「元がとれるか」に引っ張られた和製トンチン年金は中途半端な保険

Fotolia_81555629_XS

ここ数年で「トンチン年金」という商品について耳にすることが増えてきているようです。大手生保の商品と銀行や証券会社の窓口でも売られる商品として、登場し始めているからでしょう。

しかし、この「トンチン年金」は、実はとても古くからある仕組みなのです。私が保険会社に入社した1989年、最初の部署で海外動向を調査している際も一つのテーマになっていて、そのネーミングが印象的だったのを覚えています。トンチン年金は、17世紀、イタリアのナポリ生まれの銀行家「ロレンツォ・トンティ」氏が考案した年金制度で、当時フランスが財政難の解決策として導入したものだったのです。近代に入り、米国でも2004年から大手生保が商品化して販売をスタートし、以降、各エリアで増えているようです。

日本をはじめ、少子高齢化による財政難が不安視される中、いよいよこれを取り入れざるを得ないかという状況に来ているのだと思います。

今回は、そのトンチン年金について、最近の日本の保険会社のトンチン性年金の特徴や意義、その使い方について整理しました。

続きを読む

子どもの医療費窓口無償化で保障設計の見直しに拍車をかけるか

76bb863a1ef4ef689366c636ec0b7214_s

以下は、長野県が今年6月5日に、子ども等にかかる医療費について、従来から行われていた医療費助成の方法を変更する施策を開始すると発表しました。

《要約》平成30年8月から、市町村が定める一部の方(子ども等)を対象に、医療機関等の窓口で被保険者証とともに福祉医療費受給者証を提示することにより、受給者証に記載された一定の自己負担金をお支払いいただくことで、医療サービスを受けられる「現物給付方式」を導入します。

続きを読む

「ノーリタイヤ&公的年金を増やす工夫」は人生100年時代を生き切るための両輪!!

c47605cefcee4633f60fd85908cf025d_s

2017年9月、国は「人生100年時代構想会議」を設置、人生100年時代を見据えた経済・社会システムを実現するための政策のグランドデザインに係る検討を行い始めました。少し遅いような気はしますが、超長寿を前提にした国のシステムを構築しようという姿勢は評価できます。

一方、個々人も、厚生年金に加入したり年金を繰り下げたりして、長生きに備え始めたようです。ただ、その一輪だけでは人生100年時代を生き切ることは難しいと思われます。そこで、ノーリタイヤ(生涯現役)をもう1つの車輪として、両輪で臨むことを提案します。

続きを読む

AYA世代のがん患者は民間保険に加入できるか?

*出所:厚生労働省「ライフステージに応じたがん対策について~議論の背景~」

http://www.mhlw.go.jp/file/05-Shingikai-10904750-Kenkoukyoku-Gantaisakukenkouzoushinka/0000138587.pdf

がんは、「老化の一種」とも言われる病気ですが、若いからといって、がんにならないわけではありません。

私自身は、40歳のときに乳がんに罹患しました。周囲からは「まだ若いのに・・・」と驚かれたものですが、それよりもっと早い時期にがんを発症する患者さんもいます。

続きを読む