• 火災保険の教科書
  • 火災保険の手続きや税金
  • 直販VS代理店 火災保険に「有利な加入の仕方」はあるか?

直販VS代理店 火災保険に「有利な加入の仕方」はあるか?

掲載: 

火災保険に加入したいと思ったとき、どこでどうやって入ればいいのでしょうか。他の保険と同じく、保険会社で直接契約する方法と、保険代理店を利用する方法とがありますが、他の保険とはやや様子が違う面もあります。詳しく見ていきましょう。


火災保険の直販は実は少ない

保険商品を販売しているのは保険会社です。それとは別に、保険会社の商品を紹介したり販売したりする専門のショップがあることはご存じでしょう。いわゆる保険代理店です。

生命保険が、保険会社の社員が営業して回っているイメージが強いのに対して、損害保険は、伝統的に代理店を通じた販売が大半を占めます。実に全体の9割が代理店による販売だとされています。それでも最近は、自動車保険を中心に直販を行う損保会社も増えてきました。いわゆるダイレクト型保険です。ですが火災保険に関してはまだまだ代理店が優勢です。

最近になって火災保険にも直販があらわれてきたのは、やはりインターネット通販の存在が大きいでしょう。今後は、ネットから見積もりや申込ができる直販型の火災保険も増えていくと思われます。

火災保険の代理店は不動産業・金融機関などが中心

保険代理店は大きく2つに分けられます。

1つは専業代理店やプロ代理店と呼ばれる、保険販売そのものが主たる事業である会社です。保険ショップなどがこれにあたり、最近は、複数の保険会社の商品を扱う乗合代理店もたくさんありますが、従来は特定の保険会社の販売代行を行うタイプが中心でした。現在、火災保険を扱うプロ代理店はどちらの形もたくさんあります。

代理店にはもう1つ、兼業代理店と呼ばれるものがあり、本来保険販売を主事業とはしていないけれども、業務の傍らで保険を販売する会社を言います。具体的には、自動車保険の販売を行う自動車ディーラーのようなケースを指し、実は損害保険はこのタイプの代理店から販売されるのが主流なのです。

火災保険の場合、兼業代理店として機能しているのは、不動産業者と金融機関です。

不動産業者はおもに賃貸に入居したとき、金融機関は住宅ローンを利用したときに、合わせて火災保険を案内し、販売するという形態になります。実際、今、火災保険に入っている人に、いつどうやって入ったか思い起こしてもらえば、「不動産屋さんか銀行に言われて入った」という人が多いはずです。

入り方別メリット・デメリット

つまり、火災保険の入り方は大きく3パターンあると言えます。

  • 保険会社の直販で入る
  • プロ代理店から入る
  • 不動産業者や金融機関を通じて入る

この3つでどんな違いがあるのでしょうか? いずれの入り方であっても、入る保険商品が同じであれば、補償内容などに違いはありません。しかし、直販以外はそもそも商品を自分では選べない場合もあります。その他にも、それぞれにメリット・デメリットがありますので、整理してまとめました。

■保険会社の直販で入る

メリット デメリット
  • ネット通販を利用すれば申込などが簡単かつスピーディー
  • 商品内容を自分でよく理解して選ぶ必要がある

■プロ代理店から入る

メリット デメリット
  • その後の管理や手続き、見直しをまとめて任せることができる
  • 乗合代理店の場合、複数の商品から比較して選べる
  • 特定損保会社の代理店では商品を選べない(自分でよく理解して選ばなくてはならない)
  • 乗合代理店の場合、代理店によっては、合わない商品を勧められてしまうおそれがある

■不動産業者や金融機関を通じて入る

メリット デメリット
  • 保険料などが有利な専用商品に入れることがある
  • 商品を自由に選べない

押さえておきたいのは、賃貸に入居するときや住宅ローンを利用するとき、不動産業者や金融機関から特定の商品を勧められても、必ずそれを選ばなくてはならない義務はないということです。(※ただし、住宅ローンによっては、ローン利用の条件として、一定の要件を満たす火災保険に入らなくてはならない場合があります。)

