長期 vs 短期! 火災保険はどちらで契約するのがいい?

掲載: 

火災保険の契約期間について考えてみましょう。火災保険は長期で契約するほど、保険料は割り引かれるため、お財布的には得をすると言えます。では、長期契約は短期契約よりも常に優れているのでしょうか?

契約期間とそのメリット・デメリットを整理しました。


《メリット》長期契約で保険料が20~30%割安になる

火災保険契約における短期とは、おおむね、「1年(以内)」契約を短期としています。それを超えるものは長期扱いになり、「5年」「10年」といった単位で契約するのが一般的です。

最長は「36年」で、これは新築時に住宅ローンに合わせて加入することを想定しているものです。ただし、法改正により、2015年10月以降は10年を超える新規の長期契約はできなくなることが決まっています(改正前に契約した10年超契約については維持されます)。

長期契約することのメリットは、なんといっても保険料が割安になることです。各保険会社が定める「長期係数」というものがあり、本来の保険料にこれを掛けたものが長期契約時の保険料になります。いわば「割引率」です。

参考に、損保ジャパン日本興亜のサイトに掲載されていた長期係数表(2015年8月時点のもの)を見てみましょう。

1年 1.00 19年 14.60
2年 1.85 20年 15.25
3年 2.70 21年 15.90
4年 3.50 22年 16.55
5年 4.30 23年 17.20
6年 5.10 24年 17.80
7年 5.90 25年 18.45
8年 6.70 26年 19.05
9年 7.45 27年 19.65
10年 8.20 28年 20.25
11年 8.95 29年 20.85
12年 9.70 30年 21.45
13年 10.40 31年 22.00
14年 11.15 32年 22.60
15年 11.85 33年 23.15
16年 12.55 34年 23.70
17年 13.25 35年 24.25
18年 13.90 36年 24.80

出典:特約火災保険の保険金額・保険期間・保険料

この表の見方を解説しましょう。短期契約(1年)を更新し続けた場合、保険料を単純に年数ぶん支払うと考えてください。2年であれば、1年ぶんの保険料×2を支払います。これを、あらかじめ2年で契約した場合は、長期係数の2年の欄が「1.85」ですので、1年ぶんの保険料×1.85の保険料を支払えばよく、短期契約より割り引かれることになります。

最長の36年契約ですと、本来なら×36のところを×24.8でいいのですから、30%以上割り引かれていることになります。仮に年間の保険料が5万円だった場合、短期契約で36年契約したら支払総額は180万円です。長期契約ですと、総額は124万円で済みます。保険期間が10年の場合でも短期の更新なら50万円、長期契約なら41万円で、およそ20%の割引です。

しかし、繰り返しますが、2015年10月以降、大幅な割引率であった10年超の長期契約は不可能になり、また、10年以内の長期係数にも改訂があると予測されます。

《デメリット》一括払の一時負担と、見直しのキッカケを失う

長期契約のデメリットについて、先に結論をまとめると以下のような点が挙げられます。

  • 一括の支払いになるため、一時的には負担が大きい
  • 見直しのキッカケが少なくなるため、いつのまにか補償が合わなくなる可能性がある

長期契約は、年あたりの支払保険料は割安にはなりますが、原則として一括払が前提なので、長期になればなるほど、一時の負担は大きくなります。

そして、見直しのキッカケが少なくなるという問題があります。短期契約ですと、定期的に更新の案内がきますが、長期契約ではその間隔が開きます。毎年更新手続きの手間がないという意味ではメリットなのですが、その裏返しとして、「長期間、ほったらかしになってしまう」というデメリットがあるのです。

長期契約の間、普段は使わない火災保険のことは意識しないでしょうから、契約内容も忘れてしまいがちです。契約内容を忘れて、見直しもしないままだと、いつのまにか、環境が変わって補償が合わないものになっていることにも気づかず、いざというときに困ったというケースにもなりかねません。

