長期入院に備える医療保険は必要ないのか?

掲載: 

厚生労働省『患者調査の概況』によれば、平成23(2011)年の平均在院日数は、病院全体で34.3日、一般診療所では17.5日と、年々、短縮傾向にあります。政府による医療費抑制政策のもと、「早く退院させたほうが儲かる」という仕組みが出来上がり、病院側も経営を成り立たせるためベッドコントロールに神経を尖らせています。

そんな背景から、医療保険のトレンドは1入院60日までの短期型が主体になっていますが、だからと言って長期入院するリスクに備えなくてもいいのでしょうか? というのも、精神疾患系や神経系疾患は完治が難しいことから、入院が長引く可能性が高いからです。

■治療に時間がかかる病気とその平均在院日数(平成23(2011)年患者調査の概況)
病名 平均在院日数(全世代)
統合失調症、統合失調症型障害及び 妄想性障害 561.1日
血管性及び詳細不明の認知症 359.2日
アルツハイマー病 236.3日
脳血管疾患 93.0日

短期型の医療保険では対応できないこと

長期保障型の医療保険の要否は一旦置いておき、長期入院に対応できる医療保険、具体的には1入院730日型や1,095日型の保険でないと回避できないリスクについて考えてみましょう。シンプルですが、次の2つだと思います。

1.継続的にかかる医療費を支払えない

1年を越えるような長期の入院をした場合、重くのしかかるのが医療費の支払いです。たとえ「通算支払い日数1,000日」等と謳っている医療保険でも、「1入院60日」なら1回の傷病につき60日までしか保障してくれません。365日入院したとして、残りの305日の入院費はいくらに膨らむのでしょうか。

もちろん、高額療養費制度を使えば、一般的な収入の人なら1ヵ月9万円程度、4ヶ月目からは一律4万4,400円の支払いで済みますが、毎月約4万円が痛い出費であることは明白です。扶養家族がいるならなおさらでしょう。

2.収入減の補填に使えない

長期入院で最も怖いのは、働けなくなることで収入が減る、またはストップすることです。会社員であれば、傷病手当金といって、休職4日目から最大1年半まで手取り額のおよそ7割を受け取れる制度がありますが、それだけでは苦しいでしょうし、先述した表を見直すと180日以上入院する確率もあります。また、そもそも自営業者には傷病手当金という制度そのものがありません。

高額療養費制度で医療費の負担が減るとはいえ、医療保険が切れる61日目以降のマイナス分を補填できないのは厳しいです。

大負けしたくないなら長期入院に備えておくべき

保険はしばしばギャンブルに例えられますが、長期入院は大きな出費が伴う、まさに「大負け」の状態です。高額療養費制度や傷病手当金なども利用できるものの、やはり相応の痛手を負います。病状によっては、身体的・精神的な余裕のなさから特別療養室(差額ベッド)に入室しないとも限らず、その場合1日平均5~6,000円かかってしまいます。

差額ベッド代に対する基礎知識

以上から、貯蓄が少ない、公的制度だけでは不安だという人は、長期入院に対応できる医療保険を選んでいいでしょう。数は少ないですが、1年以上の入院に対応できる商品もあるにはあります。

たとえばソニー生命の『総合医療保険』なら、1入院の保障限度日数を60日・120日・360日・730日の中から選ぶことができます。保障限度日数の範囲を拡げても保険料はたいして上がらず、倍になるごとに200~400円程度上がるのが相場です。

(例1)ソニー生命 低解約返戻金特則付総合医療保険(無配当)の場合
60日 120日 360日 730日
2,815円 3,230円 3,725円 4,020円

30歳男性 / 入院給付金日額5,000円 / 終身 / 払込期間60歳まで / 死亡給付金100倍特則付

一風変わった商品として、継続して60日以上入院すると保険金がおりる楽天生命の『ロング』もあります。61日目から1,095日までの約1,000日の入院費を保障するもので、通算支払限度日数も1,095日です。ただし手術給付金や他の特約はなく、まさに長期入院だけに特化したピンポイントの保険です。

楽天生命の医療保険を徹底分析

確率論で考えると不要と切り捨てても……

長期の入院患者がいるのは確かな現実ですが、とはいえ、9割の患者は60日以内の入院で退院しています。生活保険文化センター『生活保障に関する調査(平成25年度)』内の『過去5年間に入院した人の直近の入院時の入院日数(平成25年度)』によれば、61日以上入院した人はわずか4.4%しかいませんでした。保険は、自分では対処できない経済的リスクに備えて加入するものですが、だからと言って確率の低いリスクまでカバーしていたらキリがありません。

今後ますます通院や在宅医療が加速していくなかで、割高な長期型の医療保険にどのくらい出番があるのか? 具体的な数値からその確率を追っていくと、不要だと割りきって格安の医療保険をお守り代わりに加入しておくのも悪くない気がします。

スポンサーリンク

2017年プロFPが認めたおすすめの医療保険はどれ?

医療保険人気ランキング
プロFP25人が本音で評価 『2017年のおすすめ医療保険人気ランキング』
日頃から多数の保険相談を受けているプロFP25人に、おすすめできる医療保険をその理由とともに1つ答えてもらいました。ランキング化してまとめたので、医療保険選びの参考にしてください![...]

関連記事

  • rakuten-life楽天生命の医療保険を徹底分析 […]
  • 60歳以降の保障はどの程度目減りする? 老後の医療共済を徹底比較60歳以降の保障はどの程度目減りする? 老後の医療共済を徹底比較 安い掛金ながら保険に負けず劣らずの保障を確保できる共済ですが、シニア世代以降、特に60歳や65歳など高齢期に達すると保障が目減りしていくのが欠点。終身型を選ばない限り保障期間も限られているため、一生涯の医療保障を望む人は、医療保険に乗り換えるか、終身型を販売している医療共済に入 […]
  • 差額ベッド代に対する基礎知識差額ベッド代に対する基礎知識 差額ベッドとは? 特別療養環室・通称「差額ベッド」は、入院環境の向上を目的に作られた特別な部屋のことです。1部屋4床以下という基準があり、他にも面積や設備環境など下記の用件を満たしている必要があります。 差額ベッドの要件 病室のベッド数が4床以下であること […]
  • 手頃な値段で医療保険に加入する方法手頃な値段で医療保険に加入する方法 民間の医療保険は各社によって値段がバラバラです。保障内容が違うので当然ですが、どうせ加入するなら手頃な値段の保険を選びたいもの。しかし「安かろう悪かろう」という言葉があるように、価格だけに固執すると質を保てなくなってしまいます。 […]
  • 見落としがち?!必ず知っておくべき医療保険が下りないケース見落としがち?!必ず知っておくべき医療保険が下りないケース 病気で入院した、または手術をしたから保険金を請求したのに、保険会社から「お支払いできません」と言われてしまった……。不払いだ!出し渋りだ!と憤るのは分かりますが、もしかしたらその保険金、下りなくて当然かもしれません。 […]
コンテンツ一覧
医療保険のカラクリ
医療保険の賢い選び方
参考になる医療費データ
公的な医療費補助制度
参考になる医療費データ
個別商品のレビュー
総合トップに戻る
  • 保険ソクラテス
スポンサーリンク