• 火災保険の教科書
  • 火災保険が出る時、出ない時
  • よそからの延焼や、消防活動で被った損害は補償される?

よそからの延焼や、消防活動で被った損害は補償される?

掲載: 

「自分は注意深いので火事を起こしたりはしない!」という人でも、他人が起こした火事のもらい事故は防ぎようがありません。
今回は、延焼被害と火災保険についての注意点をまとめました。

延焼で受けた被害を、火元に補償してもらうことはできない

まず大原則として、もらい火で損害を被ったとしても、火元に補償してもらうことはできません。失火責任法により、重過失がない限り火元は類焼の責任を負わなくてよいことになっているからです。そのため、完全な泣き寝入りになってしまう可能性も大いにあります。

だからこそ、自分は火事など起こさないつもりであっても、自衛のために火災保険に入っておくことが大切です。

もっとも、法律上の責任はないとはいえ、火事を出しておいて知らん顔というのは、実際にはなかなかできないでしょう。そこで火元の家から、その人の誠意として見舞金が出される場合はもちろんあります。先方がきちんと火災保険に入っていたならば、火災保険には「失火見舞費用保険金」として、そういう場合の見舞金が保険から支払われる補償もあります。たとえば三井住友海上の火災保険では、「1被災世帯あたり30万円を限度とし、1回の事故につき、損害保険金の30%を限度」とした見舞金が補償される特約があります。

それとは別に、「類焼損害補償」という補償がある火災保険もあります。これは、延焼先の火災保険が不足するか、火災保険に未加入だった場合、火元の火災保険によって不足分が補償されるというものです。被害を受けた側が火災保険に未加入だったとしても、火元の火災保険にこの補償があれば、損害が補償される可能性があります。とは言え、必ず付帯されているものではありませんから、これを期待して火災保険に入らないというのはあまりに無謀でしょう。

火事が他人の家に燃え移ったときの損害を補償する「類焼損害補償」は必要か?  

失火責任法は、「重過失のない場合」が前提ですので、火事の原因が重過失であると認定される場合は、火元に対して損害賠償を請求することができます。このとき、相手方に個人賠償責任保険があるなら、保険から賠償金を得ることができるでしょう。個人賠償責任保険は火災保険の特約のほか、自動車保険の特約としてや、単体でも加入できます。

個人賠償責任保険に入っていなくても、相手方が支払いに同意すれば、賠償金は受け取れます。しかしながら、相手自身も火事で損害を受けている状態では、保険の補償なく賠償金を出せる余裕があるかは疑問です。ない袖は振れないということで、自己破産などされてしまえば、お金は受け取れないことになります。

賠償金の請求には裁判を行う必要もありますから煩雑ですし、時間も要します。やはり、延焼であっても、火災の損害は自分自身の火災保険で補償するのが本来ですし、一番スムーズだと言えます。

消防活動によって被った被害は補償してもらえるか?

延焼被害とは少し異なりますが、火事の際には、消防などが消火活動を行った影響で損害を被ることがあります。

消防は延焼が広がるのを防ぐために、まだ火が到達していない隣の家にも放水することがありますし、密集した住宅の場合、家を破壊することで延焼を防ぐ場合もあります。消防活動の妨げになるものをやむをえず破壊することもあるでしょう。

こうした、消防活動にともなう破壊行為などについては「消防法」という法律に定めがあります。こうした破壊行為は消防法によって、正当な理由がある場合(「延焼防止のためにやむをえない」場合や「人命救助のために緊急の必要があるとき」など)は適法なものであると認められています。

そのため損害賠償請求などはできないのですが、消防法には「そのために損害を受けたものからその損失の補償の要求があるときは、時価によりその損失を補てんするものとする」と定められており、「前項の規定による補償に要する費用は、当該市町村の負担とする」となっています。つまり、市町村に補償してもらえるわけです。

