かんぽ生命の「新普通定期保険」を徹底分析

掲載: 

満期保険金がある貯蓄タイプの保険のイメージの強いかんぽ生命ですが、定期保険もあります。

ここでは、「新普通定期保険」という商品を調べてわかったことをレビューします。


《これだけは押さえる》保障内容の特徴

保険金は1,000万円が上限

かんぽ生命は、郵政民営化関係法令で加入限度額が定められており、その上限は1,000万円(15歳までは700万円)です。

保険金の削減期間がある

新普通定期保険では、契約当初、病気死亡の場合に保障の削減期間があります(保険料はずっと同じ)。加入から1年間、主契約は50%に、1年間経過後から1年6か月までの期間は80%に減額されます。

また、この期間を過ぎた後でも、失効後に復活したなら、復活日から6か月は基準保険金額の90%となります。

医師による診断がいらない

かんぽ生命なので、保険加入にあたり医師による診査が不要です。もちろん、担当者との面談は必要で、被保険者本人による告知も要りますが、問われるのは最近3か月以内と過去3年以内の健康状態です。職業告知がないのも特徴です。

基本情報と主な保障内容

あくまで概要ですので、詳細はパンフレットや公式サイトなどでお確かめください。

契約情報

契約可能年齢 15歳~50歳
保険期間 10年
払込期間 保険期間と同じ
年金月額 月払
払込方法 口座振替、窓口払込、団体払込

主契約

死亡保険金・重度障がいによる保険金 200~1,000万円まで10万単位(15歳は700万円まで)

特約

無配当災害特約 ・災害死亡保険金:主契約と同額
・傷害保険金:身体障害の状態に応じ特約保険金額の10%~100%

無配当傷害医療特約

・不慮の事故によるケガを原因とし、3年以内に次の状態に該当したとき
・入院初期保険金:1回の入院につき日額の5倍
・入院保険金:1日以上の入院で、入院保険金日額×入院日数
・手術:入院中は入院保険金日額の20倍、外来の手術は入院保険金日額の5倍
・放射線治療保険金:入院保険金日額の10倍
※Ⅱ型の場合、入院初期保険金なし

無配当総合医療特約

・病気や不慮の事故によるケガで次の状態に該当したとき
・入院初期保険金:1回の入院につき日額の5倍
・入院保険金:1日以上の入院で、入院保険金日額×入院日数
・手術:入院中は入院保険金日額の20倍、外来の手術は入院保険金日額の5倍
・放射線治療保険金:入院保険金日額の10倍
Ⅱ型の場合、入院初期保険金なし

1契約につき、無配当災害特約のほかに、無配当傷害医療特約または無配当総合医療特約のいずれか一方、最大2種類まで特約を追加できます。

入院保険金は基本保障(主契約)の0.15%(主契約1,000万円なら1万5,000円)、医療特約も災害特約もそれぞれ主契約保険金額が上限となります。

加入するなら

  • 15歳を除いて、基本保険金額1,000万円
  • 特約なしの場合。15歳は700万円。

以上の条件で、15歳、20歳、3歳、40歳、50歳の男女の保険料(月払)を計算してみます。

保険料例

年齢 男性 女性
15歳 1,750円 1,610円
20歳 2,700円 2,400円
30歳 2,900円 2,600円
40歳 3,800円 3,200円
50歳 6,200円 4,200円

知っておきたい、あと1つのポイント

リビングニーズ特約がない

かんぽ生命では、リビング・ニーズ特約がありません。最近では珍しいと言えるでしょう。

カスタマイズには対応している

公式ホームページでのシミュレーターでは、特約の有無しか選べず、医療特約などを自由に選択することができなかったり、保険金額が100万円単位になっていたりしますが、実際に契約するときは、もっと柔軟で好みに合わせてカスタマイズできます。

また、被保険者の年齢は満年齢ではなく、「保険年齢」という基準を採用しています。かんぽ生命の場合、誕生日の半年前には1歳年齢が上がりますので、誤解のないよう。

全体を通して

特別、保険料が安いわけでもないのに、契約当初、保障が減額されてしまうのが気になります。それなら、同じくらいの保険料の他社商品を選ぶほうがいいと思います。

また、郵便局の店頭で当該保険商品のパンフレットを求めたところ、「少し保険料をプラスすると満期金のある保険にできますが……」と営業されました。対応には局の差があると思いますが、かんぽの職員さんにとって、積極的にお勧めしたい商品ではないのでしょうか。

ただ、職業による加入の付加がないので、加入制限のある方にとっては嬉しい存在かもしれません。

2019年プロのFPが選ぶベストな定期保険が決定!

定期保険人気ランキング
プロFPによる定期(掛け捨て)死亡保険ランキング2019
定期保険は一時的な保障として利用する人が多く、ライフプランに組み込みやすい保険です。しかしその種類は多く、価格をはじめ、さまざまな“見極めポイント”があります。プロのFPはどの商品の、どんな点を評価するのか? 人気の保険をランキング型式でまとめてみました。[...]

関連記事

  • ソニー生命の「収入保障保険」を徹底分析ソニー生命の「収入保障保険」を徹底分析 各種割引のほか特約も豊富にあるソニー生命の家族収入保険。ダイレクト販売は行っておらず、加入するには『ライフプランナー』と呼ばれる専任のアドバイザーと面談しなければなりません。時間の取りにくい人には少々億劫な面もありますが、個々の家計に合わせた保障プランを提案してもらえるのはメリ […]
  • 生命保険を相続対策として利用するなら知っておきたいこと生命保険を相続対策として利用するなら知っておきたいこと 本来、生命保険の死亡保険金は、自分が死亡したときに遺族が生活に困らないようにお金を遺すためのものです。特に子供が小さな場合など、まだまだ養育費がかかる状態で一家の大黒柱が亡くなると、残されたパートナーが大変苦労することは想像に難くありません。ところが最近は、死亡リスクをカバーす […]
  • 【50代編】年代・性別で考える生命保険の保障内容や保険料の相場【50代編】年代・性別で考える生命保険の保障内容や保険料の相場 仕事では役職者になるなど、まさに中心的な存在です。それと同時に定年が見えてきて「老後」が身近に感じるようになる50代。また、健康面でもいよいよ不安が増す50代。 家庭では、子供も大きくなり、早いところはすでに独立している家庭もあるでしょう。逆に、晩産の影響から、これからが […]
  • 東京海上日動あんしん生命の「家計保障定期保険NEO 就業不能保障プランPlus」を徹底分析東京海上日動あんしん生命の「家計保障定期保険NEO 就業不能保障プランPlus」を徹底分析 死亡保障に就業不能保障がセットされ、幅広い保障が得られる保険ですが、これまで就業不能保障の対象が5疾病と重度要介護状態だったのに加え、2019年2月より全ての傷病による障害も含まれるようになり、保障の対象範囲が広がりました。 そこで、保障内容や加入時の保険料を整理しました […]
  • 生命保険に加入できないケースがある? 保険会社の診査について生命保険に加入できないケースがある? 保険会社の診査について 生命保険に加入するときは、どんな場合でも診査があります。診査があるということは、これに通らない、つまり保険加入を希望しても加入できない場合があるということなのです。 診査の通過率のようなものは、どの保険会社でも公開されていないので正確にはわかりませんが、実は「保険に入れな […]
コンテンツ一覧
必要保障額の試算
賢い選び方
生命保険の基礎・Q&A
保険会社別商品レビュー
「マンガでわかる 9割の人が気がつかない保険のヒミツ」
総合トップに戻る
  • 保険ソクラテス
スポンサーリンク