• 火災保険の教科書
  • 火災保険の個別レビュー
  • セゾン自動車火災「じぶんでえらべる火災保険」を徹底分析

セゾン自動車火災「じぶんでえらべる火災保険」を徹底分析

掲載: 

自分好みにカスタマイズするならイチオシとの声が高いセゾンの火災保険です。シンプルな主契約に、個々の住まいに合わせた補償をプラスしていく設計のため、一般的なセットプランに満足していない人や、保険料を節約したい人には嬉しい商品でしょう。

以下、じぶんでえらべる火災保険について調べてみました。

主な補償内容

プランと主契約

基本契約 火災・落雷・爆裂・爆発

冒頭で述べたとおりのシンプルな基本契約。いわゆる「ストレートファイヤー」型の商品です。スタンダードコースや充実コースなど、一般的によく見られる補償のグレード別に設計されたプランはありません。

風災や水漏れ、盗難補償なども選択制なので、住まいの環境が比較的安全だという場合は、基本補償だけでもいいでしょう。保険料の大幅な節約にもなります。もちろん、被害・損害に対するリスクは慎重に検討することをオススメします。

特約

種類 主な内容
地震保険 地震による倒壊・火災・津波などで被った損害を補償
風災・雹災および雪災補償特約 風・雹・雪災で被った損害を補償
免責0円、5万円、10万円から選択
水漏れ、物体の落下・飛来および騒擾等損害補償特約 水漏れ、落下、騒擾等で被った損害を補償
盗難補償特約 盗難によって生じた盗取、損傷、汚損
【限度額(1事故1敷地内)】
現金、切手、印紙:20万円
預貯金証書:200万円または家財の保険金額のいずれか低い方
水災補償特約 水災で被った損害を補償
諸費用補償特約 各種費用保険金を補償。詳細は「費用保険金」を参照
高額貴金属美術品等補償特約 1個または1組30万円を超える家財の損害を補償
100万円限度(時価額)
個人賠償責任補償特約 第三者に負った賠償費用を補償
1億円まで
類焼損害補償特約 自宅からの出火により近隣等等第三者の所有物に類焼し、類焼先の火災保険で復旧できない場合、修復費用の不足分を補償
1億円まで

繰り返しになりますが、必要な補償はオプションとして追加していける仕組みが評価ポイント。住まいの種類やセキュリティ環境、また貯蓄額によって削れるものは削るといいでしょう。もっとも、さすがにすべての補償をリスク別に選べるわけではなく、水漏れと落下・飛来・騒擾が一組になっているなど、あらかじめセットになっている補償もあります。

費用保険金

種類 主な内容
残存物取片づけ費用保険金 家財の燃えかすや燃えた建物の残骸の片付費用
損害防止費用保険金 損害の発生および拡大の防止のためにかかる費用
基本契約の損害のみ対象
諸費用補償特約 失火見舞費用保険金 近隣等第三者の所有物に損害を生じさせたときの費用
1事故1被災世帯あたり20万円(※ただし支払限度額の20%を限度)
臨時費用補償特約 給付事由を満たす損害に伴う臨時費用
100万円まで
地震火災費用保険金 地震等が原因の火災で以下の損害を受けたときの費用。支払限度額の5%
■建物:半焼以上
■家財:全勝

特に際立った費用保険金はありませんが、上表のとおり、諸費用補償特約を付帯したときのみ付いてくる費用保険金がある点に注意です。

その他

無料サービス

種類 主な内容
水回りトラブル 水漏れや排水口のつまりなどを解消するための応急処置
30分程度の軽作業
カギのトラブル 解錠・施錠やカギの紛失トラブルに対応
30分程度の軽作業

保険料

保険料に関する基本設計や契約例を見ていきましょう。公式サイトで見積もってみました。

払込方法等

割引 ・免震建築物割引(地震保険)
・耐震等級割引(地震保険)
・耐震診断建割引(地震保険)
・建築年割引(地震保険)
払込方法 ・月払、年払、一時払
・口座振替、クレジットカード、コンビニエンスストア、郵便局、銀行振込
(※月払、年払は口座振替・クレジットカード以外不可)
評価 再取得価格

契約例1.専用住宅(基本契約のみ)

《見積もり条件》
環境:東京都、建築年月10年以上、1年契約
建物1,500万円、家財1,000万円

項目 金額等
構造級別 T構造 H構造
建物 基本補償のみ 3,000円 6,600円
家財 基本補償のみ 20,00円 4,300円
個人賠償責任特約 1,000円 1,000円
払込方法 一時払
保険料 6,000円 1万1,900円

契約例2.専用住宅(特約付帯)

