• 火災保険の教科書
  • 火災保険の賢い選び方
  • 賃貸住まいの人なら使いやすい「ミニ保険(少額短期保険)」の火災保険

賃貸住まいの人なら使いやすい「ミニ保険(少額短期保険)」の火災保険

掲載: 

最近、「ミニ保険」という呼ばれる保険商品が増えてきているのをご存知でしょうか。正確には「少額短期保険」という保険で、一般の保険とは制度上の違いがあることから、実にさまざまな種類が販売されています。

もちろん、火災保険にあたる商品もありますが、一般の火災保険や火災共済などと同等に考えてもいいものなのでしょうか? ミニ保険についての基礎を振り返りながら、その特徴を調べ、考えたいと思います。


ミニ保険=少額短期保険とは

ミニ保険こと少額短期保険は、2006年の保険業法改正により新設された制度です。もともと保険は公益性が高いため、新たに保険会社を興したり、保険商品を販売したりすることに対しては、非常に厳しい法の規制が敷かれていました。一方で、根拠法なく保険に類似した商品を扱う、いわゆる「無認可共済」が横行していたという現実があり、国が消費者保護の観点から、そうした保険に類似する商品とそれらを扱う事業者を保険業法の中に取り込もうとしたというのが背景にあります。

少額短期保険は、通常の保険よりも保険金額の上限は少額で、保険期間も短期間に制限されます。

小規模なものに制限するかわりに、本来なら正式な保険(会社)としては認められなかった商品や事業者も、保険業法のもとに、通常の保険に準ずるものとした制度です。少額短期保険を扱う業者を少額短期保険業者と言います。

現在、少額短期保険業者は約80社ほどあり、さまざまな少額短期保険を販売しています。死亡保障や医療保障といった、一般の保険と変わらない商品もある一方で、ペット保険や葬儀保険など、ニッチでユニークな商品もあるのが特徴です。

ミニ保険と一般の火災保険の5つの違い

ミニ保険の火災保険について見てみましょう。ミニ保険に課される制限の関係で、通常の火災保険とは異なる点があります。

1.保険の目的にできるのは「家財」だけ

ミニ保険は、家財にしか保険がかけられないという点が最も大きな違いでしょう。建物の保険としては使用できないわけです。そのため、ミニ保険の火災保険は、「家財保険」という名称になっているものが多く、基本的に賃貸に住んでいる人向けと考えていいでしょう。「マンション保険」のような名称のものもあります。

2.保険金額の上限は1,000万円

補償の範囲や内容については、通常の火災保険とほぼ同じです。ただし、補償額は上限が1,000万円と低く制限されています。目的は家財のみですので、建物よりは保険金額は低めになるとはいえ、人数が多い世帯ですと、若干、物足りないと感じる場合もあるでしょうか。また、この上限1,000万円というのは、少額短期保険の損害保険としての上限であり、個別の商品としては、もっと低い金額が上限である場合もあります。事前によく確認してください。

3.保険期間は2年以内

少額短期保険の保険期間は、第1分野(生命保険)で1年、第2分野(損害保険)で2年以内と定められています。火災保険ですと、2年ということになります。もちろん更新することは可能です。一般の火災保険も、長期契約が廃止になりましたし、この点は大きな問題ではないかと思われます。

4.地震保険は付帯できない

少額短期保険には地震保険をつけることができません。基本補償の一部として、地震に関する費用保険や見舞金補償、地震による被害で転居を余儀なくされた場合の引っ越し費用補償などがある商品は存在します。また、今のところ唯一の、地震の損害を補償する独立したミニ保険として、SBI少額短期保険株式会社から「地震補償保険リスタ」が販売されており、地震についての本格的な補償が必要であれば、そういったものを利用するしかありません。

5.万一、保険会社が破綻した場合の扱いが異なる

保険は公益性が高いため、保険会社が破綻した場合は法律により契約者が保護される仕組みがあります。通常の火災保険ですと、損害保険契約者保護機構による保護を受けることができます。

【参考】保険会社が破綻したら保険ってどうなるの?

