「火災共済」は火災保険の代わりに使えるか?

掲載: 

自動車保険に対して自動車共済があるように、火災保険に対しても火災共済があります。ここでは、火災共済は火災保険となにか違いがあるのか、その特徴などを見ていきます。


共済と保険の根本的な違いをおさらい

保険と共済は、実質的には同じように扱われますし、同じように利用できますが、法律上は異なる存在です。違いは、保険が不特定多数の誰でも加入できるものであるのに対して、共済は特定の範囲の人だけが加入できるものであることです。しかし「○○県民共済」なら、特定の県に住んでいる人しか入れませんが、「全労済」や「コープ共済」といった大手共済は、実質的には誰でも加入できると言って差し支えありません。「JA共済」も本来はJAの組合員のためのものですが、「員外利用」や「准組合員」という形で加入することができます。

共済は非営利事業であるため、集まった掛け金の余剰金が還元される割戻金の仕組みがある点も大きな違いです。このため、共済は保険と比べると保険料(掛け金)が安いことが多いです。

火災共済の特徴と補償内容

大手共済のいずれもが、火災共済を取り扱っています。内容については、火災を中心とした、事故や自然災害によって住まいに発生した損害を補償するもので、保険の目的を建物と家財に分けて考える点は火災保険と同じです。

火災保険ほど細かく補償対象を分けてカスタマイズできる商品はなく、おおざっぱに「火災」とそれ以外(「風水害」や「自然災害」などと呼ばれることが多いです)に分かれています。ただし、ここでいう「火災」には「水濡れ」なども含んでいて、火災保険とは補償範囲の区分けが少し違います。おおむね、以下のような範囲分けになっていると考えてください。

一般の火災保険の補償範囲 火災共済での補償範囲※
火災、落雷、破裂・爆発 火災
水濡れ
落下・飛来・衝突
盗難・損傷・汚損
騒じょう
風災・ひょう災・雪災 風水害(自然災害)
水災

※共済によって、一部異なることがあります。

火災保険なら「風災・ひょう災・雪災」と「水災」は別の補償範囲として、「水災」だけ外すといったことができましたが、火災共済では、これらはまとめて「風水害」という補償範囲になります。カスタマイズ性は、火災保険のほうが優れていると言えるでしょう。

また、風水害(自然災害)の補償については、火災保険の水災補償のように、火災の補償額(保険金額)をもとに設定されるのですが、県民共済、全労済、コープ共済では全損の場合でも、火災の補償額の2050%の補償にとどまり、手厚いものとは言えません(一般の火災保険では、全損なら保険金額の70%が補償されるところですし、最近は全額補償される商品もあります)。

一般の火災保険に、水災の補償を厚くした商品が登場してきていることを考えると、この点は心許ないでしょう。しかし、共済でも、JA共済の「建物更生共済むてき」は、自然災害でも、火災と同額の補償があります。

地震保険は共済にはセットできない

火災共済も、火災保険同様、地震が原因で発生した損害は補償されません。

火災保険の場合、火災保険にセットする形で地震保険に入れば地震の補償がつけられますが、火災共済は火災保険ではないので、火災共済をベースにして地震保険に入ることはできません。

そのかわり、各共済では、地震について補償する別の共済(地震共済)や、火災共済の特約として地震への補償を用意しています。火災共済に入った人が地震の補償もつけたいと思った場合は、そうしたものを利用することになります。地震保険が、国が運営しているために補償や保険料が一律であったのに対して、地震共済は共済ごとに補償内容や掛け金が変わってきます。

「共済は安い」のは本当か?

