• 就業不能保険の教科書
  • 就業不能保険の損をしない選び方
  • 就業不能保険は本当に必要? こういう人に向いている

就業不能保険は本当に必要? こういう人に向いている

掲載: 

公的保険などもありますから、就業不能保険(所得補償保険)は絶対にないと困るというものでもありません。どんな人にとって必要性が高く、また必要ない場合とはどんなケースでしょうか。ここでは就業不能保険の必要性について検証したいと思います。


公的保険や医療保険でなんとかなるのでは?

病気やケガで働けなくなった場合も、ただちに無収入になってしまうとは限りません。公的保険があるからです。 会社員の人なら、健康保険による「傷病手当金」という制度によって収入の3分の2が、最長1年6か月の間維持されます。その後も回復が見込めないとみなされれば、厚生年金の障害年金を受け取れる可能性があります。

では、公的保険があるから、就業不能保険は必要じゃない、と言えるでしょうか? この点については、次のような問題点があります。

  • 傷病手当金は就業時と完全に同じ水準の収入が補償されるわけではない
  • 障害年金は審査に該当しなければ対象にならない(障害年金を受け取れるほどではないが、働くことは難しい、という状態はありうる)
  • 自営業の人などは健康保険や厚生年金による補償がない

特に自営業の人など、国民健康保険の人は傷病手当金にあたる制度がないため、突然ガクンと収入が落ちることになります。

「医療保険で代用すればいいじゃないか」という意見には、こちらの記事でも触れましたが、原則、民間の医療保険は「入院」した場合にのみ保障があります。通院治療や在宅療養については、特別な特約を付けない限り保障されません。そもそも、医療保険は医療費の負担を軽減するために入る保険です。高額療養費制度のおかげで月々の負担には一定の上限が設けられているとはいえ、療養による就業不能中は、医療費に加えて生活費がかかるところに注意してください。 これらのことを図でまとめるとこうなります。

図

この図の、不足部分を補うものとして、就業不能保険はあります。就業不能保険に入っていなかった場合は、この部分は貯蓄の取り崩し・持ち出しで対応することになるでしょう。

就業不能保険にも、給付日数の限度や、一部対象外になる病気などがありますから、万能ではありません。ですが、

  • 長期の就業不能時にも、貯蓄を崩したくない人
  • 崩すだけの貯蓄がそもそもない人

などは、就業不能保険に入るメリットがあるでしょう。 特に、傷病手当金のない自営業の人などは、持ち出しぶんが多くなりますから、リスクヘッジとして備えておく意味合いは大きいと言えます。

関連記事

  • 就業不能保険(所得補償保険)とは? ~基本的な仕組みを基礎から解説就業不能保険(所得補償保険)とは? ~基本的な仕組みを基礎から解説 就業不能保険の基本的な仕組み、医療保険との違いなどについて解説します。 就業不能保険は、生命保険から販売されている第三分野保険(生命保険でも損害保険でも取り扱える保険)で、損害保険ではこれを「所得補償保険」という名称で販売しています。生保と損保では趣旨が異なるため、給付金 […]
  • 住友生命の「未来デザイン1UP (ワンアップ)」を徹底分析住友生命の「未来デザイン1UP (ワンアップ)」を徹底分析 未来デザイン1UPは、「Wステージ」の後継商品の定期付終身保険です。終身保険ですが、ケガや病気で働けなくなったときに備える「生活障害収入保障特約」を全面に打ち出していることから、ここでは就業不能保険の選択肢として紹介します。 契約基本情報と主な保障内容 […]
  • 長期間療養が必要な代表的な病気・怪我長期間療養が必要な代表的な病気・怪我 ここでは、「長期間働けなくなるほどの病気やケガ」はどんなものがあるのか、調べてみました。 平均的な入院日数は「約30日」。精神疾患は年単位にも… 厚生労働省の統計「患者調査(2014)」では、「退院患者の平均在院日数」として、傷病分類別、つまり病気の種類ごとに平 […]
  • アフラックの「病気やケガで働けなくなったときの 給与サポート保険」を徹底分析アフラックの「病気やケガで働けなくなったときの 給与サポート保険」を徹底分析 がん保険・医療保険ではカバーできないリスクに備える商品として、アフラックが力を入れる就業不能保険。CMや雑誌で見かけることも多く、「給与サポート保険」という覚えやすいネーミングも手伝って、その知名度はどんどん上がっています。 契約基本情報と主な保障内容 […]
  • 就業不能保険の替わりに長期保障の医療保険に加入するのはどう?就業不能保険の替わりに長期保障の医療保険に加入するのはどう? 就業不能保険(=所得補償保険)が、突然の病気やケガのリスクに備えるものだとすると、医療保険と似通っている気がします。医療保険と就業不能保険は、保障の範囲は同じではありませんが、最近の医療保険は、給付日数の長いものや、入院後の通院治療にも対応するものなど、新しい形の商品が増え […]
総合トップに戻る
  • 保険ソクラテス
スポンサーリンク