地震保険の加入率とあなたの地域の被災リスク

掲載: 

地震保険の加入率はどのくらいなのでしょうか。火災保険には入っていても、地震保険には加入していない世帯は意外と多そうです。そこで、損害保険料率算出機構がまとめた各都道府県の世帯加入率を調べてみました。

都道府県別の地震保険世帯加入率(最新版)

都道府県 世帯加入率(%) 都道府県 世帯加入率(%) 都道府県 世帯加入率(%)
北海道 24.0 石川 25.5 岡山 23.9
青森 21.0 福井 27.9 広島 30.1
岩手 23.7 山梨 32.6 山口 25.6
宮城 52.1 長野 21.9 徳島 29.5
秋田 21.8 岐阜 35.6 香川 32.4
山形 21.9 静岡 30.9 愛媛 25.1
福島 30.1 愛知 41.0 高知 26.4
茨城 29.2 三重 28.8 福岡 35.4
栃木 28.6 滋賀 28.5 佐賀 22.8
群馬 22.5 京都 30.4 長崎 16.6
埼玉 31.8 大阪 32.2 熊本 38.5
千葉 33.6 兵庫 27.9 大分 25.6
東京 37.0 奈良 29.6 宮崎 26.8
神奈川 35.5 和歌山 26.1 鹿児島 27.1
新潟 21.9 鳥取 26.0 沖縄 15.4
富山 22.2 島根 17.1 合計 31.2

※1 世帯加入率は、当該年度末の地震保険契約件数を当該年度末の住民基本台帳に基づく世帯数で除した数値。 ただし、2013年度以降の世帯加入率は、当該年度12月末の地震保険契約件数を当該年度1月1日時点の住民基本台帳に基づく世帯数で除した数値。
※2 本表は居住用建物および生活用動産を対象として損害保険会社が取扱っている「地震保険」のみの数値であり、各種共済については含みません。
※3 上記の数値は、いずれも速報値です。

全国平均は31.2%。7割位上の世帯が地震保険に加入していないことが判明しました。最も高いのは宮城県で52.1%、実に約半数の世帯が加入しています。逆に、長崎県が最も低く16.6%、次いで沖縄が15.4%と、地震被害に対する関心は薄いよう。愛知県の41.0%は、今後も警戒される東海地震に対する意識の表れでしょうか。

意外に低い加入率でしたが、東日本大震災を機にその重要性が再認識されたのは確かで、地震が起きた2010年度から2011年においての火災保険付帯率は全体で5.6%も伸びています。福島県は40.1%から58.1%増で18.1%にまで上昇。地震対策への意識がはっきりと見て取れます。

出典:損害保険料率算出機構(2017年度)
出典:損害保険料率算出機構(2017年度)

あなたの地域の被災リスクは?ハザードマップで予測する

自分の居住地域がどれだけ自然災害を受けやすいのか、もしものときのためにも、その予測値を事前に把握しておくのは大切なことです。

方法は簡単。国土交通省が運営する『ハザードマップポータルサイト』にアクセスすれば、自然災害における各地の被害範囲や程度が予測表示されています。少しサイトの見方が複雑ですが、各災害(地震防災・危険度・洪水・高潮・津波など)と地方を選び、詳細を追っていけば目的の情報にたどりつくことができます。

ハザードマップポータルサイト

//disapotal.gsi.go.jp/index.html

土地条件を見る」からは、各地の形状や地盤の高低、干拓、埋め立ての歴史など、土地の生い立ちを見ることができ、そうした詳細情報からある程度の災害リスクを推定することが可能。土地条件は被害の予測に欠かせない情報なので、こちらも一度くらいは目を通しておくとよいと思います。

また、ポータルサイトでなくとも、地域の実情に応じて各市区町村が独自に掲載している場合もあり、避難経路や避難場所、災害時の心得等、役立つ知識が掲載されています。

2018年プロのFPと保険代理店が本音で評価!

地震・火災保険人気ランキング
損害保険のプロがおすすめする 『2018年の地震・火災保険人気ランキング』
地震保険はどの会社で加入しても保険料・補償内容は同じで、火災保険とセットで入る決まりになっています。つまり、どの火災保険と組み合わせるかが選び方のポイントになるということ。そこで、保険に詳しいプロのFPと、火災保険を取り扱っている保険代理店の職員に、しがらみなしで本気で入りたい(または入っている)火災保険を挙げてもらい、ランキングにしてみました![...]

関連記事

  • 賃貸住まいの人なら使いやすい「ミニ保険(少額短期保険)」の火災保険賃貸住まいの人なら使いやすい「ミニ保険(少額短期保険)」の火災保険 最近、「ミニ保険」という呼ばれる保険商品が増えてきているのをご存知でしょうか。正確には「少額短期保険」という保険で、一般の保険とは制度上の違いがあることから、実にさまざまな種類が販売されています。 もちろん、火災保険にあたる商品もありますが、一般の火災保険や火災共済などと […]
  • 保険金請求がすみやかに出来ない場合の対処法保険金請求がすみやかに出来ない場合の対処法 火災保険に限らず、保険というものは保険金が支払われる状況になったとしても、加入者が請求を行わなければ受け取ることはできません。しかし諸々の事情で保険金請求がスムーズに行えなかったり、最悪、請求漏れになるケースもあると言います。ここでは事例を挙げて、そういった場合の対策や予防 […]
  • 自分にぴったりの商品を探せる「火災保険選びの5STEP」自分にぴったりの商品を探せる「火災保険選びの5STEP」 火災保険の中から、自分に合った商品を選ぶには比較検討することが重要ですが、比較に先立って、火災保険の基本的な仕組みを理解しておくことと、自分にとっての重要事項を整理しておくことが必要です。ここでは火災保険選びの手順をまとめました。 STEP1 保険の目的をはっきり […]
  • よそからの延焼や、消防活動で被った損害は補償される?よそからの延焼や、消防活動で被った損害は補償される? 「自分は注意深いので火事を起こしたりはしない!」という人でも、他人が起こした火事のもらい事故は防ぎようがありません。 今回は、延焼被害と火災保険についての注意点をまとめました。 延焼で受けた被害を、火元に補償してもらうことはできない まず大原則として、もらい火 […]
  • 火災保険は必要なのか? 住まいのリスクにまつわる3つのポイント火災保険は必要なのか? 住まいのリスクにまつわる3つのポイント 火災保険は、損害補償保険の一種で、火災などで住まいが被害を受けた場合、損害が補償される保険です。万一、自宅が火事に見舞われたことを想像すると、保険があれば心強いように思えますが、なんでもかんでも保険に入ればいいというものではありません。 ここでは、火災保険の必要性について […]
火災保険に戻る
  • 火災保険の教科書
総合トップに戻る
  • 保険ソクラテス
スポンサーリンク