オリックス生命の「終身保険RISE[ライズ]」を徹底分析

掲載: 

オリックス生命の低解約返戻金型終身保険です。高返戻率の終身保険として人気の商品にFWD富士生命の「E-終身」がありますが、この商品も条件によっては返戻率でそれに並ぶ場合があります。一生涯の死亡保障に加え、長期的な貯蓄機能も備えているため、教育資金や老後資金づくりに活用するのにも向いているでしょう。

「E-終身」や「WAYS」にある、保障を年金保険や介護保険に変更する仕組みはありませんが、保険料払込期間経過後に約款所定の要介護状態になった場合などの一定の条件を満たしたときは、指定保険金額よりも少なくなるものの、請求日における指定保険金額に対する解約返戻金額よりも高率の介護前払保険金を受け取れるという保障があり、介護リスクにも備えることが可能です。

基本情報

詳細
契約可能年齢 15歳~75歳
保険期間 終身
保険料払込期間 10~20年払済(5年刻み)、50~80歳払済(5歳刻み)、終身払(契約年齢によって制限あり)
払込回数 月払・半年払・年払
払込方法 口座振替・クレジットカード払

保障内容

詳細
死亡保険金 200万円~5億円(契約年齢・既契約などによって制限あり)
高度障害保険金 死亡保険金と同額
主な特約 ・リビング・ニーズ特約
・介護前払特約

契約例

詳細
契約者 30歳・男性
保険期間 終身
保険料払込期間 60歳払済
低解約払戻期間 60歳
月額保険料 2万1,640円
保障内容 死亡・高度障害保険金:1,000万円
解約返戻金:保険料払込期間終了直後で860万3,700円(返戻率:110.4%)
介護前払保険金:保険料払込期間経過後かつ被保険者の年齢が満65歳以上で約款所定の要介護状態になった場合、指定保険金額から所定の率により死亡保険金の前払となる期間相当の利息を差し引いた額を受け取れる。

保険料・解約返戻金例

試算条件:保険金:1,000万円・保険料払込期間:60歳払済・低解約払戻期間:60歳・口座振替扱・特定疾病保険料払込免除特則適用なしの場合

契約者 月払保険料 払込保険料累計 解約返戻金額※ 返戻率
男性20歳 1万5,360円 737万2,800円 860万3,700円 116.6%
女性20歳 1万4,680円 704万6,400円 833万600円 118.2%
男性30歳 2万1,640円 779万400円 860万3,700円 110.4%
女性30歳 2万760円 747万3,600円 833万600円 111.4%
男性40歳 3万4,510円 828万2,400円 860万3,700円 103.8%
女性40歳 3万3,120円 794万8,800円 833万600円 104.8%

※低解約払戻期間経過直後の解約返戻金額

ここに注目!

解約返戻金でさまざまな資金準備をすることが可能

条件にもよりますが、返戻率は他社の終身保険と比べて高い水準にある商品だと言えます。短期払で10年払済や15年払済といった設定もできるので、学資保険の代わりに活用することもできます。65歳払済などにすれば、老後資金を貯めるのにも適するでしょう。

死亡整理金を目的として絶対に解約しない方針なら、終身払にすることで保険料を抑えられます(ただし、低解約返戻金型のため、終身払にすると保険期間を通じて解約返戻金が抑制されることに注意してください)。

要介護状態になった場合は保険金を受け取れる

終身払以外の短期払で契約した場合、介護前払特約を付加することができます。保険料払込期間経過後かつ被保険者の年齢が満65歳以上で約款所定の要介護状態になった場合は、介護前払保険金が受け取れます。支払いの対象となるのは公的介護保険制度による要介護4または5の状態とされているため、受け取れるハードルは高いですが、実際、その状態になることは大きなリスクですので、介護に対する保障があることはメリットです。

