就業不能保険の替わりに長期保障の医療保険に加入するのはどう?

掲載: 

就業不能保険(=所得補償保険)が、突然の病気やケガのリスクに備えるものだとすると、医療保険と似通っている気がします。医療保険と就業不能保険は、保障の範囲は同じではありませんが、最近の医療保険は、給付日数の長いものや、入院後の通院治療にも対応するものなど、新しい形の商品が増えています。

そこで、医療保険で就業不能保険の内容もカバーできないかどうか、考えてみましょう。


長期入院も保障される医療保険は就業不能保険と比べて使える?

就業不能保険において、働けなくなってから給付される保険金は、最長2年間や5年間など、商品によって期限があります。ライフネット生命の『働く人の保険2』では、最長で「65歳になるまで」ですから、かなり長期間の給付もあり得ます。

一方、医療保険の入院保障は支払限度日数がもっと短いので、この点では就業不能保険のほうが良いと言えます。しかし最近は、医療保険の給付限度日数も長いものが増えていて、730日や1,095日といった、年単位の長期入院にも対応できるものがあります。これなら、給付日数の点では就業不能保険とも渡り合えますね。

ただネックになるのは、医療保険の保障は原則として「入院」が基点になっているということ。入院を伴わない通院治療や在宅療養では保険金が給付されないのです。

もっとも、医療機関での入院日数は総じて短縮傾向にあり、厚生労働省の統計「患者調査」でその推移を追ってみても、ある時点で入院している患者数は緩やかに少なくなっているのに対して、外来患者数は徐々に増えています。全体的に、入院から通院へシフトしていることが見受けられます。

図

一時、こうした通院治療主体の傾向を踏まえて、最近は通院のみの治療も保障する医療保険もあったのですが、最近はほとんどなくなっています。医療保険の保障は「入院保障」が基本です。 逆に言うと、通院治療や在宅療養には、医療保険では保障できません。

「医療費には上限があるから、そんなにかからないのでは?」という説

通院治療や在宅療養には、医療保険では保障できないのですが、しかし、こうした医療費全般に対しては、公的な制度による保障もあります。

高額療養費制度といって、月単位で一定以上には医療費がかからない(所定の上限を超えたぶんは還付される)というものです。制限される上限額は年齢や所得によって決まり、おおむね月8万円強になるはずです。これにより、(保険診療内の治療を受けている限り)医療費が際限なく高額になってしまうことはありません。

このように、高額療養費制度は非常にありがたい仕組みですが、だからといって医療費がゼロになるわけではありませんし、いくら月ごとの上限があっても、何ヶ月も治療が続くとお金がかさむのは変わりません。

医療保険は就業不能保険の代わりになるのか?

ここでもう一度、就業不能保険に戻って考えますと、この保険は、あくまでも働けなくなったときの収入を保障するものです。一方、医療保険は、医療費を保障するもの。 病気やケガで働けなくなってしまった場合、収入がなくなり、かつ、医療費がかかる、という状況が発生します。就業不能保険と医療保険はそのとき、違うアプローチで違う部分を保障する保険です。

図

もちろん、お金がもらえるという意味では結果は同じですから、互いに代替は可能なのですが、述べたように医療保険は入院をもってしか給付がありませんので、途絶えた収入を保障するつもりで医療保険に頼ろうとするとあてが外れる場合があるのです。

<入院した場合で、医療保険にだけ入っていたケース>

図

<入院した場合で、就業不能保険にだけ入っていたケース>

図

<入院しなかった場合で、医療保険にだけ入っていたケース>

図

<入院しなかった場合で、就業不能保険にだけ入っていたケース>

図

医療保険は、どちらかというと、長期の就業不能にまでは陥らないが、一時的に医療費がたくさんかかってしまう事態に対して、持ち出し費用をしないで済むことがメリットの保険ではないでしょうか。 継続して発生する収入減への備えに使うには、医療保険だけでは対応し切れないと考えられます。

関連記事

  • 就業不能保険は本当に必要? こういう人に向いている就業不能保険は本当に必要? こういう人に向いている 公的保険などもありますから、就業不能保険(所得補償保険)は絶対にないと困るというものでもありません。どんな人にとって必要性が高く、また必要ない場合とはどんなケースでしょうか。ここでは就業不能保険の必要性について検証したいと思います。 公的保険や医療保険でなんとかな […]
  • 長期間療養が必要な代表的な病気・怪我長期間療養が必要な代表的な病気・怪我 ここでは、「長期間働けなくなるほどの病気やケガ」はどんなものがあるのか、調べてみました。 平均的な入院日数は「約30日」。精神疾患は年単位にも… 厚生労働省の統計「患者調査(2014)」では、「退院患者の平均在院日数」として、傷病分類別、つまり病気の種類ごとに平 […]
  • チューリッヒ生命の「くらすプラス」を徹底分析チューリッヒ生命の「くらすプラス」を徹底分析 「くらすプラス」は、”働けなくなったときの生活保障保険”と銘打たれた、チューリッヒ生命の就業不能保険です。通常の疾病だけでなく、精神疾患による就業不能状態も保障対象とする、他社でも珍しい商品です。 契約基本情報と主な保障内容 契約可能年齢 満20歳~6 […]
  • ライフネット生命の「就業不能保険 『働く人への保険2』」を徹底分析ライフネット生命の「就業不能保険 『働く人への保険2』」を徹底分析 2010年に発売された「働く人への保険」の後継商品。就業不能保険の開発に力を入れているライフネット生命だけに、どんな点がバージョンアップされたのか注目したいところ。 以下、働く人の保険2の特徴をまとめました。 契約基本情報と主な保障内容 契約可能年 […]
  • 就業不能保険と収入保障保険の違い就業不能保険と収入保障保険の違い 就業不能保険(=所得補償保険)に非常によく似た名前で「収入保障保険」という保険があります。収入保障保険の方が取り扱う保険会社が多いので、どちらかと言えばこちらのほうをよく目にするかもしれません。 ですがこのふたつ、まったく違う保険です。収入保障保険とはどういうものか、比べ […]
総合トップに戻る
  • 保険ソクラテス
スポンサーリンク