キャッシュレス化の柱となるか?「タッチ決済」のメリットと注意点

NEW
e7a59cc763ec7bd1911792f947800927_s

2018年末はPayPayの100億円キャッシュバック騒動に目を見はった方も多かったのではないでしょうか?日本は中国に比べて、キャッシュレス化が非常に遅れていると言われます。キャッシュレス決済比率は中国の89.1%に対して、日本はなんと18.4%という低さ(経済産業省「キャッシュレス・ビジョン」(2018年4月)より)。

オリンピックや観光客対応、グローバル化に向けて、キャッシュレス化を推進するためにも「タッチ決済」が注目されていますが、その特徴と注意点について、以下にまとめました。

続きを読む

進化を遂げる認知症保険!予防・MCIから保障する商品も登場。

86487920e3acf3ed1dbc3059dc36afb1_s

「人生100年時代」に入り、長生きのお年寄りが増えています。それに伴って、認知症高齢者が確実に増えていくでしょうから、他人事とは思わず、一人ひとりが介助・介護費用の準備をしておいた方がいいかもしれません。

認知症でかかる費用もカバーできるくらい老後資金を貯められる見込みのある人はいいですが、そうではない人は、保険でカバーする手も。認知症に特化した保険が進化しています。どう進化したのか見てみましょう

続きを読む

安心してシニアライフを送るための自宅活用法

マイホーム借上げ制度

老後をこころ豊かに安心して暮らし続けるためには、お金がかかる時代となりました。男性の4人に1人、女性の2人に1人が90歳まで生きる時代となり、60歳を定年とすると少なくとも30年分の老後資金を考えておかなくてはなりません。

しかし、少子高齢化はますます進み公的年金は目減りする可能性も高く、終身雇用の崩壊や低金利が続く中、退職金もあてにならない時代となっています。手持ちの金融資産だけでは老後の生活が立ちいかなくなった時、最後の砦として資金化できるのが「自宅」です。

人生100年時代を安心して暮らし続けるために、自宅という資産をどのように考え、お金に替えていけばよいのか、具体的な方法と選択に当たっての注意点を考えてみたいと思います。

続きを読む

「がん治療」と「仕事」の両立のリアル

*出所:アフラック・キャンサーソリューションズ株式会社「がんと就労に関する意識調査」(2018年11月1日)

制度拡充だけでは本当の就労支援につながらない

がん対策基本法に基づき策定された第3期がん対策推進基本計画(2018年3月9日閣議決定)では、がん患者の治療と仕事の両立に向けた支援の充実が明記されており、企業へのがん患者である社員に対する就労への配慮が求められています。

そこで多くの企業では、がんなど長期療養が必要な疾病に罹患した社員に対する支援制度を拡充させ、国も、ガイドラインを作成するなど、それを後押ししています。

しかし実際、どれだけのがん患者に、その意図や制度の内容が伝わり、活用されているのでしょうか?

あるいは、一緒に働く職場の同僚や経営者はどう感じているのでしょうか?

がん患者に対する治療と就労に関する調査は、これまでも色々と行われてきましたが、以下の調査は、がん患者以外に、周囲の社員や経営者などに対しても実施されたものです。

ここから、興味深い結果が明らかになりました。

どうやら、患者と彼らの間には、大きな認識のギャップが見え隠れしているようです。

続きを読む

録画だけではない!自動車保険のドラレコ特約のサービスとは!?

a0002_006413

あおり運転による追突事故の映像が連日報道された2017年頃からは、事故状況の証拠となるドライブレコーダーの重要性を感じる人も増えたのではないでしょうか。実際その事故以降にドライブレコーダーの売上は増加し、2017年度は100万台の販売数を突破しました。

ドライブレコーダーは自分で購入する以外にも損害保険会社で貸与する方法もあります。現在は2社のみの取り扱いですが、来年にはさらに増えて競争が激化してきそうです。

同じドライブレコーダーでも自分で購入するのと保険会社の貸与とではどう違うのか、特徴など確認をしてみましょう。

続きを読む