具体的には、契約していた損害保険会社の破綻後3か月以内は、もしも保険事故が起こっても、契約していた保険金は削減されることなく支払われます。つまり、保険会社が破綻した場合も、別の契約先を見つけて新しい保険に切り替えられる猶予期間が3か月あるということです。

少額短期保険の場合、このような仕組みはありません。しかし、破綻したらすべてが終わりかというとそうでもなく、少額短期保険は一定金額を供託しておくことが義務付けられており、いざというときはそこから補償されるようになっています。ただし、一般の損害保険のように100%の保険金支払いが保証されてはおらず、供託されていた保証金の範囲内となります。これをもって、少額短期保険のほうが危ないと言い切ることはできませんが、もしもの場合のリスクは、一般の保険会社とは異なることは理解しておきましょう。

まとめ:ミニ保険の火災保険は使えるか?

以上を踏まえて考えると、ミニ保険は、通常の火災保険や火災共済と比べると、その完全な代替物とは言えないでしょう。まず建物に保険が掛けられないという点で、戸建住まいの人は使えないからです。

ですが、保険料は比較的安い傾向にありますので、賃貸住まいの人が、家財にだけ安価に保険をかけたいという場合はニーズに合います。一時的に、最低限の補償だけ付けておきたいという場合は、検討してみる価値は大いにあるでしょう。

2020年プロのFPと保険代理店が本音で評価!

火災保険人気ランキング
火災保険のプロがおすすめする 『2020年の火災保険人気ランキング』
マイホームを守るのに欠かせない火災保険ですが、その内容は意外に複雑……。そこで、保険に詳しいプロのFPと、火災保険を取り扱っている保険代理店の職員に、しがらみなしで本気で入りたい(または入っている)保険を挙げてもらい、ランキングにしてみました![...]

関連記事

  • 「落下・飛来・衝突」「騒じょう」は何を補償してくれる?「落下・飛来・衝突」「騒じょう」は何を補償してくれる? 火災保険の補償範囲のひとつである「落下・飛来・衝突」。にわかに意味するところが掴みづらいですが、突発的に発生する事故的な損害を補償するものです。また、内容は異なりますが「騒じょう」や「集団による破壊行為」などと呼ばれる補償範囲も、セットになっていることが多いため、合わせて解 […]
  • 火災保険と住まいの損害にまつわる税金まとめ火災保険と住まいの損害にまつわる税金まとめ 保険はお金が動くものですので税金が関係してきます。ここでは火災保険に関連する税金についてまとめました。と言っても、生命保険に比べるとさほど難しいものではありません。 受け取る保険金はすべて非課税 まず、火災保険の保険金を受け取った場合について。生命保険の場合、保険金 […]
  • 「火災共済」は火災保険の代わりに使えるか?「火災共済」は火災保険の代わりに使えるか? 自動車保険に対して自動車共済があるように、火災保険に対しても火災共済があります。ここでは、火災共済は火災保険となにか違いがあるのか、その特徴などを見ていきます。 共済と保険の根本的な違いをおさらい 保険と共済は、実質的には同じように扱われますし、同じように利用で […]
  • 全労済「住まいる共済」を徹底分析全労済「住まいる共済」を徹底分析 住まいる共済は全労済の共済です。一口100円で最低10口(1,000円)の出資金を出資することで組合員となり、住まいる共済をはじめとする、全労済の共済を利用できます。なお、出資金は、解約するなどして組合を脱退するときには返金されます。 主な補償内容 プランと主契 […]
  • 直販VS代理店 火災保険に「有利な加入の仕方」はあるか?直販VS代理店 火災保険に「有利な加入の仕方」はあるか? 火災保険に加入したいと思ったとき、どこでどうやって入ればいいのでしょうか。他の保険と同じく、保険会社で直接契約する方法と、保険代理店を利用する方法とがありますが、他の保険とはやや様子が違う面もあります。詳しく見ていきましょう。 火災保険の直販は実は少ない 保険商 […]
コンテンツ一覧
火災保険の基礎知識
火災保険が出る時、出ない時
火災保険の賢い選び方
火災保険の手続きや税金
火災保険の商品別レビュー
総合トップに戻る
  • 保険ソクラテス
スポンサーリンク