どこから入る?どう違う?生命保険の加入経路

掲載: 

社会人になったとき、結婚したとき、子どもが生まれたときなど、生命保険に加入しようと思うきっかけはさまざまですが、どうやって生命保険に加入するかという加入経路もさまざまです。

かつては、保険に加入するには保険会社の営業職員と面談して決めるのが主流でしたが、最近は金融機関の窓口や来店型の保険ショップ、ネット通販などがあり、どれを選べばよいのか、またなにが違うのかよくわからない人もいるようです。

 



保険会社の営業職員を通して入る

保険会社の営業職員が、自宅や勤務先などに来て、保険商品の提案から契約の受付までを行ってくれる加入ルートです。勤務先や知人からの紹介、また保険会社の広告、ホームページへの問合せなどがきっかけとなります。

この加入ルートのメリットは、保険の専門知識を持った職員からアドバイスを受けながら決められること。また、契約後は、更新手続きや保険金請求といった事務処理を、担当の職員に連絡すれば対応してもらえるという安心感でしょう。

注意点もあります。なんといっても一番は、その営業職員が所属する自社の保険商品でしか提案してこないことでしょう。当然と言えば当然なのですが、もしかしたら、他社にもっと割安で自分に合った商品があるかもしれないのに、その出会いは閉ざされてしまいます。

生命保険会社の店頭・来店型保険ショップを通して入る

生命保険会社の支社や営業所の窓口でも、保険の相談や契約の受付ができます。また、保険会社が展開している来店型店舗もあります。

既に加入しようと思う保険会社や保険商品を絞り込んでいて、営業職員の来訪を受けるより、自分から出向く方が良いという人に適したルートですね。

ただ、営業職員ルートと同じく、自社が取り扱う保険商品しか提案してこないので、いろいろな保険会社の商品と比較ができない一面を持ちます。

保険代理店・来店型保険(乗合代理店)を利用して入る

生命保険会社から委託されて、保険商品の提案や契約の申込受付をするのが保険代理店です。代理店といってもさまざまで、1つの保険会社の商品のみ扱うところも、複数の保険会社の商品を取り扱うところもあります(乗合代理店といいます)。

保険会社の営業職員と同じように自宅や会社を訪れて、保険の提案や契約の受付窓口となってくれることが多く、取り扱っている保険商品の中から、その人に合った保険プランの提案をしてくれます。

最近、駅前やショッピングモールでよく見かける来店型保険ショップも、多くが保険代理店です。一つの店舗でいろいろな保険会社の商品を取り扱っており、提案から契約の申込受付までを行ってくれます。基本的には予約の必要がなく(※)、思い立ったときに店舗へ出向き、保険の相談や提案してもらえるのがメリットです。

反対に、デメリットとしてよく言われているのが、手数料問題です。代理店は保険を売ることで得る手数料が収入ですから、手数料が高い商品を優先して勧めるアドバイザーがいないとは言えません。もっともこの点は、金融庁からの厳しい指摘を受けてかなり改善しているので、心配する必要はほぼないと言っていいでしょう。

ほかには、いろいろな保険会社の商品を数多く取り扱っている場合、全ての商品に詳しいとは限りません。営業職員との対面では必ず起こることですが、自分に合った保険の契約ができるかは、対応してくれる担当者によって差が出そうです。

※とはいえ、予約した人が優先されますので、待ち時間などを気にするなら必ず事前に連絡を入れましょう。

金融機関の窓口で入る

銀行や証券会社などの金融機関でも、生命保険に加入することができます。ただ、金融機関では、万一の際の保障というよりは、預金より利回りが良く、投資信託より安心な資産運用という側面を重視して加入する人が多いようです。

金融機関では、保険以外にも投資信託や債券などの金融商品を扱っているため、その人の資産状況などに応じて、保険に偏らない保障プランを考えてもらえるというメリットがあります。ただ、契約後のアフターフォローはなく、いざ保険金の請求をするときも、自分で保険会社へ問い合わせて行わなければなりません。

インターネットから自分で入る

最近は、各保険会社のホームページから保険加入ができるようになりました。お勧めの保障プランが提示されていて、気軽に見積もりをすることもでき、分からないことがあるときは、電話やメール、チャットなどで相談できる窓口も用意されています。