この介護前払保険金の額は、死亡保険金額から所定の率により死亡保険金の前払となる期間相当の利息を差し引いた額となり、請求日における指定保険金額に対する解約返戻金額より高くなります。例として30歳男性・保険料払込期間:60歳払済・低解約払戻期間:60歳・死亡保険金1,000万円・口座振替扱・月払・特定疾病保険料払込免除特則適用なしの条件で申し込んだとします。80歳時点で要介護状態になったとき、この時点の解約返戻金額は約946万円ですが、介護前払保険金として受け取ると約970万円が受け取れます。

 

※上記の介護前払保険金の支払額は、死亡保険金の全額(1,000万円分)を請求した場合です。死亡保険金の全額を指定した場合、保険契約およびすべての特約は、介護前払保険金の請求日にさかのぼって消滅します。

※上記の解約返戻金額・介護前払保険金額は、年単位の契約応当日前日に請求があったものとして、その金額を表示しています。また、支払額は2018年4月2日時点の計算によるものです。実際には請求日における計算となるため、金額が変動することがあります。

2019年貯蓄性が高い保険はどれ?

終身保険人気ランキング
おすすめ終身保険2019
円建て保険の返戻率が下がり、外貨建て保険の開発・販売に力を入れる保険会社が相次いでいますが、それでも円建てが安心という方に向けて、プロのFPの意見をまとめたランキングを作成しました。[...]

関連記事

  • チューリッヒ生命の「収入保障保険プレミアムDX」を徹底分析チューリッヒ生命の「収入保障保険プレミアムDX」を徹底分析 従来の「収入保障保険プレミアム」に「DX」が加わり大幅リニューアル。それまでは別々だった死亡保障と就業不能保障がセットになり、家計の「万が一」にぬかりなく備えられるようになりました。《これだけは押さえる》保障内容の特徴死亡保障+就業不能保障のダブル体制死亡・高度障害状態と、働け […]
  • アフラックの「Lightフィットプラン」を徹底分析アフラックの「Lightフィットプラン」を徹底分析 アフラックの定期保険です。死亡保険金だけのごくシンプルな保険で、保険金の上限は1,500万円と少額。体重や血圧が標準的であるなど、一定の基準を満たした人は「元気割引」が適用され、保険料が10~15%程度割り引かれるのが特徴です。掛け捨ての定期保険は、保障額が低額・年齢が若い […]
  • 収入保障保険の受け取り方は柔軟?受取り方で異なる税金についても確認!収入保障保険の受け取り方は柔軟?受取り方で異なる税金についても確認! 死亡保険金をお給料のように毎月受け取ることができるのが収入保障保険の名前の由来ですが、「一括受取」や「一部一括受取」など、他の受取方を選べるようにもなっています。そして、その受取方によって、税金のかかり方が違ってくるのをご存知でしょうか。大切なことですので、受取方の種類と、それ […]
  • 損保ジャパン日本興和ひまわり生命の「定期保険」を徹底分析損保ジャパン日本興和ひまわり生命の「定期保険」を徹底分析 解約返戻金がなく、一定期間に一定金額の死亡保障を得る定期保険です。割安なコストで保障を確保したい人に向いていると言えます。 各社さまざまな商品があるなか、損保ジャパン日本興和ひまわり生命の「定期保険(無配当 […]
  • アクサ生命の「アクサの「長期保障」の定期保険 LTTPフェアウインド(低払いもどし金型定期保険)」を徹底分析アクサ生命の「アクサの「長期保障」の定期保険 LTTPフェアウインド(低払いもどし金型定期保険)」を徹底分析 アクサ生命のLTTPフェアウィンドは、いわゆる長期保障型の定期保険です。加えて、掛け捨てではなく払い戻し金がありますので、養老保険などに近い商品と言えます。返戻金はありますが、一定の「低払いもどし期間」中は払いもどし額が少なくなっており、それによって、払いもどし金はあるのに […]
「マンガでわかる 9割の人が気がつかない保険のヒミツ」
総合トップに戻る
  • 保険ソクラテス
スポンサーリンク