学資保険とは? 保険金給付と返戻率の仕組み

掲載: 

学資保険は、主に教育費の貯蓄を目的とした保険商品です。15歳、17歳、18歳、22歳など設定した満期時期に、それまで積立をしてきた保険料を、満期保険金として受け取れます。

「学資保険」という名称が使われているのは、銀行の定期預金と違い保障が存在するためです。契約期間中に、契約者が死亡・高度障害状態になった場合、以後の保険料の払い込みが免除になり、満期保険金は予定どおり満額受け取ることができます。

このページでは、もう少し詳しく学資保険の仕組みやその特徴、メリット・デメリットなどについて解説していきます。

学資保険は、保障機能がついた定期預金のようなものです。

保険給付の仕組み

こまめに受け取るか、一度に受け取るか

まずは学資保険の給付パターンを理解しましょう。下記のイメージ図のように、高校や大学入学時など、まとまった学費が必要になるタイミングに合わせて保険金が給付されます。

図

祝金と呼ばれる小額を複数回に分けて受け取るか、まとまった額を一度に受け取るかを契約時に選ぶのが一般的です。どちらがお得かは一概に言えませんが、こまめに受け取るプランの方が保険料はアップします。すなわち、一度にドカンともらった方がより多くの満期金が返ってくるというわけです。

小・中・高校と公立を選択する場合、学費は(私立に比べると)かかりませんから、小分けにして受け取るよりも本当に必要な時期にまとめて受け取った方が合理的かと思います。しかし、中・高から私立の学校に進学させたいなど、複数のタイミングで大金が必要になることを想定しているなら、祝金を受け取れるプランもいいでしょう。

希望する受け取りパターンに対応できるかどうかは各社商品によるため、どこまで希望のプランに応えてくれるかはきちんとチェックしておいてください。

【関連】受取年齢別に返戻率を比較できる学資保険の返戻率比較表を作りました

保険料の払込方法と「保険料払込免除」の仕組み

短期間で払い込んだ方が保険料の総払込額は低くなります。

払込期間と払込方法

保険料は、保険金を総額いくら受け取るかと、その額に必要なお金を何年間かけて払い込むかによって算出されます。総額の設定は契約者の希望にそってくれるのが普通ですが(もちろん上限はあります)、払込期間は、「15歳払済」「18歳払済」「22歳払済」などあらかじめ決められており、それを「月払」「半年払」「年払」「一時払」などの方法で払い込むことになります。

保険会社にとっては、一度に払い込んでもらった方が運用に回しやすいことから、月払よりも半年払、半年払よりも年払、年払よりも一時(一括)払の方が保険料が安くなるように設定されています。

いずれの方法にしろ、家計を圧迫しない程度のプランを組んでください。収入の減少などで保険料が支払えなくなり、契約を解除すると「解約返戻金」を受け取れますが、それまで払い込んだ額は7割程度しか戻ってきません。この点、積立をやめても貯蓄した分は丸々残る定期預金に比べるとデメリットと言えます。

保険料払込免除特約とは

ただし、契約者が死亡、または、不慮の事故などで所定の身体障害になった場合は例外です。「保険料払込免除特約」という特約が適用され、以降の保険料を払い込まなくても保険金を受け取れる仕組みになっています。

これは学資保険ならではのメリットです。もともと経済的理由による教育機会の損失を防ぐためにある保険なので、このような救済措置が用意されているのです(注:一時払で全額を払い込んでいる場合、それが戻ってくるわけではありません)。

また、育英年金といって、契約者に万一のことが起きた際、所定の育英費用が年金形式で給付されるタイプの学資保険もあります。満期時に学資金を受け取れるうえ、毎月の育英費用も振り込まれるため、契約者の“もしも”に手厚く備えたいなら育英年金付きの商品を選ぶとよいでしょう。ただし、その分、保険料はアップするほか、年間38万円以上の給付金を受け取ると所得税の対象になるなど、デメリットがあることも理解しておいてください。

【関連】学資保険に育英年金を追加すると受取時に税金がかかる?