メリットは、各社のホームページで見積もりを行いながら、自分で好きな保障プランをゆっくり考えることができることです。また、ネットで申込みが完結する保険には、保険料の安いものが多く、手頃な保険料で加入したい人に向いています。

デメリットとしては、自分一人で決めるので、保険に関する知識をしっかり持っていればよいのですが、知識がないとどの特約が必要なのか判断できず、いざというときに残念な保険契約になってしまうことが考えられます。インターネット通信販売を利用するのであれば、しっかり研究してから決めることをお勧めします。ファイナンシャルプランナー等の専門家の意見を聞いてみるのも良いでしょう。

全体を通して

保険の加入は、もしものときに備える大切な買い物です。どのような加入経路を選ぶにしても、最初から一つに絞らず、自分に合った加入経路を比較検討してみましょう。もちろん、保険に関する知識を深めておくことも重要です。当サイトでも保険を選ぶときに必要な情報をたくさん発信していますので、ぜひ参考にしてみてください。

2019年定期・終身・収入保障保険選びで迷ったら!

生命保険人気ランキング
生命保険総合ランキング2018-2019|カテゴリ別に返戻率・保険料で比較
生命保険と一口に言っても、終身保険・定期保険・収入保障保険では、それぞれ入る目的も違ってくるため、見るべきポイントも異なります。どんな基準で選べばいいのか? プロFPの意見も参考にしながら、各ジャンルを独自の視点で評価し、ランキングにまとめました。[...]

関連記事

  • オリックス生命の「FineSave[ファインセーブ]」を徹底分析オリックス生命の「FineSave[ファインセーブ]」を徹底分析 オリックス生命からはFineSave[ファインセーブ]とBridge[ブリッジ]という2種類の掛け捨ての定期保険が販売されています。ネット申込専用のブリッジに対して、ファインセーブは対面での申し込みか郵送での申し込みになります。また解約返戻金がないため、保険料はお手頃な点が […]
  • ネオファースト生命の「ネオdeとりお」を徹底分析ネオファースト生命の「ネオdeとりお」を徹底分析 ネオファースト生命の「ネオdeとりお」は、死亡保障だけでなく、特定疾病でも死亡保険金保険金が受け取れる特定疾病保障保険です。他社が行った「保険ランキング2018年下期」では3位に輝いたこともあり、保険ソクラテス編集部でも注目していた保険です。具体的にはどんな特徴があるのか、じっ […]
  • オリックス生命「特定疾病保障保険With[ウィズ]」を徹底分析オリックス生命「特定疾病保障保険With[ウィズ]」を徹底分析 がん、急性心筋梗塞、脳卒中になった場合、一括で保険金を受け取れる保険には、医療保険タイプと死亡保険タイプがあります。死亡保険タイプは、「特定(三大)疾病保障保険」といい、死亡保険金と同額の保険金額をがん、急性心筋梗塞、脳卒中で所定の状態になった場合に受け取ることができます。 […]
  • 合理的な収入保障保険でも不要になる家庭は?合理的な収入保障保険でも不要になる家庭は? 一般的な生命保険と同じく、収入保障保険も死亡保険の一種ですから、遺族の生活を保障するためにある保険です。特徴的なのは保険金の受取方で、定期保険や終身保険が一括であるのに対し、収入保障保険は、給料が入ってくるようなイメージで毎月支払われます。まさに「収入保障」ですね。どちらが良い […]
  • オリックス生命の「終身保険RISE[ライズ]」を徹底分析オリックス生命の「終身保険RISE[ライズ]」を徹底分析 オリックス生命の低解約返戻金型終身保険です。高返戻率の終身保険として人気の商品にFWD富士生命の「E-終身」がありますが、この商品も条件によっては返戻率でそれに並ぶ場合があります。一生涯の死亡保障に加え、長期的な貯蓄機能も備えているため、教育資金や老後資金づくりに活用するの […]
コンテンツ一覧
必要保障額の試算
賢い選び方
生命保険の基礎・Q&A
保険会社別商品レビュー
「マンガでわかる 9割の人が気がつかない保険のヒミツ」
総合トップに戻る
  • 保険ソクラテス
スポンサーリンク