もくじ

  1. HOME
  2. おすすめの選び方
  3. がん保険の必要性

がん保険VS医療保険、どちらの保障を優先する?

がん保険と医療保険はしばしばその内容が比較されます。両方とも入れば安心ですが、保険料はなるべく抑えたいもの。さらに、それぞれ特約を追加すれば互いの強みを取り入れた保険が出来上がるため、どちらに加入するか迷う人は少なくありません。

両保険の違いを見てみましょう。

がん保険と医療保険の違い

がん保険はがん治療に特化したスペシャリスト、対して医療保険は、がんを含むあらゆる病気に対応するジェネラリストです。医療保険にがん関連の特約を追加するという手もありますが、しょせんはオプションでのパワーアップに過ぎず、スペシャリストには敵いません。

がん保険 VS 医療保険 ~がん保険が優先される理由

医療保険は全傷病をカバーできるオールラウンドプレーヤーですから、既に医療保険に加入している人は無理してがん保険を選ぶ必要はないと思います。最近は手厚いがん特約も発売されていますし、保険のプロであるFP(ファイナンシャル・プランナー)のなかにも、「がん治療は医療保険+がん特約で備えればよい」と考えている人がいます。

しかし、どちらにも加入していない人や、貯蓄が心もとない人は、がん保険を選んだ方が経済的負担を軽減できるでしょう。理由は簡単、がん治療は保険外診療になる恐れが高いからです。

がんは傷病としても十分恐ろしい病気ですが、家計にダメージを与えるという点でも非常に警戒すべき病気です。保険適用のない薬剤や治療法を受けることは決して珍しいことではなく、窓口負担の効かない経済的負担は計り知れません。分かりやすい例は先進医療の陽子線治療や重粒子線治療などです。

  平均技術料(※) 年間実施件数 医療機関数 平均入院日数
陽子線治療 約258万円 1628 8 18.3
重粒子線治療 約299万円 1053 3 21.4

※平成24年度先進医療技術の実績報告(平成23年7月1日~平成24年6月30日)より

年間実施件数を見るとごく限られた人しか受けない治療だと分かりますが、とはいえ、その限られた確率に自分が当たらないとは言えず、”不運の宝くじ”を引いた場合は約300万円もかかってしまいます。もちろん世の中がんだけが怖い病気ではありません。他の傷病に対する備えはどうするのか? がん保険だけでは不安になりもするでしょう。

至極もっともな指摘ですが、通常、病気や怪我は保険診療となる場合がほとんどであり、治療費の自己負担は3割で済みます。保険が効くということは高額療養費制度(※)も使えるということなので、一定の額を超えると国が負担してくれ、過度な自己負担は避けられます。上限額は年齢と所得により違い、70歳以下の一般所得者で月9万程度。9万円を軽い出費だというつもりはありませんが、一般所得世帯がそれだけで崩壊するほどの出費ではないはずです。

つまり、医療保険は加入していないと経済的負担が重くなることがありますが、がん保険は加入していないと一大事になる可能性があるということです。保険の基本が、自分では対応できない万一に備えるために入るものだとすれば、がん保険はその典型と言えるかもしれません。

※詳細は医療保険の教科書内医療費の自己負担を大幅に軽減。高額療養費制度とはをご覧ください

スポンサーリンク

診断給付金? 抗がん剤保障? プロFPはここを見る!

プロFP25人が本音で評価 『2016年のおすすめがん保険人気ランキング』
がん保険は商品によって保障内容の違いが大きく、比較がしにくい保険だと言えます。そこで、プロのFP25名に注目のがん保険を挙げてもらい、ランキングにしてみました。プロが評価するがん保険とはどんな商品なのか? 保険選びの参考にしてください!…