もくじ

  1. HOME
  2. 自動車保険の賢い選び方
  3. 保険料の相場

自動車保険の「年齢別」保険料の平均相場

自動車保険は年齢条件によって保険料が異なります。年齢層により、事故が起きる確率が統計上異なっているからです。

若い人ほど事故確率が高いため、保険料も高くなっていきますが、1歳刻みなどではなく、いくつかの段階的な増減をしています。最近は、リスク細分型の考え方にもとづき、年齢条件による保険料の段階づけが細かくなっている傾向があります。

年齢の違いで保険料がどれくらい変わってくるのか?下記の見積もりサイトを利用し、調べてみました。

【参考】保険スクエアbang!自動車保険

年齢条件の違いだけで保険料が半額~1/3に

下記を条件に、年齢だけを変えて保険料を見積もりしてみました。

【見積もり条件】

  • 男性30歳・東京都・6等級
  • トヨタ エスティマ おもにレジャーで使用
年齢条件 保険料(年額)
年齢を問わず補償 159,760円
21歳以上補償 77,230円
26歳以上補償 57,440円
30歳以上補償 55,470円
35歳以上補償 54,740円

年齢条件をつけないと非常に高いことがわかります。21歳以上にしただけで、ほぼ半額になり、以後、年齢を高くしていくごとに保険料は下がっていきます。35歳以上だとおよそ1/3にまで下がりました。

年齢条件は、「全年齢/21歳以上/26歳以上/30歳以上」という4区分になっていることが多かったのですが、最近はこの例のように「35歳以上」という区分があるところも多く、なかにはさらに上の年齢にも細かく区分を設けているところも出てきました。

細かい区分があるほど、適した年齢条件にできますので、保険料を安くできる可能性が高いです。

区分が細かい保険会社としては、AIU保険や東京海上日動などが挙げられます。

東京海上日動は、区分としては「全年齢/21歳以上/26歳以上/35歳以上」なのですが、26歳・35歳以上を選択した場合、保険料は「30歳未満/30歳以上40歳未満/40歳以上50歳未満/50歳以上60歳未満/60歳以上70歳未満/70歳以上」の区分で算出されます。補償自体は「26歳以上/35歳以上」ですので、保険料は合理的で補償は幅があることになります。

子どものために年齢を下げるときは「子供運転特約」がお得

年齢条件は、実際に誰が運転するのか、個別の家庭の事情にもとづいて決めることになりますが、注意したいのが、子どもが運転する場合です。夫婦は年齢が近いですが、子どもとは歳が離れているので、子どもが運転することを見越して年齢条件を設定すると、保険料が高くなりがちです。

そういう場合は、「子供運転特約」がないか確認しましょう。

子供運転特約とは、年齢条件に関係なく、特定の子供だけを補償に含めることのできる特約です。たとえば、45歳の親に、21歳の子供がいるとします。45歳の親が年齢条件21歳以上補償とすると(その他条件は上記と同じとします)、年額の保険料は

  • 77,230円

となりました。これを、年齢条件は35歳以上補償にして、かつ、子供が運転できるよう子供運転特約をつけます。すると、

  • 69,830円

になりました。少しですが、こちらのほうが保険料はお得ですね。21歳以上補償にしていても、運転する21歳の人が子どもしかいないのであればこちらのほうがいいでしょう。

区分が変わる誕生日を迎えたら即手続き、または見直しを

自動車保険は基本的に1年更新ですが、補償内容は途中で変更することも可能です。そのため、26歳・30歳・35歳など、年齢条件の区分をまたぐ形で誕生日を迎えたら、即、保険会社に連絡して年齢条件を変更してもらうのがお得です。

年齢条件を上げることで、即座に月額保険料を下げることができます。月額にすると数百円の違いでしょうが、数百円×数か月は節約できるのですから、ぜひやっておくべきです。もちろん、誕生日を機に、他社の保険料を調べてみるのもいいでしょう。一括見積もりサイトなどで新しい年齢区分を設定し、最も安い保険を探すのもありです。

自動車保険一括見積もり【無料】

スポンサーリンク

安さ?補償内容?信頼関係? プロFPはここを見る!

プロFP30人が本音で評価!自動車保険人気ランキング2017
自動車保険は違いが分かりにくく、自分に合った商品の見極めが難しいもの。そこで、プロのFP30名に「本音で評価できる保険」と「なぜその保険を選んだのか?」をヒアリングしてみました。ランキング型式でまとめていますので、ぜひプロの視点を参考にしてください。…