ学資保険人気ランキング2020
半年以内に学資保険に加入した主婦の方200人にアンケートを実施し、今最も人気の学資保険はどの商品なのか調べてみました。保険選びの決め手になった理由も添えてご紹介しますので、一つの目安として参考にしていただければ幸いです。[...]

関連記事

  • 返戻率と利回りの違いは?利回りで考えると学資保険はおすすめできない?返戻率と利回りの違いは?利回りで考えると学資保険はおすすめできない? 子供の教育資金を貯める手段として、まず思いつくのが学資保険だと思います。そこで、「学資保険で貯蓄を」と考える場合に知っておきたい「返戻率」と「利回り」の違いについて解説したうえ、学資保険は教育資金を貯める手段としておすすめできるのかについて考えます。 […]
  • 今や学資保険の代わり?教育資金の積立にも使えそうな外貨建て終身保険今や学資保険の代わり?教育資金の積立にも使えそうな外貨建て終身保険 教育資金の積立用として人気の学資保険ですが、金融情勢のあおりを受け、保険会社はそれまでのような高い返戻率を期待するのが難しくなってきました。結果、学資保険ではなく、米ドルや豪ドルなどの外貨建て保険を利用する人が増えているようです。 将来必ず必要になる教育資金の積立を、不確 […]
  • 教育ローンの概要と比較教育ローンの概要と比較 学資保険や貯蓄だけで教育資金が不足する場合、まずは奨学金が利用できないか検討するのが先決です。しかしながら、奨学金の対象にならないなどの理由で利用できない場合は、教育ローンを利用するという方法があります。 […]
  • 主婦200人が実際に選んだ『2020年の学資保険人気ランキング』主婦200人が実際に選んだ『2020年の学資保険人気ランキング』 ここでは、1年以内に学資保険に加入した主婦の方200人にアンケートを実施し、今最も人気の学資保険はどれなのかを調べてみました。商品選びの決め手になった理由も添えて紹介しますので、一つの目安として参考にしていただければ幸いです。 学資保険人気ランキング ソニー […]
  • 教育費の積立に使う価値あり?ジュニアNISAのメリット・デメリットを考える教育費の積立に使う価値あり?ジュニアNISAのメリット・デメリットを考える 超低金利政策の影響で学資保険の返戻率が下がっていくなか、「他に良い手段はないか」と探している子育て世帯も多いようです。そこで、少しリスクもあるけれど、教育資金を準備するのに有利な手段の候補として挙げられるのが、2016年から始まった「ジュニアNISA」ではないでしょうか。ここで […]
コンテンツ一覧
必要性・貯蓄性を考える
保障機能を考える
学資保険は必要?選び方
税金を考える
いまどきの教育費用の実態
保険会社別商品レビュー
保険パンフレットの読み方ガイド
「マンガでわかる 9割の人が気がつかない保険のヒミツ」
総合トップに戻る
  • 保険ソクラテス
スポンサーリンク