逆に言えば長期契約であっても、定期的に見直しをすることで常に適切な補償内容をキープでき、かつ、一括払による一時負担に問題がないのであれば、長期契約のデメリットはなくなり、保険料割引のメリットのみを享受できると言えます。

結論:見直しを忘れないなら長期契約を選んだほうがトク

しつこいようですが、2015年10月以降、10年超の長期契約ができなくなります。「ならば、契約できるうちにしてしまったほうがトクなのでは?」と考える人もいるでしょう。その答えは、述べたように、

  • 長期契約をしても常に見直しを忘れない
  • 一括払による高額な負担を受け入れられる

という条件次第になります。上記がOKならば、長期契約のほうが割安になるので、おすすめできます。

ちなみに、長期契約をしても、途中で補償内容を変更することはできますし、途中解約も可能です。解約した場合、保険期間が経過していないぶんの保険料は返却されます。

2020年プロのFPと保険代理店が本音で評価!

火災保険人気ランキング
火災保険のプロがおすすめする 『2020年の火災保険人気ランキング』
マイホームを守るのに欠かせない火災保険ですが、その内容は意外に複雑……。そこで、保険に詳しいプロのFPと、火災保険を取り扱っている保険代理店の職員に、しがらみなしで本気で入りたい(または入っている)保険を挙げてもらい、ランキングにしてみました![...]

関連記事

  • 全労済「住まいる共済」を徹底分析全労済「住まいる共済」を徹底分析 住まいる共済は全労済の共済です。一口100円で最低10口(1,000円)の出資金を出資することで組合員となり、住まいる共済をはじめとする、全労済の共済を利用できます。なお、出資金は、解約するなどして組合を脱退するときには返金されます。 主な補償内容 プランと主契 […]
  • 損害額とは別に費用を補償する「費用保険金」とは?損害額とは別に費用を補償する「費用保険金」とは? 火災などで発生した損害を補償する火災保険はですが、このとき、本来の補償金額とは別に受け取れる保険金が存在します。火災などに遭うと、住まい・家財が損害を受けるだけでなく、付随してさまざまな費用が発生します。たとえば火災後の後片付けや、家が住めなくなったために発生するホテル代な […]
  • 賃貸住まいの人なら使いやすい「ミニ保険(少額短期保険)」の火災保険賃貸住まいの人なら使いやすい「ミニ保険(少額短期保険)」の火災保険 最近、「ミニ保険」という呼ばれる保険商品が増えてきているのをご存知でしょうか。正確には「少額短期保険」という保険で、一般の保険とは制度上の違いがあることから、実にさまざまな種類が販売されています。 もちろん、火災保険にあたる商品もありますが、一般の火災保険や火災共済などと […]
  • 「火災共済」は火災保険の代わりに使えるか?「火災共済」は火災保険の代わりに使えるか? 自動車保険に対して自動車共済があるように、火災保険に対しても火災共済があります。ここでは、火災共済は火災保険となにか違いがあるのか、その特徴などを見ていきます。 共済と保険の根本的な違いをおさらい 保険と共済は、実質的には同じように扱われますし、同じように利用で […]
  • 地震保険が必要なのはどんな世帯? マイホーム、賃貸、ローン残高などから考える地震保険が必要なのはどんな世帯? マイホーム、賃貸、ローン残高などから考える 東日本大震災を機に、地震保険への注目が一気に高まりました。地震大国である日本に生活拠点を置く限り、地震に対する備えはあるに越したことはないでしょう。しかし、2012年末の損害保険料率算出機構によれば、地震保険の世帯加入率は約3割弱で、実に7割強の人が「保険での対策」を特にしてい […]
コンテンツ一覧
火災保険の基礎知識
火災保険が出る時、出ない時
火災保険の賢い選び方
火災保険の手続きや税金
火災保険の商品別レビュー
総合トップに戻る
  • 保険ソクラテス
スポンサーリンク