Category Archives: 年金(保険)

老齢年金の受給資格期間が10年に短縮されることで見えてきたもの

Fotolia_81555629_XS

「年金機能強化法」の一環として、平成29年8月から、公的年金の老齢給付を受給するために必要な資格期間が短縮されました。皆さんはご存知でしたか?

《要約》これまでは、老齢年金を受け取るためには、保険料納付済期間(国民年金の保険料納付済期間や厚生年金保険、共済組合等の加入期間を含む)と国民年金の保険料免除期間などを合算した資格期間が原則として25年以上必要でした。 平成29年8月1日からは、資格期間が10年以上あれば老齢基礎年金、老齢厚生年金を受け取ることができるようになりました。

続きを読む

老後の家計に直撃する制度改革が目白押し…! 増していく自助努力の重要性

a0002_003051

公的年金の支給額を抑制する新ルールを盛り込んだ年金制度改革関連法が成立し、今後、年金額は減っていきそうです。また、医療保険・介護保険の高齢者負担を増やす制度改革も検討されています。どちらも、老後の家計に直撃します。今後、ますます自助努力が求められるということです。

年金制度改革関連法が成立

《要約》国会は14日、会期末を迎え、参議院本会議で年金支給額の新たなる改定ルールを盛り込んだ年金制度改革関連法案が、自民・公明両党や日本維新の会などの賛成多数で可決され、成立しました。

続きを読む

年金の受給資格が10年へ短縮されることよるチャンスとは

出所:厚生労働省「平成25年公的年金加入状況等調査について」(平成27年12月)

少子高齢化が進む中で、年金についてもあまりいいニュースがないと思う人も多いでしょう。しかし、今回、受給資格が従来の25年から10年へ短縮されることは、大きなチャンスと捉えることができると私は思っています。

というのも、以前、「今からではどうがんばっても年金をもらう権利は得られない」と嘆く自由業の40代の方の声が脳裏から離れなかったからです。

では、今回の受給資格の短縮でどんな変化やチャンスが考えられるのでしょうか?

続きを読む

個人年金保険による緻密な老後資金の設計が可能に

800617f752f0a3f002065666c7ea3828_s

 第一生命保険株式会社は、平成28年7月19日、「積立年金『しあわせ物語』の設計の自在性の向上について」と題して、従来から取り扱っていた個人年金保険商品について、プランニングの際の選択肢を拡げると発表しました。

 これは、同社のシニア層に向けたサービスの向上を図る取り組みのひとつで、この個人年金保険の契約年齢と年金の受け取り開始年齢の範囲を拡大するものです。

■「積立年金『しあわせ物語』」の設計の自在性向上について
http://www.dai-ichi-life.co.jp/company/news/pdf/2016_029.pdf

(本稿で述べている「個人年金保険」は、年金額が確定しているタイプのものです。有価証券や外貨で運用するものは除外しています。)

続きを読む

確定拠出年金改正法が成立。誰でも年金運用が可能に!

a149a63382174802f1964b955a2f9b17_s

公的年金(国民年金保険、厚生年金保険)に上乗せする国の年金制度の1つ、確定拠出年金の法律が改正され、来年1月から、これまで加入できなかった公務員や専業主婦なども加入できるようになります。それによって、現役世代なら、原則、誰でも年金を運用できる環境が整います。

続きを読む

マイナス金利対策になる? 日生が長生きするほど得をする「トンチン保険」を発売!

By: Ryo FUKAsawa

2月にマイナス金利が導入されて以来、一時払終身保険をはじめ貯蓄型保険の販売取りやめなどが相次ぎました。そんななか、日本生命が超低金利と長寿化に対応した新タイプの終身年金保険を発売し話題になっています。亡くなった人の持ち分が生き残った人に移るタイプで、「トンチン保険」とも言われています。

続きを読む

公的年金保険料の運用悪化で年金が減額?!今から打てる手とは?

Fotolia_81555629_XS

今年に入ってからの株価の乱高下で損失を被っている人もいるでしょう。私たちの公的年金を運用しているGPIF(年金積立金管理運用独立行政法人)も、その1人(1機関)です。運用損が生じた場合、安陪首相は、年金の減額もあり得るとの認識を示しました。

続きを読む