• 医療保険の教科書
  • 医療保険の賢い選び方
  • 専業主婦(夫)に医療保険は必要か?貯蓄額や家族にかかる負担から考える

専業主婦(夫)に医療保険は必要か?貯蓄額や家族にかかる負担から考える

掲載: 

限られた予算のなかで「やりくりして保障を買う」ということであれば、専業主婦(夫)の優先順位は低いと言えるのではないでしょうか。もちろん不必要ということではなく、あるに越したことはありません。「安心を買う」ということでは大いに役に立ちますし、もしものときには機能する保障です。

しかし優先順位で考えれば、まず一番は家計の担い手の医療保障をしっかり確保することです。職種にもよりますが、一家の大黒柱が病気やケガで入院することによって、「収入が減るかもしれないリスク」があるからです。

もちろん、専業主婦(夫)ならではのリスクもあります。主婦(夫)が入院して家事ができなくなれば誰かが代わりにやらなければならないですし、外食代や交通費など、普段かからない余計な出費も発生するでしょう。家計には少なからず影響を及ぼします。

 


リスクをカバーする方法は医療保険に限らない

しかし、そもそも、病気やケガで入院した場合の不時の出費リスクをカバーする方法が医療保険なのかどうかは、その人の考え方によって違ってきます。

保険に頼らず貯蓄で賄うという人もいるでしょう。また、保険に頼るとしても、

  • その不時の出費で貯蓄を減らしたくないのか、または貯蓄がないのか
  • 貯蓄では賄いきれない場合に絞って保険に頼るのか

によって、保険の加入の仕方は違ってきます。

現在の一般的な医療保険は、いろいろな特約があるにせよ、基本は入院することが前提で、入院日数が長くなればなるほどもらえる給付金も多くなります。入院時にかかる費用も入院日数が長くなればなるほど多くなります。入院日数が短縮化している傾向にある昨今、数日の入院のために、毎月いくら保険料を払うのかを冷静に考えてみる必要があるかもしれません。

どこにリスクがあるのかを考える

では、一般的に入院日数の平均はどの位なのか、さらにどんな病気にかかると入院日数が多くなる傾向にあるのでしょうか。

厚生労働省の患者調査(平成26年度)によると、平均在院日数は全年齢で31.9日です。もう少し細かく見てみると、35歳から64歳では24.4日、65歳以上の高齢者は41.7日ですから、高齢者の入院日数が平均値を押し上げていることがわかります。

さらに傷病別でみると、精神・神経系の疾患、循環器系疾患が比較的長く、特に脳血管疾患では全年齢平均で89.5日、35歳から64歳でも46.9日となっています。

幸い、高額療養費制度によって1ヶ月(月初~月末)にかかる費用には上限額が設けられているので、出費は限定されます。一家の大黒柱の収入にもよりますが、一般年収(約370万円~約770万円)で約8万円~9万円が医療費の限度額です。

ただし、食事代、差額ベッド代、保険の効かない治療費は高額療養費制度の対象外なので、すべて自己負担になります。

そう考えると、入院日数が長くなりやすい病気、保険が効かない治療を受けるかもしれない病気に絞って保険に加入するのが合理的な選択肢かもしれません。具体的には、精神・神経系、高齢期の入院を除けば、いわゆる三大疾病といわれている「がん、心疾患、脳疾患」でしょう。

冒頭で、「あるに越したことはない」と書きましたが、専業主婦(夫)であっても、三大疾病のリスクは保険でカバーしてもいいでしょう。

大切だと考える保障は、三大疾病で一時金が出る保険、少なくともがん保障です。

長生きした場合の女性のリスクは?

さらに付け加えたいのは、女性にとって必要なもう一つの保障があります。介護関連の保障です。

厚生労働省の病院報告平成301月分概数によると、平均在院患者数の総数126万2,713人であり、そのうち一般病床に入院しているのは69万1,208人です。

一方、厚生労働省介護保険事業報告(平成301月末によると、全国の要介護認定者数(要介護1~5)は、463万4,801人です。平成28年版高齢者白書によると、公的介護保険の介護サービス受給者数は全体の6割以上が女性です。

入院してもらえる医療保険も大切ですが、要介護と認定されてもらえる介護保障についても備えていた方が、平均寿命が長い女性には役立つかもしれません。

心に響くかどうかがポイント

現在、各保険会社は、自社商品の強みを前面に打ち出した新商品を”後出しじゃんけん”のように次々に発売しています。競争原理によって、最近の医療実態に沿った、生活者には有利な条件に思える商品が増えているように思います。つまり、選択が難しい時代になっているのです。

だからこそ、保険アドバイザーなどのプロに相談してみることが大切です。自分や家族の生活スタイルをもう一度振り返り、「自分が何を求めているのか」を掘り起こす作業をしてみてください。そのうえで、納得感のある手段を選ぶ。これが最適ではないかと考えています。

2019年プロFPが認めたおすすめの医療保険はどれ?

医療保険人気ランキング
プロFP25人が本音で評価 『2019年のおすすめ医療保険人気ランキング』
日頃から多数の保険相談を受けているプロFP25人に、おすすめできる医療保険をその理由とともに1つ答えてもらいました。ランキング化してまとめたので、医療保険選びの参考にしてください![...]

関連記事

  • 明治安田生命の「元気のミカタ」を徹底分析 【注】この商品は現在、販売を停止または終了している可能性があります。詳細は明治安田生命の公式サイトや取扱代理店などへお問い合わせください。主契約は終身入院保険(入院給付金)のみ。手術給付金も付いておらず、必要な保障はさまざまな特約を組み合わせて作り上げていくタイプの医療保険です […]
  • 手術給付金の落とし穴?健康保険内の手術なのに支払対象外の手術もある?!手術給付金の落とし穴?健康保険内の手術なのに支払対象外の手術もある?! 手術を受けたとき、医療保険に入っていれば手術給付金が出ますが、全ての手術が対象となるわけではありません。医療保険の対象にならず、手術給付金を受け取れない手術とはどのようなものなのでしょうか。  […]
  • 医療保険とは?医療保険の仕組みを徹底解説医療保険とは?医療保険の仕組みを徹底解説 医療保険ってどんな保険? 病気や怪我の治療にかかる経済的負担を軽減するもの、それが医療保険です。種類は大きく分けて2つ。政府が運営する公的医療保険(健康保険)と、民間の保険会社が販売する医療保険です。 日本ではほとんどの人が公的医療保険に加入していますが、健康保険だ […]
  • どんな特典が受けられる? 契約者付帯サービスの種類一覧と解説どんな特典が受けられる? 契約者付帯サービスの種類一覧と解説 医療保険の必要性と賢い選び方というページでは、保険料と保障内容に着目して解説していますが、保険選びの決め手になるのはもちろん人それぞれです。保険会社の経営状態を気にする人もいれば、営業担当者の誠実さを重視する人もいるでしょう。数年前から各社が力を入れている、契約者向けの無料付帯 […]
  • 朝日生命の「スマイルメディカルNext α」を徹底分析朝日生命の「スマイルメディカルNext α」を徹底分析 代理店専用商品の「スマイルメディカルNext […]
コンテンツ一覧
医療保険のカラクリ
医療保険の賢い選び方
参考になる医療費データ
公的な医療費補助制度
個別商品のレビュー
保険パンフレットの読み方ガイド
「マンガでわかる 9割の人が気がつかない保険のヒミツ」
総合トップに戻る
  • 保険ソクラテス
スポンサーリンク