• 火災保険の教科書
  • 火災保険の基礎知識
  • 住所が違うと2倍以上の開きも! 火災保険の保険料はこれで決まる

住所が違うと2倍以上の開きも! 火災保険の保険料はこれで決まる

掲載: 

火災保険の保険料は何によって決まるのでしょうか。ひとつはもちろん、補償内容です。建物だけでなく家財も補償する、火災に加えて水災・風災も補償する、など、補償内容を手厚くしていけば、そのぶん保険料は高くなっていきます。

それとは別に、火災保険の保険料に影響を与えるものとして、「建物の構造」と「地域」があります。 自動車保険では、車種・年式、走行距離などが影響しますが、火災保険の場合は、対象が住まいですので、その構造や、どんな立地にあるかなどが関係してくるのです。

火災保険の保険料の決まり方をひもといていきましょう。    


建物の構造は3種類、面積や築年数にも左右される

保険会社に見積もりを依頼したり、サイトでシミュレーションしたりするときは、必ず建物の構造を聞かれます。火災保険では、建物の構造を3種類に分類し、保険料算定の根拠にしています。

火災保険の見積もりに使用される分類とは、M構造(マンション構造)、T構造(耐火構造)、H構造(非耐火構造)の3つです。  

M構造 下記のいずれかに該当する共同住宅、または耐火建築物の共同住宅。

・コンクリート造建物
・コンクリートブロック造建物
・レンガ造建物
・石造建物

T構造 下記のいずれかに該当する建物、または耐火建築物、準耐火建築物、省令耐火構造建物の建物で共同住宅でないもの。

・コンクリート造建物
・コンクリートブロック造建物
・レンガ造建物
・石造建物 ・鉄骨造建物

H構造 M構造・T構造に該当しない建物。 木造建物や土蔵造建物など。

マンションであれば基本的にM構造であり、鉄骨造りの戸建はT構造、木造住宅はH構造です(一部、例外もありますが、だいたいこのようになります)。

戸建の家で、構造がわからない場合は、建築時に作成される「建築確認申請書」という書類を確認すれば記載されています。この書類は建築の際に必ず作成されていますので、建売の場合も、購入したときに権利書などと合わせて受け取っているはずです。構造は建築確認申請の四面にある「耐火建築物欄」に記載されています。

”燃えにくさ”が保険料に影響する

保険料の関係で言うと、当然、木造よりも鉄骨のほうが火災には強いですから、M構造の保険料がいちばん安く、次にT構造が安く、H構造は高い、という形になります。

また、建物の面積(延床面積)も、保険料に影響します。単純に、広い家ほど火災時のリスクは高い(失うものが大きい)のですから、保険料は高くなっていきます。築年数も、古い家ほど火災などの際のリスクが高いと考えられ、保険料は高くなります。  

実際に、構造の違いで保険料がどのくらい変わるのか見てみましょう。セゾン自動車火災保険のサイトにあるシミュレーションで、「東京都・築1・一戸建て」という条件で、保険金2,000万円、建物の基本補償のみ(火災のみを補償)で、構造だけを変えて保険料を見積もりしてみました。  

構造 保険料(年額)
T構造 4,000円
H構造 9,800円

T構造とH構造では、他の条件がまったく同じでも保険料が2倍以上。建物の構造は重要な要素となっているのがわかります。

自然災害のリスクを考慮し、住所によって保険料が変わる

火災保険は、住所(建物のある地域)によって保険料の体系が異なります。 一見、不思議に思えるかもしれませんが、火災保険は風災や水災といった自然現象による被害も補償するものと考えれば理解できるでしょう。

  • 統計的に台風がよくくる地域かどうか?
  • 年間の降雨量・降雪量は?

といった要素が自然災害のリスクとして加味されます。

セゾン自動車火災保険のサイトにあるシミュレーションで、「築1年・一戸建て・T構造」という条件で、保険金2,000万円、建物の基本補償のみ(火災のみを補償)で、地域だけを変えて保険料を見積もりしてみました。  

地域 保険料(年額)
北海道 3,800円
岩手県 4,200円
愛知県 4,200円
大阪府 4,000円
香川県 3,600円
山口県 4,200円
福岡県 2,800円
沖縄県 2,800円

大きいところで2倍近い開きがあります。

ちなみに、地震保険もやはり地域で料金が違ってきますが、火災保険とは傾向が異なります。たとえば東京は火災保険は安いほうですが、地震保険は高い地域です。これは建物の密集度など、地震の際のリスクや、過去の地震被害の統計などをもとに考えられているためです。

2020年プロのFPと保険代理店が本音で評価!

火災保険人気ランキング
火災保険のプロがおすすめする 『2020年の火災保険人気ランキング』
マイホームを守るのに欠かせない火災保険ですが、その内容は意外に複雑……。そこで、保険に詳しいプロのFPと、火災保険を取り扱っている保険代理店の職員に、しがらみなしで本気で入りたい(または入っている)保険を挙げてもらい、ランキングにしてみました![...]

関連記事

  • 地震保険はこんな時支払われる?もらえる・もらえないをケース別に解説地震保険はこんな時支払われる?もらえる・もらえないをケース別に解説 保険の請求は契約者本人が行う必要があります。地震で被害を被ったら、契約者が被害状況を保険会社に説明し、定められた手続きを経て保険金を受け取る流れです。 このときに知っておきたいのが、地震保険はどんな時に支払われ、どんな時に支払われないのか。請求関連で無駄骨を折らないために […]
  • 楽天損保「ホームアシスト」を徹底分析楽天損保「ホームアシスト」を徹底分析 このページで紹介する「ホームアシスト」は、野村グループの一員である旧朝日火災が販売していた火災保険ですが、2018年4月に楽天が完全小会社化。社名も「楽天損害保険」と変更されています(2018年7月2日より)。ただ、火災保険の商品そのものは継続しているので、旧朝日火災時代の […]
  • JA共済「建物更生共済むてき」を徹底分析JA共済「建物更生共済むてき」を徹底分析 「建物更生共済むてき」はJA共済が扱っている火災共済です。地震の補償も含んでいるのと、満期金があるのが大きな特徴です。 JA共済は、本来は、農家の相互扶助組織であるJAのための共済ですが、「員外利用」という形で、農業従事者でなくても利用できます。他の共済組合同様、出資金を […]
  • 損保会社が破綻したら、火災保険はどうなる?損保会社が破綻したら、火災保険はどうなる? もしも加入している火災保険の保険会社が破綻してしまったらどうなるのでしょうか? 保険会社自体は民間のものですが、保険は公益性が高い存在であるため、万一に備えて補償の仕組みがあります。 火災保険の保険金は、破綻後3か月間は100%補償される 国内で活動している保険 […]
  • 保険金は全額支払われるのか?実際の補償額が決まる仕組み保険金は全額支払われるのか?実際の補償額が決まる仕組み 火災保険は生命保険と違い、契約している補償額がそのまま下りるわけではありません。あくまで発生した損害額(実損額)しか受け取れない点に注意してください。 たとえば、A社1,000万円、B社800万円、C社500万円の契約だとして、損害額が1,000万円だった場合は、3社を合 […]
コンテンツ一覧
火災保険の基礎知識
火災保険が出る時、出ない時
火災保険の賢い選び方
火災保険の手続きや税金
火災保険の商品別レビュー
総合トップに戻る
  • 保険ソクラテス
スポンサーリンク