《見積もり条件》
環境:東京都、建築年月10年以上、1年契約
建物1,500万円、家財1,000万円

項目 金額等
構造級別 T構造 H構造
建物 風・雹・雪災
水漏れ・落下・飛来・衝突・騒擾等
水災
諸費用
8,550円 16,050円
家財 水漏れ・落下・飛来・衝突・騒擾等
盗難
諸費用
4,800円 7,800円
個人賠償責任特約 1,000円 1,000円
払込方法 一時払
保険料 1万4,350円 2万4,850円

補償を基本契約のみに絞ると確かにお手頃。H構造でも1万円程度になりました。参考として自分好みにカスタマイズした見積もりもとってみましたが、こちらも割安といえるでしょう。ただし、他社でいう”充実プラン”のように、あれこれ補償を追加すると必ずしも安くなるとはいえないことから、やはり同商品の魅力は「節約目的で補償をカスタマイズできる」点にあると考えます。

参考に、マンションでの契約例も載せておきます。こちらもお手頃な価格になりました。

契約例3.マンション(基本契約のみ)

《見積もり条件》
環境:東京都、建築年月10年以上、1年契約
建物1,500万円、家財1,000万円

項目 金額等
構造級別 M構造
建物 基本補償のみ 1,950円
家財 基本補償のみ 1,300円
個人賠償責任特約 1,000円
払込方法 一時払
保険料 4,250円

総合まとめ

住まいやライフステージなどに応じ、自分好みにカスタマイズできるのが最大のメリット。保険料の高騰も抑えることができ、まさに”無駄なく・無理なく”を両立できる商品だといえます。

一方で、自由に取捨選択できるということは、本来あるべき補償までうっかり削ってしまう恐れもあるため、自分であれこれ決めるのが得意でない人は他社のセットプランを利用したほうが無難かもしれません。

この保険で見積もってみる

2020年プロのFPと保険代理店が本音で評価!

火災保険人気ランキング
火災保険のプロがおすすめする 『2020年の火災保険人気ランキング』
マイホームを守るのに欠かせない火災保険ですが、その内容は意外に複雑……。そこで、保険に詳しいプロのFPと、火災保険を取り扱っている保険代理店の職員に、しがらみなしで本気で入りたい(または入っている)保険を挙げてもらい、ランキングにしてみました![...]

関連記事

  • 「火災共済」は火災保険の代わりに使えるか?「火災共済」は火災保険の代わりに使えるか? 自動車保険に対して自動車共済があるように、火災保険に対しても火災共済があります。ここでは、火災共済は火災保険となにか違いがあるのか、その特徴などを見ていきます。 共済と保険の根本的な違いをおさらい 保険と共済は、実質的には同じように扱われますし、同じように利用で […]
  • 警戒宣言時、地震保険に入れなくなる地域一覧警戒宣言時、地震保険に入れなくなる地域一覧 保険はいつでも誰でも入れるとは限りません。地震保険も例外ではなく、ある一定の条件下では加入できないケースがあることをご存知でしょうか。 警戒宣言時の「地震防災対策強化地域」 地震防災対策強化地域とは、著しい地震災害が生ずる恐れがあるため、地震防災に関する対策を強 […]
  • 火災保険の仕組み 住まいのパターン別、必要な火災保険は?火災保険の仕組み 住まいのパターン別、必要な火災保険は? 火災保険の基本的な仕組みについて解説します。 火災保険は損害保険の一種で、火災を中心とした、住まいが被った損害を補償してくれる保険です。仕組みとしては「保険の目的」と「補償の範囲」から構成されます。 保険の目的とは、その火災保険が、何にかけられる保険であるか、というもの […]
  • 「落下・飛来・衝突」「騒じょう」は何を補償してくれる?「落下・飛来・衝突」「騒じょう」は何を補償してくれる? 火災保険の補償範囲のひとつである「落下・飛来・衝突」。にわかに意味するところが掴みづらいですが、突発的に発生する事故的な損害を補償するものです。また、内容は異なりますが「騒じょう」や「集団による破壊行為」などと呼ばれる補償範囲も、セットになっていることが多いため、合わせて解 […]
  • プロFP10人が教える「火災保険・地震保険の賢い選び方」プロFP10人が教える「火災保険・地震保険の賢い選び方」 マイホームの人でも賃貸の人でも、ほとんどのケースで加入している火災保険。しかし、補償項目が建物と家財に分かれていたり、補償内容の範囲がややこしかったり、火災保険を通してしか地震保険に入れなかったりと、私たち素人には難しい構造になっています。 そこでこのページでは、業界に詳 […]
コンテンツ一覧
火災保険の基礎知識
火災保険が出る時、出ない時
火災保険の賢い選び方
火災保険の手続きや税金
火災保険の商品別レビュー
総合トップに戻る
  • 保険ソクラテス
スポンサーリンク