なお、子どもが死亡した際に死亡給付金が出る保険(特約)もありますが、学資保険は子どもの学費のために加入するものと考えるのであれば、いささか違和感を覚える給付金です。

学資保険の良しあしを決める「返戻率」の仕組み

学資保険は教育費の積立が目的なので、銀行預金でいう金利の高低が商品の良しあしを決める重要な要素になります。

すなわち、払い込んだ保険料の総額(元本)に対して、どれくらいプラスされて戻ってくるのか? このプラスされる割合を「返戻率」と呼び、返戻率が高ければ高いほどお得な保険ということになります。

  • 保険料の総額(元本)< 給付総額=貯蓄に向いている保険
  • 保険料の総額(元本)> 給付総額=貯蓄に向いていない保険(元本割れ)

返戻率は学資保険を見積もる際に保険会社が提示してくれますが、自分でも調べることができます。

返戻率の計算方法

満期保険金(+祝金)÷保険料総額×100=

簡単に計算してみましょう。受け取った保険金の総額が400万円、払い込んだ保険料の総額が380万円だとすると、

400万円÷380万円×100=105.26……=

小数点はカットし、返戻率は105%ということになります。

返戻率がすべてではありませんが、高い返戻率の学資保険はお得だと言うことができます。 

スポンサーリンク

2017年主婦100人が選んだ学資保険は?

学資保険人気ランキング
子持ち主婦100人が実際に選んだ学資保険人気ランキング2017
半年以内に学資保険に加入した主婦の方100人にアンケートを実施し、今最も人気の学資保険はどの商品なのか調べてみました。保険選びの決め手になった理由も添えてご紹介しますので、一つの目安として参考にしていただければ幸いです。[...]

関連記事

  • 学資保険の返戻率比較表(完全版)学資保険の返戻率比較表(完全版) 保険会社13社の学資保険返戻率を「満期金の受け取り年齢」「保険料払い込み年齢」などの様々な条件別に絞り込んで比較することが可能です。 絞り込み検索 満期金受け取り年齢 指定なし15歳17歳18歳20歳21歳22歳 保険料払い込み年齢 指定なし10歳 […]
  • fukoku-lifeフコク生命「みらいのつばさ」を徹底分析 高い貯蓄性と選べる受取プランで人気の学資保険。確かに他社と比べて返戻率は高めで、プランによっては110%超えも可能。また後述しますが、兄弟そろって加入すると保険料が割引になる制度があります。2つのプランの特徴ステップ型:入園・入時学の出費に備えるジャンプ型:大学入学時の出費に備 […]
  • プロFP10人に「学資保険の賢い選び方」について聞きましたプロFP10人に「学資保険の賢い選び方」について聞きました 学資保険に加入する際は「満期の時期」「保険料の払い込み年齢」「月々の積立金額」など決めなければいけない項目が複数あります。どういう風に決めればいいのか、人によってアドバイスが異なるので、混乱する方も多いかと思います。 […]
  • 学資保険は本当に必要? 3つのメリットを検証してみた学資保険は本当に必要? 3つのメリットを検証してみた 学費の貯蓄方法として最もメジャーな学資保険ですが、最近は、ネットバンクの定期預金や低解約返戻金型終身保険、さらには個人向け国債など、別の金融商品で準備する人も増えています。特に国債は、発行元が国であること、元本保証があること、市場の変化に対応できることから、学資保険より […]
  • 月額平均はいくら? 学資保険にかける保険料の相場月額平均はいくら? 学資保険にかける保険料の相場 教育費を学資保険で補う場合、月々いくらぐらいの保険料が妥当なのでしょうか。 […]
コンテンツ一覧
必要性・貯蓄性を考える
保障機能を考える
学資保険は必要?選び方
税金を考える
いまどきの教育費用の実態
保険会社別商品レビュー
総合トップに戻る
  • 保険ソクラテス
スポンサーリンク