共済は保険料(掛け金)が安い、というイメージがあると思います。都民共済、全労済、コープ共済、JA共済ではそれぞれ公式サイトで見積もりができますので、条件をできるだけ揃えて試算をしてみました。

  • 試算条件:東京都・戸建(コンクリート造)・20坪・302人世帯
  • 保険の目的:建物・家財両方
共済 掛け金(年額)
都民共済 1万560円
全労済 4万9,860円
コープ共済 4万9,860円
JA共済 18万2,073円

差が出ました。都民共済は安いと言っていいでしょう。全労済・コープ共済は、一般の火災保険とさほど違わない水準です。JA共済は非常に高額になってしまいましたが、この共済は、自然災害の補償に地震の補償も含む見積もりとなっているほか、傷害の補償などもあって、補償がかなり手厚くなっています。また、満期金がある積立型の商品であることも影響しています。代わりに、この共済は長期間加入していると、掛け金は下がっていく仕組みです。それにしても、安いとは言えないでしょう。

JA共済は特に高いのだとしても、必ずしも、共済だから保険よりもずっと安い、というわけではありませんでした。補償内容的にも保険に比べると見劣りする部分はあるため、積極的に共済を推す理由はありません。ただ、JA共済は掛け金が高いかわりに、手厚い補償があり、補償内容で比較するならば火災保険と並べて検討する候補には入ります。

2020年プロのFPと保険代理店が本音で評価!

火災保険人気ランキング
火災保険のプロがおすすめする 『2020年の火災保険人気ランキング』
マイホームを守るのに欠かせない火災保険ですが、その内容は意外に複雑……。そこで、保険に詳しいプロのFPと、火災保険を取り扱っている保険代理店の職員に、しがらみなしで本気で入りたい(または入っている)保険を挙げてもらい、ランキングにしてみました![...]

関連記事

  • 建物・家財の適切な補償額はどれくらい?建物・家財の適切な補償額はどれくらい? 火災保険の、補償額の決め方を考えてみましょう。 生命保険の場合、支払事由を満たす限り、あらかじめ設定された保障額(保険金額)を受け取ることができます。対して、火災保険などの損害保険は、原則として、発生した損害額を実費で補償します。契約時に設定する補償額とは、その上限という […]
  • JA共済「建物更生共済むてき」を徹底分析JA共済「建物更生共済むてき」を徹底分析 「建物更生共済むてき」はJA共済が扱っている火災共済です。地震の補償も含んでいるのと、満期金があるのが大きな特徴です。 JA共済は、本来は、農家の相互扶助組織であるJAのための共済ですが、「員外利用」という形で、農業従事者でなくても利用できます。他の共済組合同様、出資金を […]
  • 地震保険料控除とは? 地震保険で覚えておきたい税金控除の知識地震保険料控除とは? 地震保険で覚えておきたい税金控除の知識 地震保険の保険料は控除の対象になるのをご存知でしょうか? 平成18年以前は、火災保険・傷害保険料の一部を所得から差し引く『損害保険料控除』がありましたが、法改正によりこれが廃止。地震保険の加入を促進する目的を背景に、現在では地震保険の加入者のみが控除の対象になっています。 […]
  • 自分にぴったりの商品を探せる「火災保険選びの5STEP」自分にぴったりの商品を探せる「火災保険選びの5STEP」 火災保険の中から、自分に合った商品を選ぶには比較検討することが重要ですが、比較に先立って、火災保険の基本的な仕組みを理解しておくことと、自分にとっての重要事項を整理しておくことが必要です。ここでは火災保険選びの手順をまとめました。 STEP1 保険の目的をはっきり […]
  • 楽天損保「ホームアシスト」を徹底分析楽天損保「ホームアシスト」を徹底分析 このページで紹介する「ホームアシスト」は、野村グループの一員である旧朝日火災が販売していた火災保険ですが、2018年4月に楽天が完全小会社化。社名も「楽天損害保険」と変更されています(2018年7月2日より)。ただ、火災保険の商品そのものは継続しているので、旧朝日火災時代の […]
コンテンツ一覧
火災保険の基礎知識
火災保険が出る時、出ない時
火災保険の賢い選び方
火災保険の手続きや税金
火災保険の商品別レビュー
総合トップに戻る
  • 保険ソクラテス
スポンサーリンク