ただし、例外があり、損害を被ったのが「延焼の虞がある消防対象物」である場合は、この対象となりません。

A家が火元となる火事において、このままではB家にも延焼しそうだとなって、消防がB家の家屋の一部を破壊した場合、これはB家のためにやったことなので、補償を求めることはできないのです。このとき、C家には延焼のおそれはないけれど、消防活動の都合で損害が与えられた場合、C家は損害を補償してもらうことができます。

補償されたとしても、補償額は「時価」と定められている点も要注意。再調達価額ではないので、結局、補償額は不足することも多いのではないでしょうか。

このように、消防の影響で被った損害は、補償される場合もあるけど不十分になりがちで、そもそも補償されない場合もあるのですから、やはり、火災保険の重要性は揺らぎません。火災保険では、他家の火事に対する消防活動で被った被害も、補償してもらうことができます。

スポンサーリンク

2017年プロのFPと保険代理店が本音で評価!

火災保険人気ランキング
火災保険のプロがおすすめする 『2017年の火災保険人気ランキング』
マイホームを守るのに欠かせない火災保険ですが、その内容は意外に複雑……。そこで、保険に詳しいプロのFPと、火災保険を取り扱っている保険代理店の職員に、しがらみなしで本気で入りたい(または入っている)保険を挙げてもらい、ランキングにしてみました![...]

関連記事

  • 火事が他人の家に燃え移ったときの損害を補償する「類焼損害補償」は必要か?火事が他人の家に燃え移ったときの損害を補償する「類焼損害補償」は必要か? 火災保険の補償を眺めていると、「類焼損害補償」という特約がある場合があります。この補償は何のためにあるのでしょうか? 必要性は高いのか、考えてみたいと思います。 類焼損害補償は、他家の火災保険の不足を補う保険 まず、これは自身の家が火元となって火事が起き、それが隣家など […]
  • 火災保険の仕組み 住まいのパターン別、必要な火災保険は?火災保険の仕組み 住まいのパターン別、必要な火災保険は? 火災保険の基本的な仕組みについて解説します。火災保険は損害保険の一種で、火災を中心とした、住まいが被った損害を補償してくれる保険です。仕組みとしては「保険の目的」と「補償の範囲」から構成されます。保険の目的とは、その火災保険が、何にかけられる保険であるか、というもので、「建物」 […]
  • 火災に遭ったのに保険金が受け取れないのはどんな時?火災に遭ったのに保険金が受け取れないのはどんな時? 火災保険は、契約内容次第で補償の範囲が非常に広くなる保険です。だからというわけではありませんが、支払事由に該当する場合と、そうでない場合の区別が難しいという側面があります。むろん、細かく約款を読んでいけば書かれているわけですが、いざというときになって実は受け取れない、ということ […]
  • 自然災害による損害に備える「風災・ひょう災・雪災」補償自然災害による損害に備える「風災・ひょう災・雪災」補償 「風災・ひょう災・雪災」は火災保険の補償範囲の1つで、多くの商品で基本補償に含まれています。一部の、カスタマイズ性の高い商品では取り外すこともできますが、「風災・ひょう災・雪災」で1セットであり、「風災だけ」などの形にすることはできません。これはその名のとおり、風・ひょう(雹) […]
  • 水にまつわる損害を補償・「水災」「水漏れ」補償の仕組みと注意点水にまつわる損害を補償・「水災」「水漏れ」補償の仕組みと注意点 ここでは、火災保険の補償の一種である「水災」「水濡れ」について、補償内容の注意点などをまとめました。多くの火災保険で、水災、水濡れはそれぞれ別の補償で、基本補償とは別に付け加える形式が多いです。水濡れ補償は「落下・飛来」や「騒じょう」とセットでの補償になっている場合もあります。 […]
コンテンツ一覧
火災保険の基礎知識
火災保険が出る時、出ない時
火災保険の賢い選び方
火災保険の手続きや税金
火災保険の商品別レビュー
総合トップに戻る
  • 保険ソクラテス
スポンサーリンク