• 自転車保険の教科書
  • 自転車保険の商品別レビュー
  • ソフトバンクの「自転車あんしん保険」を徹底分析

ソフトバンクの「自転車あんしん保険」を徹底分析

掲載: 

ソフトバンクと損保ジャパン日本興亜が共同で手がける自転車保険です。SoftBankのスマートフォン・タブレットから加入できる保険サービス「ソフトバンクかんたん保険」の新プランとして、他の6つの保険(女性保険や子供保険など)と共にリリースされました。

月額330円から加入でき、大手携帯キャリア3社のなかでは最もリーズナブルですが、はたして補償内容はどうなのか? じっくり調べてみました。


補償内容

補償内容は2コース。加入タイプは、本人型・夫婦型・家族型の3つがあります。

補償項目 コース
ちょこっと しっかり
死亡・後遺障害 300万円 700万円
入院給付金日額 5,000円 7,000円
手術給付金 入院:5万円
外来:2万5,000円
入院:7万円
外来:3万5,000円
個人賠償責任補償 5,000万円 1億円
示談代行 あり あり
弁護士費用等

余分な補償をそぎ落とした”超”がつくほどシンプルな補償内容と思いきや、入院を伴わない手術でも保険金を受け取れる設計は意外。また、サイト上ではわかりにくいですが、示談代行サービスも付いています。

個人賠償責任補償額は最高で1億円。最近の高額賠償事例を見ると、個人賠償責任補償額が5,000万円ではやや心細く、あまり保険料が変わらないのであれば「しっかりコース」の1億円のほうがいいでしょう。ただし、同時に付いてくる入院給付金日額7,000円という”豪華補償”の存在が気になります。

月払保険料

タイプ ちょこっと しっかり
本人 330円 580円
夫婦 520円 910円
家族 790円 1,440円
「ソフトバンクまとめて支払い」で決済
※ユーザー専用サイト「My SoftBank」上で確認可能

安さが魅力ですが、前述のとおり補償内容が少し頼りないため、同等の保険料を払うなら他社の自転車保険を検討したほうがよさそうです。

全体を通して

ソフトバンクユーザーにとっては、簡単、便利でお手頃な保険だとは思いますが、大切なのは補償内容です。万一のリスクと真剣に向き合い、じっくりと検討してください。

関連記事

  • 団体活動向けの自転車保険・スポーツ安全保険とは団体活動向けの自転車保険・スポーツ安全保険とは クラブやサークル活動など、競技として自転車に乗ることの方がメインの人は、チーム単位で加入できるスポーツ安全保険を利用する方法もあります。 公共財団法人「スポーツ安全協会」が取り扱う傷害保険で、原則5名以上のアマチュア団体を対象に損害補償保険を販売しており、スポーツ活動をは […]
  • サイクリング関連協会で加入する自転車保険サイクリング関連協会で加入する自転車保険 民間の保険会社で加入しなくとも、自転車関連の活動組織に入会することで自動的に加入できる自転車保険もあります。 ここでは、「JCA自転車総合保険」と「TEAM KEEP […]
  • 相次ぐ高額賠償事例! 自転車事故の加害者が負う経済的・社会的リスク相次ぐ高額賠償事例! 自転車事故の加害者が負う経済的・社会的リスク ここ数年、エコや健康志向を追い風に自転車愛好家が増えてきています。内閣府の調査によると、平成20年の自転車保有台数は約6,900万台で、年によって増減はあるものの、長期的に見れば増加傾向にあります。 ※出典:平成22年度 自転車交通の総合的な安全性向上策に関する調査  […]
  • 自転車の盗難保険は存在する? 愛車を盗まれないためにできること自転車の盗難保険は存在する? 愛車を盗まれないためにできること 自転車保険は、第三者の身体やモノを傷つけてしまった際の損害賠償金をカバーする個人賠償責任保険と、自分の怪我の治療費をカバーする傷害保険(正確には交通事故傷害保険)の2つで構成されているものがほとんどですが、このなかに盗難保険が含まれていないのはなぜでしょうか? 自転車事故 […]
  • 自転車保険に入るには? 加入の仕方と加入前に確認すべきこと 店頭、インターネット、スマートフォンなど、自転車保険は商品によってさまざまな加入ルートがあります。「店頭でいろんなことを質問したい」「スマホで気楽に入ったり辞めたりしたい」など、販売経路優先で商品選びをする人もいるため、ここでは主な加入方法を紹介します。 1.自転 […]
コンテンツ一覧
自転車保険の基礎知識
自転車事故を取り巻く現状
さまざまなタイプの自転車保険
自転車保険の商品別レビュー
総合トップに戻る
  • 保険ソクラテス
スポンサーリンク