もっとも、上にまとめたとおり、兼業代理店では、有利な専用商品(特定の金融機関で住宅ローンを利用した人だけが加入できる商品など)が存在する場合がありますので、他と比較して良いと思えば加入して問題ありません。

直販やプロ代理店を通じて入る場合も、結局は、保険の内容をよく理解しておくことが必須になります。そのうえで、自分が一番良いと思った商品に、都合の良い方法で加入するのがいいでしょう。

まとめ:火災保険のおすすめの入り方

火災保険に入る際は、複数の商品について調べ、火災保険の知識を持ったうえで、以下の手順で考えてみましょう。

  1. 不動産業者や金融機関から勧められた商品があって、それが良いと思えば加入してよい。
  2. 自分で選んだ商品がネットなどで直販されており、簡単に手続きしたいときはネット通販を利用する。
  3. 自分で選んだ商品が直販されていないか、代理店に相談したり、その後のサポートも任せたりしたいと思ったら、代理店を利用する。

なお、保険代理店は、最近ではネットで探すこともできますし、目当ての商品の保険会社に問い合わせれば、自社商品を扱う最寄りの代理店を紹介してもらうことができます。

2020年プロのFPと保険代理店が本音で評価!

火災保険人気ランキング
火災保険のプロがおすすめする 『2020年の火災保険人気ランキング』
マイホームを守るのに欠かせない火災保険ですが、その内容は意外に複雑……。そこで、保険に詳しいプロのFPと、火災保険を取り扱っている保険代理店の職員に、しがらみなしで本気で入りたい(または入っている)保険を挙げてもらい、ランキングにしてみました![...]

関連記事

  • 「落下・飛来・衝突」「騒じょう」は何を補償してくれる?「落下・飛来・衝突」「騒じょう」は何を補償してくれる? 火災保険の補償範囲のひとつである「落下・飛来・衝突」。にわかに意味するところが掴みづらいですが、突発的に発生する事故的な損害を補償するものです。また、内容は異なりますが「騒じょう」や「集団による破壊行為」などと呼ばれる補償範囲も、セットになっていることが多いため、合わせて解 […]
  • 知っておきたい火災保険の保険料を安くするテクニック知っておきたい火災保険の保険料を安くするテクニック どうせ入るなら、少しでも保険料は安くしたいものです。そのために、各社に見積もりをとって比較するのはもちろんですが、どうすれば保険料を抑えることができるのかも知っておきましょう。 定期的な見直しで古い補償を発見する 火災保険は住まいがある限り入り続けるものです。しかし […]
  • 保険金請求がすみやかに出来ない場合の対処法保険金請求がすみやかに出来ない場合の対処法 火災保険に限らず、保険というものは保険金が支払われる状況になったとしても、加入者が請求を行わなければ受け取ることはできません。しかし諸々の事情で保険金請求がスムーズに行えなかったり、最悪、請求漏れになるケースもあると言います。ここでは事例を挙げて、そういった場合の対策や予防 […]
  • 長期 vs 短期! 火災保険はどちらで契約するのがいい?長期 vs 短期! 火災保険はどちらで契約するのがいい? 火災保険の契約期間について考えてみましょう。火災保険は長期で契約するほど、保険料は割り引かれるため、お財布的には得をすると言えます。では、長期契約は短期契約よりも常に優れているのでしょうか? 契約期間とそのメリット・デメリットを整理しました。 《メリット》長期契 […]
  • 火事が他人の家に燃え移ったときの損害を補償する「類焼損害補償」は必要か?火事が他人の家に燃え移ったときの損害を補償する「類焼損害補償」は必要か? 火災保険の補償を眺めていると、「類焼損害補償」という特約がある場合があります。この補償は何のためにあるのでしょうか? 必要性は高いのか、考えてみたいと思います。 類焼損害補償は、他家の火災保険の不足を補う保険 まず、これは自身の家が火元となって火事が起き、それが […]
コンテンツ一覧
火災保険の基礎知識
火災保険が出る時、出ない時
火災保険の賢い選び方
火災保険の手続きや税金
火災保険の商品別レビュー
総合トップに戻る
  • 保険ソクラテス
スポンサーリンク